●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

がん細胞の増殖速度

 1個のがん細胞はおよそ100日で2個に分裂するそうです。

 腫瘍が球体だとした場合 球の体積=4×π(パイ)×半径×半径×半径÷3

 球の体積が2倍になると直径は1.26倍、直径が2倍になると球の体積は8倍になります。つまり100日で重さ、体積は2倍、直径は1.26倍になり、300日で重さ、体積は8倍、直径は2倍になるわけです。

 1個のがん細胞が誕生して直径1ミリの塊になるまでにほぼ6年半かかり、8年後にやっと約5ミリ。9年後に直径約1センチ、それから1年足らずで約2センチになります。
 直径0.1ミリのがん細胞の塊が約1ミリになるのに、1000日、つまり3年近くかかりますが、1ミリのがん細胞の塊は1000日経つと1センチとなり、また1000日経つと10センチにもなります。

 もし、がん細胞が120日で2個に分裂すると仮定すれば、腫瘍が5ミリになるのは10年後。でも、もし90日で2個に分裂すると仮定すれば、8年で1センチになってしまいます。
 がんの増殖とはそういうことなんですね。