●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

良い病院とは?

 「いい病院」って、どんな病院でしょう? 「名医」とは、どんなドクターでしょう?
 少し前までは、乳腺外科で「いい病院」とは「温存療法に積極的な病院」という評価が目立っていました。でも、大抵はアンケート調査に答えた病院だけが、「温存率○%」とか出ていて、そこに出ていない病院は実態とは無関係に、乳腺外科に力を入れていないというイメージがしてしまっていました。

 そもそも無理に部分切除しようとすれば、その結果どんなに乳房の変形が強くなっても、それは「温存」とカウントしてしまい、「温存率」という数字だけは高くなります。噂によると、温存率にこだわる病院は、温存の適応にならない患者はできるだけ受けないようにする方針にしているところもあるそうです。なんだか本末転倒のような気がします。

 術後の生存率の数値を出した資料も見たことがあります。一見すると、生存率の高い病院の方が医療水準が高いように思えますが、温存と同じように、進行がんの患者は他の病院に回してしまうような病院は、そもそも軽い患者しか診ないわけですから、生存率が高いのは当然です。例え病院側に他意はなくとも、困難な症例の患者は専門の医師のいる病院に紹介するというのはよくある話ですから、生存率も鵜呑みにはできません。

 最近は、「手術数の多い病院」がいい病院というイメージが出来上がりつつあります。しかし、「手術数」という、いかにも客観的なスケールにわれわれは惑わされていないでしょうか?
 複数の病院を回っているような、まだ若手のドクターは、一つの病院での手術数は少なくても、実際に手がけている症例数は非常に多かったりする場合があります。また、調査に回答した病院はベスト10などに名前を連ねますが、回答しない病院は、例えアンケート調査に答えた病院より手術数が多くても、そのような実態は伝わりません。

 ある週刊誌に、乳房再建手術の件数をリストで出したものがありました。ダントツに多かった病院でも年間20数例で、ほかは10数例程度の病院がいくつかリストに出ていて、全般的に乳房再建はまだ一般的でないという印象がありました。ワタシの通う病院は名前が挙がっていませんでしたが、後でドクターに聞いてみると年間20例くらいは再建手術があるとのこと。要するに週刊誌のアンケートに回答しなかっただけのことなのです。

 手術数の多い医師が良いドクターなのか? 流れ作業のように毎日毎日手術ばかりで、手術のテクニックは優れているかもしれないが、人間対人間の場である外来診療では、いまいちというのでは、本当に名医と言って良いのかどうか疑問です。
 あれもこれも、マスコミの影響は侮りがたいものがあります。医療の舞台裏というのも改革の必要はありますが、われわれ患者もあやふやな情報に惑わされない、賢い判断ができるようになりたいものです。