●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
前ページへ
2004年2月12日
 3ヶ月ぶりの受診です。
 のんびり11時少し前に受付をし、待つこと1時間半。今日は混んでます。こんなに待つのはめずらしい。待ってる間に同じ主治医の友人M.H.さんと会って、少し立ち話。
 呼ばれて診察室に入り、まずは問診。そして触診。ドクターがイタリアの短期留学から帰国して初めて顔を合わせるのですが、全然変化なし。白衣も相変わらずなし。今月末は台湾のアジア乳癌学会に行って、3月初めはサウジアラビアの招待講演、3月中旬はドイツの欧州乳癌学会参加と、大忙しのようです。「ビザが大変」と愚痴をこぼしていました。
 昨年のCTから1年経つので、また来月CTを撮ることにしました。2月なので、診察の最後に気持ばかりのチョコレートを渡してきました。
 昼過ぎ、病院に行っている間はなんともなかったのですが、なぜか帰宅してから体調が悪くなり、夜には胃痛まで。うんざりです。

3月3日
 ひなまつり・・・なんて関係ありませんが、今日はCTです。予約は10時20分。10時ごろ病院へ到着し、放射線部へ。今回は造影剤を使う検査で、終了後はからだがボワンとして、ちょっとクラクラしますが、仕事が立て込んでいて職場へ直行です。元々ドクターが出張中でいないので、結果は後日です。

5月18日
 このところ、ワタシのHPを通じて知り合った人と会う機会が続いています。先週の火曜日には、3人のかたとお会いしました。T.S.さんは夫の同僚の妹さんで、5/10に温存術で手術。お見舞いに行ったところ、同室のかたがなんと3月に同時再建を希望してメールを頂き、4/28に手術したA.N.さん。また、前日に入院したという、やはり温存術予定のS.M.さんともお会いしました。
 今日は、ワタシの同僚で、以前に要精密検査となり経過観察中のA.S.さんと一緒に受診。彼女の受診に時間がかかるかも知れないので、早め(9時)に病院到着。まずは彼女の受診に付き合って2階の外科に行くと、椅子に座ったとたんに名前を呼ばれました。彼女は5分ほどで診察を終え、今日は触診のみで終わったとのこと。次回は1年先の受診でよいそうです。次はワタシの受診の為に形成へ。めずらしく空き空きです。ここでもすぐに名前を呼ばれ診察室へ。「お久しぶりです〜。今日は空いてますねー」と言うと、ドクターも「今日はね、珍しく空いてるね」。「変わりないですねー」と、胸とお腹の傷跡を見てもらい、「じゃあ、ついでだから写真撮りましょう」。終わったあともドクターはゆとりがあるようで、「乳腺の病棟は12階に移ったんですね」「そうそう。せっかく9階のスタッフに慣れたのに、また大変だよぉ」とか、「この前、○○さんに会いましたよー」などと、しばらく雑談をしました。
 形成終了後、カルテを持って乳腺外科へ。朝よりは待っている患者さんが増えたようです。ここで、もう一人の同僚で、昨年秋に手術をしたK.A.さんとばったり。来週、インプラントへの入れ替え手術をするそうです。彼女の方が先に呼ばれて診察室へ、その後ワタシです。まずは3月に撮ったCTを見ながら、乳腺の一部に濃い部分(?)があるという放射線科の所見を聞きました。触診をしてもらいましたが、特に問題ないようだとのこと。でも、「念のためエコーをしましょうか?」と言うので、来月に予約を入れました。このところ忙しい日々が続いているようで、ドクターはいつもより疲労の影が濃いようです。
 終わってから会計を済ませ、11時に形成受診予定のM.O.さんに会うために再び形成外科へ。彼女は4月に全摘+エキスパンダーの手術をし、現在病理の結果待ちです。彼女の診察が終わるのを待って、A.S.さん、M.O.さんと3人で16階で昼ごはんを食べました。A.S.さんが帰った後、今度は5月下旬に手術予定のM.K.さんと待ち合わせ。M.K.さんのCT検査や外科受診に付き合ってお喋りしながら病院内をもう一回りし、それから3人でお茶を飲みに出かけました。
 この一週間で、メールだけだったかた5人と実際にお会いしたわけですが、いずれもすぐに旧知の仲のようにお話しすることができました。患者仲間って、ホントに不思議です。
 次回の受診日は6月22日(火)です。また、いろんなかたに会えるとうれしいな。

