●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識
乳がん診断の手順
入院・手術の準備
病院の生活
入院あると便利グッズ
乳房再建
リハビリ
手術後の治療
医療費
乳がんに関する本
パッド・人工乳房の情報
乳がん関係ホームページのリンク
全国の病院リンク

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

乳がん診断の手順

診断の手順の簡単な説明です。
もっと詳しい説明はこちらをご覧下さい。乳がんの診断について−詳細版−

●視・触診、マンモグラフィ(乳房専用のX線撮影)、超音波(エコー)
この三つは最も基本的な検査で、乳腺外科なら必ず行うはずです。この段階で明らかに悪性であると分かる場合があります。
●穿刺吸引細胞診
注射器でしこりを刺し、吸い上げた細胞を検査します。
●生検(試験切除)
手術的にしこりを取り、病理診断する方法です。しこりがある場合は、これで必ずがんかどうかが判明します。太い注射器のような器具でしこりを刺して組織を取り、手術せずに病理診断ができる方法(針生検、コア生検)もあります。
●MRI検査
造影剤を点滴しながら磁気で広がり具合などを画像診断をするものです。
●CT検査
MRIと似ていますが、こちらは断層X線撮影です。造影剤を注入します。乳房だけでなく、肺や肝臓のチェックも同時にできます。
乳がん診断までの主な手順

ワタシの場合は、最初の検査(視・触診、マンモグラフィ、超音波)で明らかに悪性だったようです。それでも最終確定までには、このほか、組織検査(太い針で組織の一部を採る方法)とMRI検査を行いました。