●HOME

乳がん体験のあらまし
乳がん体験のあらまし
治療と検査の履歴
乳がん発見から入院まで(ダイジェスト)
入院から手術まで(ダイジェスト)
手術から退院まで(ダイジェスト)
退院から2009年まで(ダイジェスト)

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

退院から2009年まで (ダイジェスト)

 退院がちょっと遅れて病院で十分に静養したので、翌日(1999年8月4日)から出勤しました。3日勤務したら次の休みになるので、それほどしんどくありません。
 8月13日、退院して初めての外来。形成外科受診。傷口を見せると、胸の傷についていたカサブタを全部とってくれました。もうしばらくガーゼをしていたほうがよいということで、傷口には市販の消毒薬を塗るようにといわれました。テープを貼ったところがかぶれて痒いと言うと、カユミ止めの塗り薬を処方してくれました。
 8月17日、乳腺外科へ外来受診。傷口を見せて、退院後の状態について少し話をしてから、手術で摘出した乳腺の組織検査はもう少し時間がかかるが、ホルモン療法をやる予定なのでホルモンの量を確認するため血液検査をするようにとの指示がありました。
 8月27日、2回目の形成外科受診。
 8月31日、乳腺外科へ2回目の外来受診。ホルモン療法をすることになりました。注射は直径1〜2ミリ、長さ7ミリくらいのカプセルのような薬剤を、4週間に1回ずつおなかへの皮下注射により埋め込むもの。太い注射を使うので、先に局所麻酔をしてから注射しました。
 この夏は海外旅行に行きそびれてしまったので、9月10日から3泊4日で北海道へ旅行しました。手術後初めての旅行ですが、同時再建して新しいオッパイのあるワタシには温泉の大風呂も気にせず入れて、うれしい限りです。運転は手術後初めてですが、まったく問題なしでした。
 9月24日、形成外科へ3回目の受診。傷の様子を見ただけで、治療は特になし。次回は2ヶ月後です。
 9月28日、乳腺外科へ3回目の受診。診察室に入ると、傷の具合を聞かれたあと、組織検査の結果を教えてくれました。それによると、腫瘍は限局型で2×1.6×2.5の大きさ。がんのタイプは比較的おとなしいもので、浸潤型の粘液がんが主。波及度は5段階あるうちの2段階で、脂肪にちょっとかかっていたとのこと。リンパ節は全部で23個切除し、転移はなかった。リンパ節転移がなかったので、今後の治療はホルモン注射のみということになりました。
 10月26日、乳腺外科受診。まず、この1ヶ月間の状況の問診です。薬の副作用について聞かれましたが、ときどき体がふわぁ〜っと熱くなることくらいです。こののぼせのような症状は、後で「ホット・フラッシュ」と呼ばれていることを知りました。頭痛もたまにありますが、前から頭痛持ちだったので、薬のせいかどうかは分かりません。特に症状がひどくないので、引き続きホルモン療法を行うことになりました。この受診の2日後くらいから、急に肩こりがひどくなってしまいました。「こる」というより「痛い」くらいです。せっせと湿布薬を貼り続けたところ、4日ほどで症状が緩和しました。
 この後、現在(2001年6月)まで、外科は月1回、形成外科は3か月ごとの受診が続いています。
 術後約1年間は、ごくたまに、アチコチがちくちくしたり、ずきんとしたり、ひりひりしたりすることがありましたが、右腕は術前と変わりなく動きますし、お腹や脇の下の違和感もかなり少なくなってきました。再建したおっぱいもかなり柔らかくなり、すっかり“自分のオッパイ”となっています。

HOME