6月22日
 今日はすごい受診日でした。
 ワタシ自身の予定はエコーの後、乳腺外科でその結果を聞くだけなのですが、同じ主治医の患者仲間とメールのやり取りをしているうちに、多くの人が同日受診ということがわかり、「会いましょう!」ということになったのです。
 まず、9時ごろ病院到着。2階へ上がると早速M.O.さん、A.N.さんとばったり。ちょっと外科の待合を覗いてから3階の生理検査室へ。すぐに検査室に呼ばれてエコーは約30分。終了後、カルテを受け取って2階へもどり、受付でカルテを渡して待合へ入ります。
 そこではM.H.さんとK.A.に会い、診察まで3人でおしゃべり。まずワタシが呼ばれ、次にM.H.さん、そしてK.A.さん。ワタシのエコーの結果はのう胞とのことで、特に問題なし。帰りに血液検査をしていくことになりました。次回の受診は3ヵ月後の9月28日です。
 外来を出るとM.N.さんにばったり。しばらく立ち話をして11時過ぎに形成を覗くとM.K.さんとS.N.さんがいました。M.K.さんに会うのは2回目、S.N.さんは初めてです。
 その後、血液検査を受けてから検査入院中のM.K.さんに会いに14階へ行くと、ちょうど検査前の点滴を始めるところでした。少し話してから1階で会計を済ませ、その後2階の外科待合へ。そこで診察待ちのA.N.さんと話していると、外来で点滴中のM.O.さん、形成が終わったM.K.さん、S.N.さんも加わり、大おしゃべり大会になってしまいました。ほかの患者さんは、もうほとんどいません。呼ばれるのはわれらが主治医の4番の診察室だけで、偶然M.A.さんにも会いました。
 全員の診察も、M.O.さんの点滴も終わり、最後はM.K.さん、S.N.さんと3人で昼食を食べに出かけ、結局夕方までおしゃべりしてしまいました。
 今日会った患者仲間は、合計9人! 新記録です。

10月5日
 今日は、ちょっとした患者会並みでした。あっさり前回の記録更新です。
 本来は9月28日に受診予定だったのですが、ドクターがスペインで開かれるヨーロッパ乳がんカンファとやらに出席のために休診となり、10月5日に日程変更。短時間の受診のために休暇をとって出掛けるので、「同日に受診のかたは会いませんか?」と呼びかけたところ、何人かと会うことになったのです。
 まず朝いちに、入り口でばったりK.A.さんに会い、立ち話。待合ではM.Hさんに会い、点滴を始めるK.M.さんとも少しおしゃべり。診察の後はY.S.さん(その1)、婦人科入院中のM.K.さん、雨の中わざわざ来院してくれたS.M.さん、それからE.H.さんにもお会いしました。別の病院の患者さんですが、ワケあって来院したM.U.さん、Y.S.さん(その2)とも合流。Y.S.さん(その1)、Y.S.さん(その2)、S.M.さんと一緒に4人で16階へランチを取りに行きました。雨のためかレストランは混んでいましたが、ソファで30分ほどおしゃべりしながら待ち、食事をしながらさらに1時間以上ゆっくりしてしまいました。
 午後は病棟でM.O.さん(その1)、M.K.さん、M.O.さん(その2)、H.H.さんに会い、デイルームではほかに入院中のお二人も交えて歓談できました。皆さん、有意義な時間をありがとうございました。
 今日のわれらが主治医は、約100人の受診者を猛スピードでこなしてましたね。カラダ、壊さないでほしいですね。
 次回の受診日は、2月22日(火)の予定です。

2005年3月15日
 本当は2月22日に受診を予定していたのですが、インフルエンザでダウン。受診は延期しました。
 受診予約変更の件は、メールでドクターにお願いしていたのですが、受付機に受診券を入れると「前回受診から3ヶ月以上間が開いているので、初診受付をしてください」とメッセージが出てしまいました。(T_T) どうやら、ドクターが予約を入れ忘れたようです。初診窓口に2月22日の予約票を出して再診の手続きをしてもらい、外科に行きました。予約がなかったので、いつもより長く待たされそうです。
 待合の長椅子に座ると、毎週点滴に通っているK.M.さんに会いました。「お久しぶり〜」と挨拶をしていると、後ろからM.K.さんに声を掛けられ、さらにH.H.さんも。3人とも10月の受診日の時に会ったきりです。今日も例のごとくわれらが主治医の患者さんは大勢のようで、かなり待たされましたが、おかげで待ち時間を有意義に過ごせました。
 1時間半ほど待って名前を呼ばれ、診察室に入ると早速「予約入れ忘れてごめんなさい」。朝8時から診察しているそうで、かなりお疲れの様子です。最近、術側の胸がときどき痛むことを話し、触診を受けました。「CTをやりましょう」ということになり、5月31日に予約を入れました。顎にグリグリができているのですが、こちらは「リンパ節の位置ではない」とのことで、「胸とは無関係でしょう」。様子を見ることになりました。

