●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

セカンド・オピニオン

 セカンド・オピニオンの重要性がクローズアップされています。
 確かに、たまたま近かったからという理由で、あまり良く吟味せずに受診した病院で乳がんと診断されたとしたら、その病院の診断が確かかどうか、不安に思うのは当然です。治療方針に納得できないことも、あるかもしれません。
 でも、ひとくちにセカンド・オピニオンといっても、とても難しいと思います。どこでも同じ診断だったとしたら、納得もできるでしょうが、例えば3箇所の病院で3種類の診断を言われたとしたら、どれを信用したらいいのかわからなくなってしまいます。
 セカンド・オピニオンは、それなりに時間も労力も気力もお金も使います。それを無駄にしないためには、患者自身がしっかりした知識と意思をもつ必要があるでしょう。
 ワタシ自身はセカンド・オピニオンを受けていないので、エラそうなことは言えないのですが、結局は信頼できる主治医選びということになると思います。