●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?
もしかしたら乳がんかも・・・
乳がんと診断されたらどうする?
手術が決まったら何をすればいいの?
手術後にすべきこと
万が一、再発してしまったら・・・
番外編1:周囲のかたへ
番外編2:my主治医について
番外編3:良性腫瘍と言われたら
番外編4:乳がん相談コーナー
番外編5:よくある質問FAQ

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

リスミン流 こんなときどうする?【番外編5】

よくある質問FAQ

 「リスミン流 こんなときどうする?【番外編4】乳がん相談コーナー」のページを通じて、これまでに頂いたドクターへの相談メールの中から、よくあるご質問をピックアップし、ドクターからの回答をまとめてみました。


Q1:乳房内にしこりのようなものを見つけました。本やインターネットで調べてみると、乳がんのしこりとは特徴が違いますが、受診する必要はあるでしょうか?

 A1:
素人判断は禁物です。本などに書いてある特徴は一般的なもので、すべてに当てはまるわけではありません。また、良性の疾患でも治療が必要な場合があります。気になる症状があれば、乳腺外科か乳腺専門外来を受診し、きちんとした検査をお受けください。


Q2:しこりはありませんが、ときどき乳房が痛みます。乳がんは痛くないと聞きますが、乳がんでないとすれば受診しなくても大丈夫でしょうか?

 A2:
乳がんは痛みのない場合が多いですが、痛いからといって乳がんでないとは断定できません。気になる症状があれば、乳腺外科か乳腺専門外来の受診をお勧めします。


Q3:脇のリンパ節あたりが痛むのですが、乳がんが既にリンパ節に転移しているのでしょうか?

 A3:
リンパ節の腫れや痛みは乳がんに限ったものではありません。乳がんかそうでないかや、リンパ節に転移があるかどうかについては、詳しい検査が必要で、症状だけでは判断できません。気になる症状があれば、乳腺外科か乳腺専門外来を受診しましょう。


Q4:乳房内にしこりのようなものがあるのですが、リンパ節は腫れていません。リンパ節が腫れてないとすれば、乳がんではないでしょうか?

 A4:
乳がんだからといって、必ずリンパ節が腫れるわけではありません。乳がんかそうでないかは、いくつかの検査をしてみないと診断できません。しこりのようなものを感じているとすれば、リンパ節が腫れてないからといって安心はできません。乳腺外科か乳腺専門外来を受診してください。


Q5:検査が混んでいて、1ヶ月先でないと診断が出ません。そんなに時間がかかっても大丈夫でしょうか? もし乳がんだとしたら、その間に転移してしまわないか心配です。

 A5:
通常、1ヶ月程度診断が遅れても問題はありません。しかし、待っている期間が精神的に辛いようであれば、もっと早く検査できる病院に受診先を変えてもよいと思います。


Q6:乳がんと診断されましたが、混んでいて手術は1〜2ヶ月先と言われました。手遅れにならないでしょうか?

 A6:
診断されてから何日以内に手術しなければいけないなど、特に決まった期間はありません。大抵の場合は1〜2ヶ月くらいは間が空いても問題ありません。しかし、手術を待つ間が辛いようなら、精神衛生上良くありませんので、主治医に相談し、より早く手術できる病院に移ることを検討しても良いと思います。


Q7:乳がんと診断されましたが、絶対に手術をしなければいけないのでしょうか?

 A7:
現在の乳がんの治療は、遠隔転移があって手術のメリットが少ない場合や炎症性乳がんなどの特殊な例を除き、手術で病変部分を切除することが基本です。手術に加え、状況に応じて放射線照射、化学療法(抗がん剤)、抗ホルモン療法を行います。国立がんセンターなどでは抗がん剤と放射線治療で治療しようという臨床研究が始まり、将来的には手術をしなくてもよくなるかもしれませんが、現在は手術をしないで治そうという試みは非常に困難と考えます。


Q8:乳がんと診断されましたが、医師から「このがんは、何年も前からあったもの」と言われました。何年も経っているということは、かなり進行しているということなのでしょうか?

 A8:
がんは、1個のがん細胞が分裂を繰り返し、約1センチの塊になるまでに約9年かかるといわれます。何年も前からあったというのは、おそらくそういう意味でしょう。いつからしこりがあったかで進行度合いを判断するわけではありません。乳がんの進行度合いは、腫瘍の大きさや周囲の組織への浸潤の状況、リンパ節への転移状況、遠隔転移のあるなしなどによって判断されます。


Q9:触診とエコー、マンモグラフィでは悪性を疑われていたのですが、細胞診では良性でした。細胞がきちんと採取できていないこともあるので、3ヵ月後に再検査と言われています。3ヶ月も待つのは心配なので、別の病院でも検査してもらった方がいいでしょうか?

 A9:
どんな検査でも100%確実なものはありません。心配なら別の病院で検査するのも良いですが、3ヵ月後に再検査というのは、標準的な対応でしょう。もし、次の検査までの間にしこりが大きくなるなどの変化があるようなら、3ヶ月を待たずに再検査してもらうようにしましょう。
 なお、充実性のしこりの場合には、細胞診よりは針生検(コア生検)の方が検査の精度が高いので、可能ならその方法をお勧めします。


Q10:しこりがあって受診したのですが、触診、マンモグラフィ、エコーではたぶん良性でしょうとのことでした。心配なので細胞診もやってもらいましたが、良性とのことで、6ヵ月後に検診を受けるようにと言われました。細胞診による診断は確実ではないと聞きましたが、別の病院でも検査してもらった方がいいでしょうか?

 A10:
どんな検査でも100%確実なものはありませんが、疑ったらきりがありません。心配なら別の病院で検査するのも良いですが、今、徹底的に検査して異常なしだったとしても、それは将来のことまで保証するものではありません。触診、マンモグラフィ、エコー、細胞診のいずれでも悪性の所見がないとすれば、6ヵ月後の受診で問題ないと考えます。


前ページへ HOMEへ