●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

主治医選び・病院選びについて

 乳がんの治療はここ数年で大きく変化しており、医師や病院がどのくらい乳腺について熱心かによって、治療法まで変わってしまいます。しかも、まだハッキリした治療法が確立していない部分も多いので、まったく同じ病状でも主治医が違えばまったく異なる術式や術後治療になることもあります。
 主治医選びは、とても重要です。しかし、これが、最も難しい!
 まず、世間に出まわっている「病院ランキング」とか「名医百選」のような本は、あてにはなりません。もちろん、そこに載っているお医者さんの中には本当の名医もいるでしょうが、掲載されているから名医とは言いきれないのが現状です。それから、マスコミ受けする有名医師も要注意です。マスコミは、往々にしてカゲキな(もしくは少し変わった)発言をする人を取り上げたがる傾向があります。しかも、有名医師は患者が多く、例え主治医に選んでも、望み通りのケアが受けられるかどうか保証の限りではありません。執刀だけで、術後の治療は別の医師になってしまったとか、逆に初診だけで、執刀は別の医師だったなんてこともあります。それを承知の上で、というのならいいのですが・・・。

 では、どうやって選べばよいか?
 信頼できる主治医選びは、結婚相手を選ぶのに限りなく似ています。
 数回会っただけの医師が信頼できるかどうかなんて、判断するのはとても難しいですが、手術してからの転医はもっと困難です。ワタシは、医師のいうままに手術して、術後に主治医への信頼感をもつことができず、転院してしまったひとを何人も知っています。

【リスミン流 医師の見極め方】
 ワタシ自身は、しこりを見つけてくれた検診担当医がそのまま主治医になってしまったので、実は自分で“選んだ”ことはないのですが、このホームページにメールをくれたかたの事例を聞いているうちに、いろいろ分かってきたことがあります。あくまで、参考として読んでいただけたらと思います。

  1. もし、まっさらな状態で病院を選ぶとしたら、乳腺を専門分野にしている医師がいる病院に受診すべきでしょう。交通の便や好みなどである程度の目星をつけたら、その病院のホームページを探してみましょう。探し方は、Googleなどの検索サイトに、キーワードとして病院名を入れるだけでOK。ワタシが作った全国の病院リンクも参考にしてください。病院のホームページがあったら、外来の外科のところに「乳腺外来」があるかどうか、もしくはスタッフに乳腺をやっている医師がいるかどうか探しましょう。例え「乳腺」と明記されていなくても、外科を担当する医師のフルネームが分かれば、再び検索サイトで医師の氏名をキーワードに、検索をかけてみましょう。日本乳癌学会の認定医リストや評議員名簿がヒットしたら、とりあえずは乳腺外科医だということが分かります。また、学会発表や専門誌への執筆が多ければ、そういうページもヒットします。どんな研究をしているか、確認しましょう。

  2. 次は、実際に受診して会ってみるしかありません。乳腺外来は大きな病院でも診察日が限られていることが多いので、事前に受診可能な日時を問い合わせたほうがいいでしょう。受診の際は、結婚相手を選ぶのにお見合いをするのと同じノリで、じっくりお医者さまの品定めをしましょう。患者の質問にいやがらずに答えてくれるかどうか、分かりやすく丁寧に説明してくれるかどうか、患者を見下すような態度がないかどうか、オススメの術式以外の質問にきちんと応えてくれるかどうか・・・などです。もちろん、医師の説明が適切かどうか判断するためには、患者の側もある程度は勉強しておく必要があります。

  3. 可能ならば、温存術に対する見解や、乳房再建についてどう思うか、抗がん剤をどう評価するかなど、聞いておくとよいでしょう。それから、セカンド・オピニオンを受けたい場合、資料を貸してくれるかどうかも。これでいやな顔をする医師は、ちょっと注意が必要かも。

  4. 医師との“お見合い”の際に気をつけなければいけないのは、相手も人間だということ。一方的に商品を選ぶのとはワケが違います。人間対人間のことですから、相性というものも重要です。こちらが横柄な態度だったり、グジグジと訳の分からないことを言っていると、相手だっていやな気持ちになります。相手に誠実さを求めるとすれば、こちらも真摯な態度で臨むべきでしょう。さらに、男女の関係と同じように、他の人にとっての良い医師が、必ずしもあなたにとっての良い医師とは限りません。クチコミや評判も重要ですが、最後は自分が判断するのだということを忘れずに!