●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?
もしかしたら乳がんかも・・・
乳がんと診断されたらどうする?
手術が決まったら何をすればいいの?
手術後にすべきこと
万が一、再発してしまったら・・・
番外編1:周囲のかたへ
番外編2:my主治医について
番外編3:良性腫瘍と言われたら
番外編4:乳がん相談コーナー
番外編5:よくある質問FAQ

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

リスミン流 こんなときどうする?【番外編1】

周囲のかたへ

 身近な家族や友人が乳がんになってしまったら・・・。絶望せず、気を使いすぎず、特別扱いせず、フツーに接してください。患者としては、あまり気を遣われるのも困るけど、ぜんぜん心配してくれないのも寂しいといったところでしょうか。
 ご家族のかたは、患者と一緒に乳がんについて勉強してくれるといいと思います。パートナーのかたは手術したオッパイの傷跡に目をそらさず、より優しくかわいがってあげてください。
 ちなみに、「頑張って」という言葉は、あまり使って欲しくありません。ワタシもほかの人に対してはつい使ってしまうことがありますが(反省!)、なんとか病気を受け入れて、手術やその後の治療に立ち向かっていこうとしている患者たちは、「頑張って」と言われても「これ以上、何をどう頑張ればいいの!?」と思ってしまうことがよくあります。
 それから、「早期なんだから、絶対治るよ」とか「手術したらもう大丈夫」などと気休めも言わないでください。乳がんは早期(=しこりが小さい)だからといって、安心できない病気です。再発の不安でいっぱいの患者には逆効果のことも多いのです。
 こんなにいろいろ注文をつけると、「なんてワガママ!」とか「じゃあ、どうすればいいの?」と思われるかもしれません。実は、患者自身もどうしていいか分からないのが正直なところです。「病気になっても、あなたはあなた。あなたへの友情(愛情)は変わらないよ。元気になるのを待ってるよ」というスタンスで、優しく見守っていてくれたらいいかも・・・。


前ページへ HOMEへ 次ページへ