●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

代替医療・健康食品

 ときどき、「がんになったのは、これまでの自分の生活が間違っていたせいだ」と思って、徹底的な生活改善をするかたがいますが、ワタシにはちょっとついて行けません。
 もちろん、ストレスを溜めるのはよくないし、適度な運動とバランスの良い食事というような“健康的な生活”を心がけるのは当然ですが、病気が発見される前の自分の生活をすべて否定する必要はないと思います。ま、ワタシがずぼらな性格で、カラダに良いといわれる生活にシフトするのが面倒なので、言い訳をしているという面もありますが。
 新聞に、テレビの健康番組の落とし穴のような記事が載っていたことがあります。カラダにいいからといって、それを過剰に摂取し、かえってカロリー過多などの弊害が出ているというものです。また、サプリメントなどは限られた種類の栄養素が食事から摂る量の何倍も入っていて、過剰摂取の弊害が出ることもあるそうです。
 今の段階では、がん細胞が発生したり増殖したりするメカニズムはすべて解明されているわけではないし、エストロゲンやホルモン剤の作用機序もはっきり分かっているわけではありません。しかし、作用機序が分からなくても、TAMなどの薬ならば臨床試験のデータがあって「これこれの場合には良い効果がある」ということや副作用も分かりますが、健康食品にはそういうデータがないので、個人的には一つのものを過剰に摂取するのはどーかなーと思います。
 もちろん、西洋医学がすべてとは思いません。気功や漢方薬で免疫力を高めるというのも、やってみようかなと思える方法です。でも、どの方法も万全ではないことを承知したうえで、悪徳商法に引っかからないように気を付けたいものです。