●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

医療への幻想

 医師に対する幻想を抱いていませんか?
 そして、医療に対する過剰な期待をしていませんか?

 ことさら医師を弁護するつもりはありませんが、間違った理解をしているがために、適切な治療の機会を逃してしまったり、無用な絶望感を味わったり、あるいは傷つかなくても済むことに翻弄されてしまう人を見ると、とても残念に思います。

 医師は神様でもスーパーマンでもありません。専門的な勉強をして、一般人よりは知識も技術もあるでしょうが、どんな場合でも正確な判断ができて、かつ、それが患者の希望に沿ったものであるとは限りません。もちろん、全ての場合に治療がうまくいくとも限りません。
 確かに学校の成績はよくて、われわれ一般人よりは沢山のことを勉強したかたが医学部に入り、専門的な知識を学んで医師になっているわけですが、医師だってふつーの人間です。うっかりミスや、ちょっと忘れてしまったり、あるいは勘違いをしてしまうということは、必ずある割合で起こります。自分のことを振り返ってみれば、そんなことは日常茶飯事ですよね。もちろん、普段からスキルアップの努力を行い、仕事に対して真摯に取り組むということが前提であることは言うまでもありません。(それをやらないのは、プロとしては怠慢でしかありません)

 もう一つ。きちんと検査をすれば病気がわかる、失敗せずに治療すれば治る、あるいは“名医”なら治せるというのも幻想です。
 ここ数年で、様々な検査方法や治療の手段は格段に発達しました。しかし、患者は生身の人間ですから、必ず曖昧な部分は残ります。多くの検査は画像診断ですが、これは色や形や薬品への反応の度合いを見て、実際の病変の性質等を判断しようとするものです。例えば悪性なら赤、良性なら青と出るものであっても、場合によっては紫と出てしまい、どちらか判断がつかないものもあるということになります。
 また、「白い巨塔」を見れば判るように、適切な治療ができなかったために死期を早めるということはありますが、だからといって病変を早期に発見し適切に治療したからといって、治るとは限らないのが現実です。まさに「人事を尽くして天命を待つ」しかないのです。(人事を尽くさないのは論外です)

 自分の期待に反して悪い方へ展開してしまった場合、検査や判断や治療を行った医師に不信感を抱いてしまうことはありがちなことです。そこを冷静に判断し、それらが医師の不勉強や怠慢のためのものなのか、あるいは医療の限界なのかどうか、しっかり見極める必要があります。
 もし、不勉強や怠慢や不誠実に起因するものであれば、さっさと転医・転院をした方がいいでしょう。
 しかし、誠実に対応しているにもかかわず起こってしまったものであれば、転医・転院しても解決しないことの方が多く、返って悪い結果を招いてしまうこともあります。
 では、患者はどうすればよいのか? これは非常に難しいことですが、一つの重要なキーポイントと言えるのは、医師とのコミュニケーションがどれだけとれているかということではないかと思います。相手を理解すること。自分を理解してもらうこと。これが基本であり、一番重要なことかもしれません。