●HOME

乳がん体験のあらまし

リスミン流こんなときどうする?

知って安心ミニ知識

乳がんになって思うこと

乳がん日誌詳細版

リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール

 乳がんの早期発見のチャンスは、意外に少ないということに、最近気が付きました。

 がん細胞はカラダの中で毎日発生していますが、ほとんどのものは淘汰されてしまい、“がん”という病気になるのはごく一部。そのごく一部のがん細胞が増殖を繰り返すと、大体8年から9年かかって触知可能な腫瘤となります。

 これはがん細胞の増殖速度で書いたように「100日で1回分裂する」とした場合の腫瘤の大きさをグラフ化したものです。あくまでも机上のシュミレーションですが、通常診断可能な大きさである1センチ程度になるまでに約9年。これは5ミリになった時から約10か月後です。さらに10か月後には約2センチとなり、2センチを超えるともう早期とは言えなくなってきます。同じスピードで増殖すると、さらに10か月後には4センチとなります。

 ということは、早期で見つけられる期間というのは、わずか1年ぐらいの間しかないではありませんか! 診断の精度が向上し、5ミリで見つけられるようになったといっても、早期で見つけられる期間は2年足らず(ダブリングタイムが100日の場合には20か月)です。ほとんどピンポイントと言って差し支えありません。

 このピンポイントの時期を逃さずに発見するには、常に自分の乳房に気を配り、毎年の乳がん検診を欠かさず受ける。そして、少しでも気になる症状があれば、確かな医療機関を受診する。ということに尽きるでしょう。

2009.3.7