5月31日
 朝のうちに雨が上がるはずだったのに、出掛けるときには本降りで憂鬱。病院に着くころは、なんとか小雨になっていました。今日はまずCTです。放射線部の受付をしてからCTの検査室へ。その後、カルテを持参して外科外来です。
 外科待合に行くとすぐにE.M.さんに気づき、二人で話していると、今日会う約束をしたA.E.さん声を掛けてくれました。彼女は手術したばかりで、今日が退院後の初外来、ワタシとも初対面です。既に受診は終ったとのことで、我々のオシャベリに付き合ってくれました。点滴中のK.M.さんともちょこっとご挨拶。火曜日はわれらが主治医どのの一番混む外来日なので、かなり長いことオシャベリしながら待ちました。
 ワタシの診察は、まずCTの結果を見てから胸の触診。乳腺とは無関係ですが、最近お腹の痛みが続いたり、目が回ったり、頭痛肩こりが続いたりした話をし、前から気になっていた大腸の内視鏡検査をやってもらうことにしました。診察終了後に看護師さんから検査の説明を受けたのですが、その間にA.E.さんとはぐれてしまい、結局後から来たM.N.さんの診察が終るのを待って会計をし、昼ごはんを食べに出掛けました。
 昼食後、また病院へ戻って支払を済ませてから、術前化学療法のために入院中のR.T.さんを訪ねました。R.T.さんは副作用もほとんどないとのことで、元気そうでした。8階の屋上庭園で1時間ほどオシャベリしたのですが、この時間にはすっかり雨が上がり、暑いくらいになっていました。
 病院を出たのは、午後5時過ぎ。長い受診日でした。

6月27日
 ずーっとずーっと懸案にしていた大腸内視鏡検査。いよいよ実現です。
 ワタシは小さい頃から胃腸の調子の悪いことが多く、「自分ががんになるなら、絶対大腸がん」と思っていました。あに図らんや、なったのは乳がんでしたが、それでも胃腸の調子が悪いことが多く、一度は大腸内視鏡を受けなくちゃというのが長年の懸案。5月の受診の際に、とうとうドクターにお願いし、「一番検査が上手な先生」もリクエストしてもらいました。
 前日から食事制限がありましたが、検査食のようなものはなく、素うどんや、おかゆ、具のないスープなどなど。前夜に下剤を飲んで、いよいよ当日。指定の時間に指定の検査室へ行って、まずは受け付け。同じ検査を受ける人が7人ほどいます。1人1本ずつ2リットルのニフレックが配られ、説明を受けます。とにかく、このニフレックをひたすら飲んで、お腹の中をきれいに洗い流すのが検査の準備です。みんなで励ましあって、やっとの思いでニフレックを飲み、排泄物に混じり物がないことを看護師さんに確認してもらって、OKが出たら検査を待ちます。
 ワタシは7人のうちの4番目くらいに呼ばれ、検査着に着替えると、名前を呼ばれて検査室へ。ドクターは若くて美形で、手際が良さそうな女性です。診察台に載って点滴を受け、検査が始まります。痛みはほとんどありません。麻酔を使うので、意識は無くならないのですが、若干ボーっとした感じになり、画像が映し出されているモニターを見ていても、あまり記憶に残りません。「あー、これがワタシの大腸の中なんだ・・・」とおぼろげに考えていると、あっけなく検査終了。この後診察の予定はないので、その場で「特に異常はありませんでした」とだけ教えてもらって、診察室を出ました。

9月27日
 今日はまず、飯田橋の元気プラザへ。職場の健康診断の一つ、婦人検診です。6年前のこの検診で乳がんが見つかったワタシとしては、思い入れのある検診です。当然のことながら、乳がん検診はパスして、子宮がん検診のみを受け、その後病院へ。丁度予定の11時ごろ病院到着。子宮がん検診で若干痛い思いをしたので、少し休憩をしてから点滴中のK.M.さんを訪ねました。
 K.Mさんは昔1番の診察室だったところで、もう一人の患者さんと並んで点滴を受けていました。以前は点滴用のベッドが4つくらいだったのですが、最近は化学療法を受ける人が増えたようで、診察室を処置室に転用したようです。おしゃべりをしながら名前を呼ばれるのを待っていたのですが、今日はマイクの調子が悪いようで、時々聞こえなくなったりします。
 12時頃にK.Mさんの点滴が終了し、それからは待合の長椅子へ移動。偶然A.Eさんにも再会しました。ワタシが呼ばれたのは1時近くなってからで、まずは6月の大腸内視鏡の写真を画面で見て、「きれいです。問題ないですね」。次に触診。そして「今日は血液検査を受けて帰ってください」とのことで、3階へ。
 会計を済ませてからK.Mさんと大学の裏手にあるホテルでランチをし、その後、入院中のS.S.さんを2人で訪ねました。S.S.さんは、同時乳房再建の手術を受けるために、はるばる三重から来て入院したのです。個人的には、同じ主治医の患者仲間になれて嬉しいですが、やはり全国どこでも、希望すれば同時再建できるような環境になってほしいものだと思います。

