●HOME

乳がん体験のあらまし
乳がん体験のあらまし
治療と検査の履歴
乳がん発見から入院まで(ダイジェスト)
入院から手術まで(ダイジェスト)
手術から退院まで(ダイジェスト)
退院から2009年まで(ダイジェスト)

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

手術から退院まで (ダイジェスト)

 手術の翌日、目が醒めると朝の様子。看護婦サンがしょっちゅう様子を見にやってきて、体温を測ったり、血圧を測ったりします。点滴は手術直後だけだったようで、もう外されていますが、左腕には2箇所ほど管だけがついています。背中からも管がついているようです。上の傷口から2本、下の傷口から2本、廃液の管が出ていて、液を溜めるパックにつながっています。ほかには尿の管がついていて、かってにオシッコが排出されるようになっています。それと酸素マスクがされていますが、外しても苦しくはありません。朝食が運ばれてきましたが、とても食べる気分になりません。うつらうつらしていると、看護婦サンが清拭用のタオルを持ってきてくれ、顔と手を拭き、着替えをしました。このときに、初めて自分の体がどのくらい動くのか分かりました。胸からおなかまではあまり自由はききませんが、ほかは結構ちゃんと動きます。着替えさせてもらっていると形成外科の一団がやってきてガーゼ交換をするとのこと。されるままに消毒とガーゼ交換をし、ベッドごとなら体を90度近くまで起こしてもよいと言われました。
 昼食は5分粥と野菜の煮たようなおかずがついていて、やっと5分の1くらい食べました。動かないせいもあって、ぜんぜん空腹感がありません。夜も同じようなメニューで4分の1くらい食べました。この日は一日中38度前後の熱がありました。麻酔が徐々にさめるのに合わせて、だんだんからだの輪郭が分かるようになってきました。痛みは動かなければほとんどなく、動くとちょっと痛い程度です。傷の部分のガーゼ交換の際に、お腹の部分がかなり神経過敏になっていることを発見。痛いわけではないのですが、表面にガーゼがちょっと触れただけでも、びくっとして力が入ってしまいます。この状態は2〜3日ひどい状態で続きました。夜中にも、何度も目が醒めてしまいました。いくら寝つきのよいワタシでも、さすがに連続しては熟睡できません。真夜中頃に目覚めたとき傷がずきずきするカンジがあり、痛み止めの注射をしてもらいました。
 手術後2日目の朝食から常食になりました。夕方、ちょっとなら歩いていいと許可がでたので、看護婦サンに手伝ってもらって起きあがり、20メートルくらい歩きました。
 手術当日も含めると丸3日間もベッドに背中をつけているので、背中や足などが硬直して、非常に痛くなってきました。胸の傷はじっとしていればほとんど痛くはありません。時々、右の乳房の周辺がぴりぴりするカンジや脇の下の違和感を強く感じます。お腹は、つっぱったカンジが非常に強く、怖くてまだまっすぐ伸ばせません。咳をするとお腹にとても響き痛いので、たんやのどのいがらっぽさが一番不快です。さすがに、まだ熟睡はできず、夜は1時間おきくらいに目がさめてしまいます。
 手術後3日目になり、尿意の練習はいまいちですがなんとか尿の管を抜いてもらい、昼前から一人でトイレに行けるようになりました。
 7月26日、元の4人部屋に戻りました。回復は順調のようで、体もだいぶ軽くなってきました。このころから、夜以外は起きて生活するようにしました。看護婦サンに手伝ってもらって6日ぶりにシャンプーをしました。ガーゼ交換のときに上の廃液管を取ってくれて、パックが一つになり、さらに身軽になりました。血流も順調のようです。お腹の神経過敏状態は少し薄れてきました。傷周辺の感覚が戻ってくるにつれ、部分的にちくちくしたり、ずきんとする痛みを感じます。寝起きの際に力が入るときの痛みは徐々に薄れているのですが、腹筋の力が弱っているので、起き上がる時の違和感はかなり後まで残りました。咳をしたときのお腹の痛みはかなり解消してきました。
 7月27日、朝食後、処置室でガーゼ交換。下の管も抜けて、後は抜糸だけです。夜、主治医のドクターが来て、手術のときの話をしてくれました。血流を良くするために、移植した筋肉についている血管を脇の下の血管につないだとのことで、そのために時間がよけいにかかったようです。この入院中に予定しているほかの治療はないので、抜糸したら退院できるとのこと。
 7月29日、抜糸。お腹は金属で、胸は糸で縫ってあるようで、お腹の抜糸のほうがちょっと痛いです。あとはおヘソの周りだけです。実は、おなかの脂肪を移植するために、おヘソはなくなってしまったので、新しいのを作ってくれたのです。全部抜糸が済んだわけではないので、シャワーの許可はお預けです。
 7月31日、最後の抜糸。もう、シャワーを浴びてもよいとのこと。こわごわでしたが、10日ぶりくらいでシャワーをあびました。このときに、脱衣室の鏡で初めて正面から自分の体をまじまじと見ました。乳首のあたりはまだカサブタがありますが、全般的に傷口もきれいなカンジで、新しいオッパイの形もまあまあです。これなら気軽に温泉に行けると、少しほっとしました。
 8月2日、朝食前にSA医師が来て、外科的にはもう退院してもよいので、形成外科の先生に退院のことを聞いてみるようにと言われました。朝食後、形成外科の医師が来たので、退院の件を聞いてみると、形成外科としても退院してもよいとのこと。退院後の傷口の扱い方をレクチャーしてくれました。傷の所には、傷口をなるべく小さくするために、3ヶ月くらい判創膏を貼っておくのだそうです。腹帯も3ヶ月くらいするようにとのことでした。胸帯は退院したら外しても良く、すぐブラジャーをしてもよいそうです。この日は、骨シンチという検査をしました。
 看護婦サンが来るたびに、「退院、決まりました?」と聞かれるのですが、かかわっている医師が多すぎて、いったい誰がワタシの退院を決めてくれるのが分かりません。結局、消燈間際になって、いつ退院してもよいということになりました。「明日でもいいですよ」というので、明日の午後に退院することにしました。
 8月3日、急に退院が決まったので、起床後すぐに夫に電話。昼間は用事があるというので、朝のうちに荷物を取りに来てもらうことにしました。夫が現れ、荷物をまとめていると、I医師がやってきました。丁度、自分で傷口にテープを貼る練習をしようと思っていたので、I医師に見てもらいながらやってみました。その後、ワンタッチ式の腹帯とブラジャーをしてみて、「退院後はこんなカンジ」というのが出来上がりです。昼前には入院費の清算も済ませ、退院後の初回の外来予約の券をもらいました。あとは昼食を食べて帰るだけです。同室の3人が一緒にデイルームで昼食につきあってくれて、退院のお祝いをしてくれました。そして午後1時、22日間の入院生活を終え、猛暑の中を一人で電車に乗り、自宅に帰ったのです。

NEXT