●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?
もしかしたら乳がんかも・・・
乳がんと診断されたらどうする?
手術が決まったら何をすればいいの?
手術後にすべきこと
万が一、再発してしまったら・・・
番外編1:周囲のかたへ
番外編2:my主治医について
番外編3:良性腫瘍と言われたら
番外編4:乳がん相談コーナー
番外編5:よくある質問FAQ

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

リスミン流 こんなときどうする?(1)

もしかしたら乳がんかも・・・

 偶然に自分でしこりを見つけたり、検診で精密検査を要すると言われたら、まず、何をすればいいのでしょうか。もちろん、信頼できそうな病院の外科(乳腺外来があればよりいい)へ受診することが最も大切です。と同時に、ちょっと乳がんについて勉強しましょう。はじめに読む本としてのイチオシは、『胸のしこりが気になる人が読む本』日馬幹弘・著(扶桑社、1500円)です。結果としてがんでなかったとしても、今後のために、乳がんについて知っておくことは決して損にはなりません。

 乳房内にしこりがあっても、必ずしも乳がんとは限りません。受診して、乳がんと診断されるのは1割くらいだそうです。たとえ乳がんだったとしても、早いほうが完治する確率も高いですから、早く受診するにこしたことはありません。巷に出回っている本には、乳がんのしこりの特徴とか書いてありますが、素人判断は禁物。しこりを作らないタイプの乳がんもあり、最低でも触診、マンモグラフィ(X線)、エコー(超音波)などの検査を行います。最終的にがんかがんでないかを決めるのは組織検査です。どんな検査があるかについては、乳がん診断の手順をご覧下さい。
 乳がんは比較的ゆっくり進行するタイプが多いですから、一刻を争うということはありませんが、治療をはじめるのは早いほうがいいのは当然です。「がんと言われたらどうしよう」と不安になって受診を先送りしていると、せっかくの早期治療のチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。検査は簡単なものが多いですから、恐れることはありませんヨ。

 それから、どの病院に行ったらいいか分からないというかたも多いと思います。『胸のしこりが気になる人が読む本』には、巻末に推薦病院一覧が載ってますし、ワタシが作った全国の病院リンクも参考にしてください。インターネットの検索サイトで、キーワードを「乳腺」と「外科」で検索すると、いろいろな病院のホームページがヒットしますから、こういう情報も参考にしましょう。


  HOMEへ 次ページへ