●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識
乳がん診断の手順
入院・手術の準備
病院の生活
入院あると便利グッズ
乳房再建
リハビリ
手術後の治療
医療費
乳がんに関する本
パッド・人工乳房の情報
乳がん関係ホームページのリンク
全国の病院リンク

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

入院・手術の準備

●入院するまで
 大抵の病院で、入院する前に「入院のご案内」のようなパンフレットをくれるのではないでしょうか。私が入院した病院では、入院手続きから入院時の持ち物、院内の諸施設まで記載した8ページの印刷物をくれました。国立の大学病院だったので、入院保証金は不要でしたが、費用負担の保証として保証書の提出を求められました。私は自分に収入があるので、夫が保証人でよいかとも思ったのですが、保証書の様式が「患者本人、世帯主、別世帯の保証人」と3人記載するようになっていて、結局、妹の夫に記載してもらいました。
 入院時の持ち物は、洗面用具、食事のときに使うはしや湯のみなど、着替え、寝巻き、スリッパ、タオル、バスタオル、ティッシュペーパーなどを用意するようにと書いてあります。たぶんコインランドリーがあるだろうとは思ったのですが、どのくらいの頻度で洗濯できるか分からなかったので、最初は5泊程度の旅行のような準備をしておきました。
 大きな病院だったので、売店やキャッシュディスペンサーも整っていて、特別な準備は不要でした。場合によってはキャッシュカード1枚持っていけば、全部入院してからそろえられます。

●入院してから
 入院してすぐ、病棟を案内してもらったときに「患者さんへ」と書かれた四枚ほどのコピーをもらいました。そこには、入院中の案内や注意事項がこまごまと書いてあり、だいたいはそれを読めば分かるようになっています。後は入院生活を一日経験すれば、戸惑うようなことはありませんでした。

●手術の準備
 手術日が決まると、看護婦さんが事前の説明をいろいろしてくれて、「手術を受ける患者さんへ」という紙をもらいました。手術の前日には何があるか、どうすればよいか、当日はどうなのか、何を準備しておけばよいのか、全部書いてあります。手術日の前日はなるべく入浴して、夜9時以降は飲んだり食べたりしないようにとか、あまり難しいことはありません。
 手術前に準備しておくようにと指示されたものは、胸帯3枚、和式寝巻き3枚、T字帯3枚、吸呑1個、バスタオル4枚、タオル3枚、ティッシュペーパーでした。ワタシの場合は、このほかに腹帯もそろえました。全部、売店で調達できました。この枚数はちょっと多いかなと思われるものもあるのですが、きっと、手術後の状態が良くない場合はこのくらいあったほうがいいのかもしれません。結局、ワタシは胸帯は2枚、腹帯も2枚しか買わず、それで足りてしまいました。T字帯も1枚しか使いませんでした。そして、これらのものに全部名前を付けました。