●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識
乳がん診断の手順
入院・手術の準備
病院の生活
入院あると便利グッズ
乳房再建
リハビリ
手術後の治療
医療費
乳がんに関する本
パッド・人工乳房の情報
乳がん関係ホームページのリンク
全国の病院リンク

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

入院あると便利グッズ

●巾着orミニバッグ
 売店に行ったり、電話をかけに行ったり、場合によってはちょっと外出したりするときに、小さなバッグがあると便利です。病院の中ではポケットのない服装をしていることが多いので、お財布とハンカチ、ティッシュだけでも入るようなものが必要です。入院中も、検査内容によっては外来を受診することがあるので、そんなときにも使います。

●ヘッドホン
 病室のテレビは「イヤホンで聞いてください」という規則になっていることが多いですが、イヤホンを長く付けていると耳が痛くなってしまいます。そこで、小さくて軽いヘッドホンがあれば便利です。イヤホンは病院の売店で売っていますが、さすがにヘッドホンはないようなので、持っていくに限ります。

●カメラ
 ワタシが「持って行けばよかった」と後悔しているのがカメラ。お世話になった看護婦さんや、仲良くなった入院仲間と一緒に写真をとれば良かったと残念に思います。入院なんて初めての体験だったので、写真に残しておけば良かったと、記録好きのワタシは思います。

●メモ帳
 記録好きのワタシとしては、メモ帳は必須。看護婦さんに毎日トイレの回数を聞かれたりするのですが、それもメモっておかないと忘れてしまいます。入院が長くなると、日にちの感覚もあいまいになってしまうので、カレンダー付きだともっといいかも。

●コーヒー、紅茶など
 乳がんは、原則として食事制限はないので、嗜好品はあると良いです。モンカフェみたいな1回パックのものが便利。朝はやっぱりコーヒーが飲みたくなるんですよね。術後は水分を沢山取ることを勧められるので、その面でも有効です。(トイレの回数が少ないと、看護婦さんに心配されちゃうのです)

●見舞い客用カップ、スプーンなど
 自分用のカップやはし、スプーン、フォークなどは持って行くと思いますが、見舞い客用はないことが多く、あったらいいなと思うことがしばしばありました。紙コップなどを少し置いておくだけでもいいかもしれません。お見舞いに持って来てくれたお菓子を食べようとしても、フォークがなかったり、お茶も出せなかったりでは残念です。

●ふりかけ
 たとえ食事の美味しい病院でも、薄味のことが多いので、ご飯を持て余してしまうことが多いのです。そんなとき、ふりかけなどがあると便利。食事のまずい病院なら必須アイテムでしょう。