●HOME

乳がん体験のあらまし
乳がん体験のあらまし
治療と検査の履歴
乳がん発見から入院まで(ダイジェスト)
入院から手術まで(ダイジェスト)
手術から退院まで(ダイジェスト)
退院から2009年まで(ダイジェスト)

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

入院から手術まで (ダイジェスト)

 1999年7月13日、入院の日です。夫は仕事なので、土砂降りのなかを重い荷物を抱えて一人で入院しました。私の病室は907号室で、4人部屋です。私の主治医は外来の担当医なので、病棟では別の受持医(3人1チーム)がいます。初日は、問診、採血、腹部レントゲン撮影、肺機能検査、心電図がありました。夕食後、主治医のドクターが来てくれて、1時間ほどこれまでの検査の結果や病気の詳しい話を改めてしてくれました。
 いつでもどこでも熟睡できる私は、入院第一夜もぐっすり眠ることができました。2日目は形成外科の受診。簡単な診察と再建の方法の説明があり、ワタシのお腹の脂肪の状態と、今後子供を産むつもりがないことから、腹直筋を使った再建にしようということになりました。このころは手術前なので、やることもほとんどなく、のんきな入院生活です。
 入院4日目は再び右乳房のエコー検査。
 土曜日の朝食後から月曜日の朝まで外泊。丸2日間、洗濯をしたり買い物をしたり職場に顔を出したり、いろいろ用事を済ませることができました。
 外泊が終了し、病院へ戻るとすぐ主治医のドクター登場。夕方、手術の話をするという確認です。午後には麻酔科の医師が来て麻酔の説明を受け、承諾書にサインをしました。
 夕方、夫が来て、2人でカンファレンスルームへ行き、ドクターからこれまでの診察の結果や手術の方針など、いろいろ説明を受けました。私の病期はII期(どっちでもいいことですが、後でI期に変更になったそうです)で、がんの種類は硬がん。肋骨、リンパ節、肺への転移は今のところ認められない。腫瘍が1箇所ではないので、右乳腺を全部切除しておなかの筋肉と脂肪を移植する同時再建がドクターの方針。全部切除といっても皮膚や乳首はそのまま残し、中の乳腺のみ摘出する方法で、腋窩リンパ節は切除する。話している最中に形成外科の医師も来て、引き続き形成手術の説明も聞きました。腕の運動障害やむくみの原因はほとんどリンパ節切除の後遺症なので、腋窩リンパ節の切除に最も抵抗があるのですが、切除せずに転移が分からない状態でいるのもいやです。病室で夫といろいろ話をし、結局、ドクターの方針通りの手術を受けることにしました。
 手術の前日(入院8日目)は、肝臓転移を調べるエコーをやりました。昼前に形成外科の医師が来てデザインをするとのことで、写真を撮ったり体にマジックで印をつけたりしました。音を増幅して聞く機械で血流を確認したりもしました。終わって病室へ戻ると正午。看護婦さんが、手術後のタオルなどの準備を取りに来たので渡します。手術の前の晩は眠れない人が多いらしく、「眠剤を出しましょうか?」と聞かれましたが、「たぶん眠れるので大丈夫」と断りました。結局、フツーに眠れました。
 いよいよ手術当日です。朝、ネブライザーの練習、洗顔、浣腸。裸になって寝巻きだけ着ていると、ストレッチャーが来て、そちらへ移ります。その後、お尻に緊張をほぐす注射を打ち、8時過ぎに別の看護婦サンが来てバトンタッチ。
 6階の手術部に行くと、看護婦サンがワタシの名前を言って引渡しです。手術室の中に入り、手術衣のようなものを上からかぶせられます。そうこうしているうちに麻酔科のA医師などが来て、どこに針を刺すかとか相談しながら点滴の針を刺されたりしました。背中から麻酔を入れる針を刺し、しばらくすると意識がなくなりました。
 気がつくと「終わりましたよ。今7時です」といわれました。「6時間くらいの予定だったのに、随分長くかかったんだなぁ」というのが、最初に考えたことです。もう病棟に戻ってきたようで、周りで看護婦サンやら医師やらが何人も動いている様子です。私は非常に寒くて、ガチガチと歯の根が合わない状態です。ひたすら「寒い」と言っていました。意識はまだ朦朧としています。胸からお腹にかけては、コンクリートで固められているような感じで、ほとんど身動きできません。痛みもないかわりに感覚もありません。そのまま、また眠ってしまいました。

NEXT

(注)当時は入院期間が今より長かったのですが、現在は手術日や術式が先に決まり、その2日前に入院するというのが普通になっています。そのため、心肺機能の検査なども、外来で済ませるそうです。また、手術室へは看護師さんに付き添われて、自分で歩いて入り、手術台へも自分で乗るようになったそうです。