●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識
乳がん診断の手順
入院・手術の準備
病院の生活
入院あると便利グッズ
乳房再建
リハビリ
手術後の治療
医療費
乳がんに関する本
パッド・人工乳房の情報
乳がん関係ホームページのリンク
全国の病院リンク

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

手術後の治療

●放射線治療

 温存療法は、単に乳房を温存する手術法という意味ではなく、腫瘍周囲の乳腺の部分切除と、残った乳腺への放射線治療をまとめて「温存療法」と呼ぶのだそうです。乳がんは乳腺にできるがんなので、乳腺を残す手術法の場合は、原則として、残った乳腺に放射線をかけ、残存している微細ながん細胞をやっつける必要があるのです。
 放射線をかける時間はほんのちょっとらしいのですが、1回に2グレイずつ、週5回×5週間の照射が普通のようです。合併症として、日焼けのようになる皮膚炎や色素沈着、乳房の線維化(硬化)があるそうです。

●ホルモン療法(内分泌療法) → 詳細版はこちら

 乳がんは、女性ホルモン(エストロゲン)が作用して発育するそうです。そこで、ホルモンに反応するタイプの乳がんの場合は、再発防止のため、エストロゲンの働きを阻害する抗エストロゲン剤、卵巣からのエストロゲンの分泌を抑制するLH−RHアゴニスト製剤、脂肪組織などにおけるエストロゲンの分泌を抑制するアロマターゼ阻害剤などを、原則として2年間投与します。副作用として更年期のような症状があります。
 LH−RHアゴニスト製剤の場合は4週間に1回の皮下注射、ほかは内服薬です。いずれも通院での治療になります。

●抗がん剤(化学療法) → 詳細版はこちら

 リンパ節転移などがあり、再発の可能性が高い場合には、化学療法(抗がん剤の投与)が行われます。単一の薬を長期に経口投与する方法や、注射や点滴などを組み合わせて投与する多剤併用療法が多く用いられているそうです。副作用は人によってさまざまですが、効果と副作用は表裏一体のものなので、我慢しすぎず、うまくコントロールしながら治療を続ける必要があるそうです。
 大抵の場合、通院で治療できるようですが、副作用が強い場合などは入院することもあるようです。