●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと
がんの告知
インフォームド・コンセント
セカンド・オピニオン
主治医選び・病院選びについて
良い病院とは?
医療への幻想
医療制度の危機
代替医療・健康食品
温存療法
各手術法のメリットとデメリット
がん細胞の増殖速度
死について
QOL

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

がんの告知

 ワタシは「がんになったら絶対におしえてね」と、前から夫に言っていました。三人に一人はがんになる時代です。なぜがんだけが「本人に知らせない」ことがあるのか、とても不思議なことです。
 乳がんの場合、現在はほとんどの病院で本人に告知されているようです。これは、ほかのがんに比べて生存率が高く、乳房を切除することによってがんであることがミエミエであるせいかもしれませんが、告知されるのはいいことだと思います。というより、自分の病名を知るのは自分の権利です。もし、再発したら、そのときも絶対告知してほしいと思います。
 ワタシの場合、思い返してみると最初の検診で「がん」というコトバで表現されたかどうかまでは覚えていないのですが、自分では「がん」だと言う理解で主治医の話を聞いていました。入院するまでの間に乳がんに関する本を沢山読んだのですが、その中の体験記に、手術後何年間も乳がんというコトバを使えなかったという話があり、自分とのあまりの違いに唖然としてしまいました。
 がんの場合は、がんだと判明してからすぐ死んでしまうということはほとんどないので、身辺整理もできます。ただし、がんになったからといって交通事故の危険性や他の病気を免れるわけではないのが、困るところです。がんの人は心臓病や糖尿病に絶対ならないというんだといいのですが・・・。