●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識
乳がん診断の手順
入院・手術の準備
病院の生活
入院あると便利グッズ
乳房再建
リハビリ
手術後の治療
医療費
乳がんに関する本
パッド・人工乳房の情報
乳がん関係ホームページのリンク
全国の病院リンク

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

病院の生活

 これは、あくまでもワタシが入院していた病院の様子です。
 朝は6時起床。「おはようございます。○月△日×曜日、朝6時です」と、看護婦サンの声で放送が入ります。このあと、7時くらいまでの間に看護婦サンの巡回があり、排便と排尿の回数を聞かれたり、検温したりします。お風呂やコインランドリーは午前6時から使えるので、この間にお風呂に入ったりするひともいます。年配の方は早起きで、1階まで散歩に出かけたり、病棟内をぐるぐる歩き回って運動する人もいました。
 午前8時、朝食です。放送が入って、歩ける人はデイルームの前に取りにいきます。デイルームの前に保温・冷蔵装置のついたワゴン車が来るので、その近くにいる係の看護婦さんに名前を言うと、食事を出してくれます。トレイに名前の紙が乗っているので、分かれば自分で勝手に取っても大丈夫です。食事が終わると午前中はそれぞれの予定にしたがって検査に呼ばれたり傷の処置があったりします。希望すれば、清拭もこの時間にやってくれます。
 12時、昼食。午後2時、検温。午後はあまり予定がなく、のんびりです。ワタシはほとんどやることがなかったので、本を読んだり、ノートパソコンで日記を書いたり、パソコンでジグゾーパズルをやったりしていました。平日は午後3時から7時まで、土・日・祝日は午後1時から7時までが面会時間です。夕方になると、夜の担当の看護婦サンがまわってきて、翌日の検査等の予定を連絡してくれたりします。
 午後6時、夕食です。7時には看護婦サンが検温に回ってきます。その後、当直医の巡回があり、午後9時に消燈です。
 だいたいこれが入院生活の一日ですが、もちろん病状によって違いはあります。病院によってもかなり違うかもしれません。ワタシは手術前の検査も、手術後の治療もほとんどなかったので、ただ居ただけってカンジですが、検査続きの人や、24時間点滴している人とかは大変です。
 服装は、手術前は昼間はイージーパンツとTシャツ、夜だけパジャマでしたが、手術後は胸帯と腹帯でぐるぐる巻き状態だったので、もっぱら和式寝巻きを着ていました。温存療法の乳がんの患者さんは、手術の翌日からパジャマの人が多いです。ワタシは派手目の寝巻きを買って、ユカタ気分で毎日着替えていました。紫の桔梗模様と、ピンクの紫陽花模様、それに水色の露草模様の3枚で、「今日はピンクですね」とか看護婦さんにも注目されてしまいました。
 ちなみに、看護婦さんはみんなイイ人でした。病棟で夜勤があるせいかほとんどが20歳代の若い人だったのですが、かわいいし、優しいし、明るいし、よく気が付くし・・・。ブザーで呼んでお願い事をしても、いやな顔せずになんでもやってくれます。もう一度入院することになったら、ぜったいこの病院がいいと思います。

(注)面会時間は、現在は平日・土日とも、午後1時から夜8時までとなっています。