●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

各手術法のメリットとデメリット

乳房温存術
 自分の乳房を残したい!と思うなら、温存術(部分切除)です。
 温存術は、手術による身体のダメージが少ないですから、手術後、かなり早い段階で歩き回ったり、ひとりでトイレに行ったりできるようになります。
 ただし、乳がんの育つ母地となる乳腺が残っているし、乳腺の中に散らばった微小ながん細胞が残っている可能性がありますので、乳房内再発の危険性は高いです。遠隔転移のリスクは全部切除でも一部切除でも違いはないようです。
 乳房内再発した場合は、原則としてもう一度手術して切除することになります。そのリスクを少しでも少なくするために、術後には放射線治療を行うのが一般的です。温存術+放射線治療で、乳房内再発のリスクは全部切除とほとんど変わらないようです。放射線治療は、週5回×5週間が標準ですから、1か月半くらい毎日通院することになります。常勤の仕事をもっていると、ちょっと大変かもしれません。
 また、しこりが大きい場合や複数ある場合は、無理に温存するとかなり形が崩れることはカクゴしなければなりません。
 温存術と言っても、しこりの周りを丸くくりぬくものや、乳房の4分の1程度を扇状に切除するものなど、切除の程度は様々です。具体的にどのくらい切除するのか、聞いてみたほうがいいでしょう。

乳房全部切除
 部分切除に比べて、乳房内再発のリスクは格段に低くなります。なんといっても、もう、乳腺がないのですから。もっとも、反対側の乳房に再発する場合などもあり、皆無ではないようです。術後の放射線治療は原則としてありませんので、化学療法(抗がん剤)などがなければ、退院後の通院もラクです。
 デメリットは、やはり精神的なダメージでしょうか。例え形が崩れても乳房が残る温存術に比べれば、オッパイがなくなったという喪失感は強いと思います。術後の機能障害については、乳房切除の影響よりも腋窩リンパ節切除の影響の方が大きいようなので、温存術でも全切でも、さほど変わらないようです。

皮下乳腺全切除
 これは、皮膚と乳頭を残して中の乳腺のみ全摘するもので、乳房再建を前提に行います。全摘ですから乳房内再発のリスクは低いですし、再建するので精神的なダメージも少ないです。
 ただし、現在、これを行う病院はまだ少ないようです。手術時間も長くなりますので、同時再建と併せて行うと身体への負担はやや大きいです。

リンパ節切除
 ある一定の範囲(LevelI,LevelII,LevelIII)のリンパ節を全部切除することを郭清といいます。ほとんどの場合、切除する対象は腋窩(脇の下)のリンパ節です。郭清せずにサンプル的に一部のリンパ節をとることもあります。
 リンパ節を郭清してもしなくても、生存率は変わらないそうです。では、何のために切除するかといえば、リンパ節へのがん細胞の転移状況が、予後を判断する大きな指標となるからです。だから、郭清せずに転移状況が分かるようになれば、切らずに済むわけなのですが・・・。また、リンパ節の転移状況によって術後の治療法が変わらないのであれば、切除しないという選択も可能かもしれません。病院によっては、郭清しない場合、腋窩に放射線をかけることもあるそうです。
 リンパ節を郭清するときに、脇の下を走る神経を2、3本切ってしまうので、腕の機能障害が起こり、元に戻るまでに3〜6ヵ月かかります。個人差がありますが、ピリピリするような痛みや脇の下の違和感も、リンパ節切除の後遺症です。場合によっては術後すぐ、あるいは何年も経ってからむくみ(リンパ浮腫)が起こることもあります。感染に対しても弱くなります。また、リンパ節の周囲の脂肪ごとごっそり切除するので、脇の下がへこんでしまうのもデメリットでしょう。
 リンパ節を郭清しない場合の最大のデメリットは、やはり「転移状況が分からない」という不安感でしょうか。現在のところ、腋窩リンパ節郭清は標準治療だそうです。

乳房再建
 乳房のふくらみを再生することで、腫瘍の摘出手術と同時に行うのを一期的再建(同時再建)、切除手術から時間をおいて行うのを二期的再建といいます。乳房全切除した場合に行うのが一般的でしょうが、部分切除でも再建により変形を補うことがあるそうです。
 再建の方法は、自家組織を使う場合(筋皮弁)と、人工乳腺を使う場合の二通りあります。自家組織の場合は、さらに、広背筋を使う場合と腹直筋を使う場合の二種類あります。人工乳腺については詳しくは分からないのですが、生理食塩水バッグのみ許可されているという話しです。美容整形ではシリコンの人工乳腺もあるようです。
 メリットは、なんといっても「ほとんど元にもどる」ことです。パッドを使うわずらわしさもないし、温泉や人前での着替えを躊躇することもなくなります。二期的再建の場合は、術後いつでも、自分がその気になったら受けることができます。
 デメリットは、執刀する医師(ほとんど形成外科)の技術の差により仕上がりが左右され、必ずしも満足のいくようになるかどうか分からないこと。満足できなくても、そう簡単には直せないこと。自家組織を使う場合は、健康な部位(お腹または背中)にもキズが残ること。再建手術による合併症も皆無ではないこと。どこの病院でもできるわけではないこと。特に、同時再建は病院が限られること。原則として保険がきかない(筋皮弁は保険診療になる病院あり)こと、などでしょうか。