●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?
もしかしたら乳がんかも・・・
乳がんと診断されたらどうする?
手術が決まったら何をすればいいの?
手術後にすべきこと
万が一、再発してしまったら・・・
番外編1:周囲のかたへ
番外編2:my主治医について
番外編3:良性腫瘍と言われたら
番外編4:乳がん相談コーナー
番外編5:よくある質問FAQ

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

リスミン流 こんなときどうする?(3)

手術が決まったら何をすればいいの?

 信頼できる主治医のもとで、どういう手術を受けるか決めたら、あとは、まな板の鯉かな。手術自体は自分が頑張ってもしょうがありません。手術に備えて体調を整え、できるだけ明るく過ごしましょう。仕事や家のことなど、心配事があるとストレスになって身体によくありません。笑って手術室に入った人ほど予後がいいという話しもあります。
 手術日が決まってから、少し日数がある場合が多いですから、術後に自分の身体に何が起こるかということと、どんな治療をするかということは知っておいたほうがいいでしょう。つまり術後の予備知識ですね。どんな状態になるか知っておくと、不安も少なくなると思います。

●手術の後、身体にどんなことが起きるか
 温存療法の場合は手術時間も短いですから、すぐに一人で歩き回れるようになるでしょう。同時再建をした場合でも、ベッドに寝たきりなのは二日くらいです。食事はすぐに常食がでます。食事制限はありません。
 大抵の場合は傷口から廃液を回収する管(ドレーン)とパックが付けられ、4〜5日くらいで外してもらえます。点滴や薬の服用は病院によって異なるようです。1週間から10日くらいで抜糸でき、シャワーを浴びられるようになって、退院となります。
 手術した側の腕が上がらなくなるなどの機能障害が起きますが、リハビリは病院によって指導がある所と無い所があるようです。無理をしない程度に、どんどん動かしたほうがいいようです。退院するころには、日常生活に不自由しないくらいには動かせるようになるでしょう。個人差がありますが、3〜6ヶ月も経てば、たぶん、手術前と同じようになると思います。ただし、切った場所の皮膚感覚はまったく元通りになるわけではありません。はじめのうちは無感覚で、だんだん感覚が戻ってくるにつれ、今度は脇の下に物が挟まったような違和感や、ピリピリする痛みなどを感じるようになります。それも、個人差はあるものの、だんだん気にならない程度になっていくようです。
 腋窩リンパ節を切っている場合は、むくみ(リンパ浮腫)が心配です。これは、術後すぐ出る人はごく少ないようですが、何年も経ってから出る場合があるそうです。

●手術後の治療はどうなるか
 手術で摘出したものを病理検査し、その結果によって術後の治療方針が決められます。検査の結果が出る時期は、病院の事情や混み具合によって、数週間から一カ月くらいかかるようです。
 治療は、乳房部分切除の場合は、放射線をかけるのが一般的です。術後の補助療法としては、ホルモン療法と化学療法(抗がん剤)があります。全部やる場合もあれば、まったく何もしない場合もあります。詳しくは手術後の治療を参照してください。


前ページへ HOMEへ 次ページへ