●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識
乳がん診断の手順
入院・手術の準備
病院の生活
入院あると便利グッズ
乳房再建
リハビリ
手術後の治療
医療費
乳がんに関する本
パッド・人工乳房の情報
乳がん関係ホームページのリンク
全国の病院リンク

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

乳房再建

 ワタシが受けた手術は「右皮下乳腺全摘出および腹直筋筋皮弁による一期的乳房再建」というものです。
 皮下乳腺全摘出(Skin-sparing mastectomy)は、乳房再建を前提とした手術で、表面の皮膚はそのままで、腫瘍があるほうの乳腺のみを摘出するものです。ワタシの場合は乳頭も温存できたので、表面の傷以外はほとんど見た目に変化はありません。
 腹直筋筋皮弁とは、お腹の脂肪とその脂肪の血流確保のために腹直筋を血管をつないだまま切除した乳房に移植するというものです。

 初めて受けた乳がん検診でしこりを指摘され、触診&エコーだけで“明らかに乳がん”だったワタシに、検診担当医(後の主治医)は「まだ小さいようですから、切るとしても部分切除で大丈夫でしょう」と言って大学病院への紹介状を書いてくれました。
 大学病院での初診のときに聞いた主治医の治療方針は、「4分の1の扇状切除+腋窩リンパ節郭清+放射線照射」だったのですが、後日のMRI検査で中央のしこり(1.7センチくらい)のほかに2箇所、小さな腫瘍が発見されました。この3つの腫瘍は離れた場所にあるので、それぞれ部分切除するとオッパイの形はかなり崩れるとのこと。主治医の方針は皮膚と乳頭を残して中の乳腺のみを摘出し、筋皮弁で同時再建(一期的再建)するというものに変更になりました。

 それから入院するまでの間、沢山の本やホームページを調べました。
 それで分かったことは、つい最近まで乳がんの手術といえば胸筋温存乳房全切除が当たり前だったこと、乳房温存術も増えてきているが適応条件はかなり厳しいこと、同時再建は先進的な術式であることなどです。ワタシが受ける予定の皮下乳腺全摘出について書いてあるものは皆無でした。※これは、1999年当時の状況です。

 MRIのデータを見れば、温存術が無理なことは納得できるのですが、同時再建は正直言って迷いました。本やネットで調べた範囲では、必ずしも手放しで喜べるような仕上がりにはならないようなのです。美容整形だって失敗して裁判沙汰になるケースがあるのですから、執刀医の技量如何で成功も失敗もありそうです。しかも形だけではなく、痛みや違和感に悩まされる場合もあるらしいのです。形成の受診の結果、お腹の脂肪の量と今後出産の予定が無いことからワタシの場合は腹直筋を使うことになったのですが、腹直筋を取った後がどうなるかも気になります。自分が手術を受ける病院(&形成の執刀医)の技術がどの程度か、調べようがない状態でしたので、ぎりぎりまで迷いました。

 手術の2日前に術前説明がありました。そのとき、外科の主治医も形成の先生がたも、ワタシの質問にちゃんと答えてくれて、気持ちは90%同時再建に傾いていました。不思議と、症例の写真を見せてもらおうとは思いませんでした。どのみち個人差があるわけですから、うまくいった例を見ても、自分が同じようにできるかどうか保証の限りではないのです。
 迷っているなら今回は切るだけにして、再建は後でゆっくり考えてからとも思ったのですが、どうせ再建するなら一度にやったほうが手術も1回で済みますし、皮膚や乳頭が残せます。本によっては、再建手術は1回では出来ず、2〜3回に分けて行うというように書いてあったりしますが、ワタシの場合は1回で大丈夫とのことですし、せっかく再建できるのに、切除したままにしておく度胸はありません。

 迷った挙句に同時再建に決めたのは、主治医を信頼する気になったからです。
 どの道、ある種“賭け”の部分はあるのですから、この先生が勧めるのなら、先生に賭けてみようと思ったのです。

 手術の前日には形成の執刀医による再建のデザイン(血管の位置や切除部分の確認)があり、当日は午前8時に手術室へ。麻酔が醒めたのは夜の7時でした。
 その夜は麻酔の影響もあり、身動きはできないし、発熱、悪寒、吐き気も少しありましたが、痛みはあまりなく、翌日の昼からベッドを起こして食事ができました。歩けるようになったのはさらに翌日で、4、5日過ぎれば自由に動き回れるようになりました。

 術後の胸は、傷の部分はガーゼで隠れていますが、術前と変わらぬ様子です。初めてまじまじと見たのは、術後10日目に抜糸が全部済んで、シャワーの許可が出たときです。ガーゼとサージカルテープをはがして、脱衣所の鏡で見たのですが、まだ固くて乳頭にはカサブタがついているものの、形はまあまあ。大きさも左右ほぼ同じです。とりあえずほっとしました。お腹はまだつっぱったカンジがしますが、贅肉もとれてスッキリ状態です。

 切開したのは右乳房の乳輪に沿った下半周に続けて、乳頭から脇にかけての水平ライン約13センチと、下腹部を水平に約26センチです。お腹と乳房の間はトンネル状に皮膚を持ち上げて、左腹直筋の下端を切断。腹直筋の上端はつながったままUターンさせてお腹の脂肪ごとトンネルを通し、まるめて乳房に入れます。リンパ節を郭清したのでそこにも脂肪を充填し、腹直筋についている血管は脇の血管につないだとのことでした。

 術後2週間くらいは、つかまるものが無いとベッドからなかなか起きあがれなくて苦労しましたが、いつのまにか平気になりましたし、退院してからしばらくの間はウエスト・ニッパを着用していましたが、半年もすれば腕の機能障害もお腹のツッパリ感もなくなり、再建した乳房もだんだん柔らかくなってきました。
 抜糸が済んだころから、傷口にテープを貼り始めました。傷口をきれいにするためらしいのですが、毎日毎日胸をじっと見たり触ったりするせいか、だんだん新しいオッパイに愛着が沸いてきました。とってもいとおしいカンジがします。2ヶ月くらいは貼り続けていましたが、かぶれて痒くなってしまったので止めてしまいました。
 現在、術後2年になりますが、乳房の形はあまり変化なしで、ほとんど左右対称に近いです。傷も目立たなくなってきました。
 皮膚の感覚は、再建乳房の表面とお腹の傷の周囲、さらに腹直筋があった場所の表面はかなり鈍いですが、術後すぐよりは感覚が戻ってきました。

 結局、この手術を受けてマイナスになったことは、今のところありません。
 いや、ひとつだけありました。それは、ブラジャーを買いなおしたこと。それまでは3分の2カップのワイヤー入りを愛用していたのですが、術後、わずかな乳房の変形のためワイヤーが当たって痛くなってしまい、ワイヤーなしのフルカップに買い替えました。
 ちなみに、医療費はすべて保険適用でした。

 なお、ワタシが手術を受けた病院は、いろいろな術式に対応してくれます。腫瘍の状態と患者の希望により、温存術でも扇状切除だけでなく円状に切除する場合もありますし、内視鏡による切除が可能な場合もあります。乳房全摘の場合では、乳房再建するかどうかは患者の希望を聞いてくれますし、広背筋使用の筋皮弁にするか腹直筋使用にするか、あるいは一期的(同時)に行なうか二期的に行うかも選べます。
 また、件数は少ないですが諸条件を勘案してインプラントによる再建をする場合もあります。
 「ウチではこれしかできません」というのではなく、可能な範囲で様々な術式に対応してくれるのは、ありがたいと思います