●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識
乳がん診断の手順
入院・手術の準備
病院の生活
入院あると便利グッズ
乳房再建
リハビリ
手術後の治療
医療費
乳がんに関する本
パッド・人工乳房の情報
乳がん関係ホームページのリンク
全国の病院リンク

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

乳がんに関する本

乳がんに関する本は、まともに読んだ本が10冊ほど、斜め読みしたのが10冊ほどあります。
全ての本に言えることですが、おススメするのは本の内容であって、著者のお医者さんではありません。医師と患者の関係は相性なども重要な要素ですから、“有名な医師=自分にとってのベスト・ドクター”とは限りません。しっかり見極めましょう。

なお、おススメ本のうちのいくつかは、書名をクリックするとamazonのサイトにリンクして、オンラインで発注することができます。

●リスミンの超おススメ本
 ワタシのイチオシは『胸のしこりが気になる人が読む本』です。
『胸のしこりが気になる人が読む本』 日馬幹弘 扶桑社 2005
 また、やや専門的なのですが『乳がんテキスト―正しい知識と理解のために』も網羅的に体系立てて書いてあります。
『乳がんテキスト―正しい知識と理解のために』 野口昌邦 南江堂 2003

 ワタシの入院したときは『乳がんカウンセリング』と『自分でできる乳がん手術後のリハビリ』くらいしかなく、これを入院時に持参して、何度も読み返していました。
『自分でできる乳がん手術後のリハビリ』 ダイアナ・スタン 保健同人社 1997
『乳がんカウンセリング〜ここまでは患者に伝えたい基礎知識〜』 福富隆志 南江堂 1996
『こわがらないで・乳がん−専門医21人が語る乳房温存療法』 立木啓子 朝日ソノラマ 1994

●超おススメ本 プラス α

女性のための医学シリーズ1
『〜ひとりで不安にならないで〜「乳がん」といわれたら』
 婦人生活社 2002
 10人の体験談を一冊の本にまとめたもの。ちょっと照れてしまうのですが、ワタシの体験談も入っています。でも、せっかく書いたからには、沢山のかたに読んでいただき、少しでもお役にたてたらうれしいです。体験談だけでなく、聖路加国際病院の中村先生解説による基礎知識も役立つと思います。

『乳がん全書』 法研 2002
 ちょっと分厚い本ですが、これ一冊で、患者が知っておくべき乳がんの知識がほとんど網羅されています。写真や図も豊富で、検査の方法などもわかりやすく書かれています。

『がん患者の<幸せな性>』 高橋都+針間克己・訳 春秋社 2002
 がん治療は、直接間接に個人の性生活にも大きな影響を及ぼします。しかし、医師からは十分な情報の提供はなく、患者の声もほとんど表面化してきませんでした。これは、からだとこころの両面にわたって実践的なアドバイスが書かれている、画期的な本です。

『がん六回 人生全快−現役バンカー16年の闘病記−』 関原健夫 朝日新聞社 2001
 これも超おススメ! 特に再発をかかえている人は必読です。単に「運がよかった」というだけでなく、病気と対峙する姿勢や、仕事、人生、人間関係に対する関原さんの考え方は、何度うなずきながら読んだことか。

『病理医があかす タチのいいがん 悪いがん』 堤 寛 双葉社 2001
 乳がんに限った内容ではないのですが、診断の裏事情などが分かってとてもためになります。がんという疾病が、まだまだ研究途中であり、どこへ行っても同じ治療が受けられるわけではないということを改めて認識させられます。

●時間があったら読みたい本

 いずれも乳がん治療に専門にかかわっている医師の著書(もしくは講演録)ですが、乳がんの治療法はここ数年で大きく変わっているので、最近の本を中心に読んだほうがよいと思います。

『乳がん治療・日本の医療 イデアフォー講演録』 イデアフォー新書 1999
『「乳房再建」は心の再建』 坂東正士 ネスコ 1999
『乳がんを忘れるための本』 近藤誠 ネスコ 1999
『ささえあって…乳がん手術』 寺田信国 保健同人社 1996
『ぼくがうけたい がん治療』 近藤誠 さいろ社 1995
『乳ガン死 ゼロの日』 冨永健 主婦の友社 1994
『乳ガン新時代 あなたに合った治療法』 安村和彦 ぎょうせい 1993

●千葉敦子さんの本

 千葉さんの本は、実はほとんど読んでいません。なんといっても、早期に発見され手術したにもかかわらず再発し、結局亡くなってしまったかたですから。自分のこととオーバーラップしてしまいそうで、ちょっと怖いです。でも、千葉さんの病気の受け入れ方は学ぶものがあります。余裕ができたら、そのうち読んでみようと思います。

『乳ガンなんかに敗けられない』 文芸春秋 1981
『私の乳房再建』 文春文庫 1991
『ニューヨークでがんと生きる』 朝日新聞社 1986
『よく死ぬことは、よく生きることだ』 文芸春秋 1987
『「死への準備」日記』 朝日新聞社 1987

●その他、乳がんに関する本

 体験談はそれぞれに病状や治療の時期が違うので、注意して読む必要があります。あんまり自分にひきつけて読んでしまうと、自分にとっての最善の選択を逃してしまう危険があると思うのです。

『アメリカで乳がんと生きる』 松井真知子 朝日新聞社 2000
『フランス流乳ガンとつきあう法』 木立玲子 毎日新聞社 1999
『わたしが決める乳ガン治療』 近藤誠・イデアフォー 三天書房 1997
『乳房再建』 三島英子 小学館 1995
『あなたが選ぶ乳がん医療』 春本幸子 エピック 1995
『乳がん・乳房温存療法の体験』 イデアフォー編 時事通信社 1993
『私の乳房を取らないで』 生井久美子 三省堂 1993