●HOME

乳がん体験のあらまし
乳がん体験のあらまし
治療と検査の履歴
乳がん発見から入院まで(ダイジェスト)
入院から手術まで(ダイジェスト)
手術から退院まで(ダイジェスト)
退院から2009年まで(ダイジェスト)

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

乳がん発見から入院まで (ダイジェスト)

 1999年6月23日に職場の乳がん検診を東京顕微鏡院で受けました。そのときの検診担当医が結局は主治医になったわけですが、触診をはじめてすぐ、「ここにしこりがありますね」と指摘されました。丁度右の乳首の裏側くらいの場所です。一通り触診が終わってから超音波検査(エコー)を受けるように言われ、別の検査室で超音波検査を受けてから最初の部屋に戻ると、ドクターから「たぶん初期の乳がんでしょう」との話がありました。そして、自分は普段は大学病院にいるので、受診に来るなら紹介状を書くと言うので、翌日に行くことにしました。
 翌24日、ドクターのいる大学病院へ行きました。まず、X線撮影(マンモグラフィ)です。放射線部で撮影した写真を持って外科の診察室に戻ると、ドクターは写真を見てしばらく考えているふうでしたが、「病気としては、初期の乳がんです」と話を始めました。大きさは約1.5pくらい。治療としてはいわゆる温存療法で、手術の後1ヵ月半くらい放射線をかけるとのこと。今日明日というわけではないが、手術はなるべく早い方がよいことなどの話しがありました。その後、超音波検査をしながら組織を取って調べることになり、部分麻酔を打ち、麻酔が効いて来てから太い針のようなものを患部に差し込みました。結局、これが生検(針生検)でした。翌日はMRI検査を受けることになり、とりあえずこの日は終了です。最後に、「乳ガンとインフォームド・コンセント 適切な治療を受けるために」という、B5判32ページの冊子をもらいました。
 25日には、MRI検査を受けました。しかし、ドクターの急用で電話でしか話ができず、入院の予定を相談し、次の外来日を決めただけで終わりました。
 7月1日に検査の結果を聞きに行きましたが、組織検査の結果はまだ出ていませんでした。しかし、MRI検査の結果、中心の腫瘍のほかにも腫瘍らしきものが2箇所あるので、温存療法ではなく全部切除になること、全部切除する場合には切除と同時に形成手術(乳房再建)をやってくれること、入院日は12日か13日でリクエストしているが1週間前くらいにならないと分からないとのことなどの話がありました。結局、7月6日にまた来ることになりました。
 7月6日は、まず、組織検査の結果の話がありました。やはりがんだとのことです。複数腫瘍がある場合でも、強く希望すれば温存療法をしてもよいが、オッパイの形はかなり崩れる、リンパ節の切除についても、患者が強く希望すれば切らなくてもよい、という話がありました。
 7月8日の夜にドクターから自宅に13日の入院が決まったという電話がありました。

NEXT