●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

医療制度の危機

 最近マスコミでもいろいろ取り上げられていますが、医療制度はかなりの危機に瀕しています。(個人的には、崩壊寸前だと感じています)
 医療の向上を求めていくのは、患者としては当然のことですが、単に要求するだけでなく、応分の負担のことも考える必要があります。

 友人から教えてもらったのですが、以下のような意見が某ブログにアップされています。「国民の理解を得るための啓蒙活動」と題する、山口赤十字病院の村上医師の文章です。
http://psichiatra.blogspot.jp/2011/12/whooecd-health-data-2006gdpoecd1.html
 個人的には、常々考えていたことと一致する内容で、今後、われわれ患者、医療者を含め、国民全体が真剣に考えなければならない問題だと思っています。
 今、クローズアップされている緩和医療についても、医療者や国民の意識の問題だけでなく、制度自体の問題がいろいろあります。例えば、緩和病棟は1人一日いくらという定額の保険点数となっていて、検査や治療を行えば行うほど、病院の持ち出しになってしまうという仕組みがあります。はっきりいって、何もしないほうが病院が儲かるのです。
 では、どんどん医療費をつぎ込めばよいかというと、医療費全体の負担を増大させることになり、税金で補填しなければならない分が増えたり、保険料の値上げが必要になったりします。それを、全国民が納得するかどうか。

 どうすれば、バランスのよい負担と適切な給付が実現できるか?
 個人的には、開業医と勤務医は、かなりの格差があるように思うし、今後病院の体制をなんとかしないと、がん医療も、救急医療も、小児科医療も、行き詰ってしまうように思います。
 今の医療保険は、初診は儲かるが、再診は儲からないしくみです。例えば風邪で近所の内科にかかっても、行くのは1、2回で、次に風邪を引いていくときは、また初診です。風邪の患者が1日10人も来れば、経営は成り立つそうです。でも、乳がんの経過観察で2、3ヶ月に1回通っていると、特に薬や検査がなければ窓口で払いのは数百円というときがあります。保険負担の分を含めても、千円に満たない医療費です。これでは、たとえ診療時間が5分でも、ドクター、看護師、事務員の人件費にも満たない金額と思います。
 病院もただで運営できるわけではなく、医療者もただで働いているわけではありません。自分の主治医を見ていると、もう医療者個人の犠牲的精神に頼るのは、限界を超えているという気がします。医療者だって、頑張った人が報われる(お金だけでなく)制度になっているべきだと思います。

 じゃぁ、どうすればよいか、ワタシにも皆目見当がつきませんが、この解決策は誰かが考えてくれるわけでなく、国民全体が自分たちの問題として考える必要があると思います。