●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?
もしかしたら乳がんかも・・・
乳がんと診断されたらどうする?
手術が決まったら何をすればいいの?
手術後にすべきこと
万が一、再発してしまったら・・・
番外編1:周囲のかたへ
番外編2:my主治医について
番外編3:良性腫瘍と言われたら
番外編4:乳がん相談コーナー
番外編5:よくある質問FAQ

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

リスミン流 こんなときどうする?(4)

手術後にすべきこと

 乳がんは、手術して「ハイ、終わり!」という病気ではありません。手術はある意味では、乳がんとの長い付き合いのスタートのようなものです。

 手術後の最初のビッグ・イベント(?)は、摘出した組織を詳しく調べる病理検査の結果でしょう。病理検査では、おおむね以下のようなことが分かります。

1 リンパ節転移の個数→何個とって、そのうち何個にがん細胞が入っていたか
2 がんのタイプ→例えば乳頭腺管がんとか、硬がんとか、粘液がんとか
3 浸潤度→乳腺内だけか、脂肪にまで浸潤しているか、皮膚までか、筋肉までかなど
4 正確ながんの大きさ
5 悪性度→grade1〜3で表現される。タチが悪いとか、おとなしいタイプだとか
6 乳房温存の場合は切除断端にがん細胞があるかどうか
7 ホルモンレセプター→がんの女性ホルモンに対する感受性

 これらのデータによって、抗がん剤治療をするとか、ホルモン療法にするとか、術後の治療方針を決め、再発や遠隔転移にどのくらい注意を払うべきかの目安になります。従って、どういう結果の場合はどのような治療が標準か(VOL-Netの乳がん治療のフローチャートに詳しい)を知っておくといいと思います。

 術後の通院は、どういう治療をするかで異なりますが、経過観察(再発のチェック)は10年間といわれています。おおむね5年目までは3〜6ヶ月ごと、5年目以降は年に1回くらい定期的に通院して検診することになりますので、主治医とのお付き合いも長くなります。
 乳がんは、がんの中でも治りやすいかわりに、かなり時間が経ってから再発することもあるので、気長に、気を抜かず、というのがポイント。治療の副作用がある場合は別ですが、そうでなければあまり神経質にならずに、無理をしない範囲で手術前と同じように生活しましょう。

 最近、免疫力が注目されています。心理的に落ち込んだり、ストレスが溜まったりすると免疫力が低下し、反対に、ポジティブ・シンキングで笑って生活していれば、免疫力が高まってがんの再発も防げるそうです。心配してもしなくても、再発するときはするのです。どうせなら、楽しく過ごしましょう!


前ページへ HOMEへ 次ページへ