●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

Q.O.L (クォリティ・オブ・ライフ)

 最近は、Q.O.L(クォリティ・オブ・ライフ)を重視すると言うのがはやりのようです。
 乳がんの場合、温存療法するのも再建するのも、Q.O.Lを重視するためです。医師の中には「美容的には」という言い方をする人がかなり多くいるようです。実は、ワタシの主治医もそうなのです。確かに、醜いよりは美しいほうが好ましいのですが、美容に拘る部分よりも、生活していて快適かどうかの比重のほうが大きいと思います。実際に乳房を切除した状態を体験していないので分からない部分もありますが、胸がなかったらさぞかし不自由で不快だろうなと思います。これは、美容云々以前の問題でしょう。
 聞いた話なのですが、年配の男性で、水泳をするときは水泳パンツではなく、女性用のワンピースのようなタイプの水着を着るという人がいるそうです。理由は、過去に手術した際におヘソを取ってしまったからだとか。この場合は、「美容」的な理由とは言えないでしょう。たかがおヘソでも気になるわけですから、オッパイなら尚更です。