12月13日
 いつもに増して、すごい人で、my主治医は完全に死にそうでした。主治医が過労死なんて冗談ではないので、なんとかならないものでしょうかねぇ。(~_~;)
 今日は11時少し前に病院へ着いて、化学療法中のK.M.さんと会ったので、そのまま3階の化学療法室に行ってちょっと見学。その後、入院中にR.T.さん訪ねました。R.T.さんはとってもお元気でしたが、まだドレーンが取れてないので、退院は早くても明後日になりそうだとのこと。
 受診が終ったのは1時半頃で、それからランチ。その後、A.E.さんとお会いしたので彼女の受診終了後に一緒にスカイラークに行って、また2人でR.T.さんを訪ねました。3人で6時過ぎまでデイルームでおしゃべりし、なかなか有意義な一日でした。(^.^)

2006年7月24日
 この日記、実はずーっとさぼっていたので遡って書いています。^_^;
 結局、手術した大学病院へは、2005年を最後に受診していません。my主治医は、現在は別の病院で外来をやっているからです。2006年の時点では、まだ大学病院で受診しようと思えばできたのですが、外来はほかの病院にシフトしつつあったので、見学がてらに新しい病院へ行ってみました。
 新しい病院は、さながらホテルのようで、受付はまるでフロント! 待合もホテルのロビーのようです。まず検査着に着替え、診察室に入ると、大学病院とは違って看護師さんがつきっきりでサポートしてくれます。マンモは隣の部屋で、撮影が終わって間もなく再び診察室に呼ばれ、デジタル画像ですぐ確認。エコーも診察室内でmy主治医が自分でやってくれました。かなりゆっくり、のんびり、やったのですが、それでも全部で30分ぐらいで終了してしまいました。

2007年8月6日
 前回の受診から1年経つので、「そろそろ行こうかな?」というかんじ。術後8年経つので、もう1年に1回ぐらいで十分という状況です。my主治医とは、このHPの相談メールの関係などで連絡はとっていますが、受診は1年ぶり。たまたま午前中に別の検診(年に1度の子宮がん検診)の予定があったので、一日休暇をとって、午後に受診することにしました。
 実はこの日は、同じ主治医の患者仲間2人と会う予定となっています。1人は初対面なのですが、私の午前中の子宮がん検診の後に待ち合わせをしました。「はじめまして〜」ではありますが、ネット上でのやり取りはありますし、共通の知り合いがいたり、同じ病院を知っているので、初対面という感じはしません。その後、お昼を食べて目的の病院へ。昨年と同様、まず検査着に着替えて待合で待っていると、ほどなく名前を呼ばれました。この日の看護師さんは、つい1か月ほど前に乳癌学会でお会いしたかたで、なおかつ、共通の知り合いがいると判明したかたなので、すっかり打ち解けて受診できました。昨年同様、隣室でマンモ撮影。エコーは昨年とは違って、隣の別の部屋で受けました。今年は、PET−CTを受けることになり、予約を入れました。土曜日に検査可能ということで、助かります。
 診察室を出ると、会う約束をしていたもう一人の患者仲間に会い、血液検査、会計を済ませて、二人でカフェに行きました。

8月18日
 今日はPET−CTの日です。初めて受ける検査で、ほとんど体験のノリです。
 受付の後、検査着に着替えて、まずはペットボトルの水を渡され、検査内容の説明を受けます。そのあと、放射性薬剤(FDG)を点滴で入れ、安静室で水を飲みながら40分ほど待機します。安静室は全部で16室あり、それぞれ2畳弱ぐらいの広さで、ゆったりしたリクライニングシートと、テレビとインターホンがあります。時間になるとインターホンで呼ばれて検査室に入ります。器械は普通のCTとあまり変わらないように見えます。検査台に仰向けになって、その周りを器械がゆっくり動き、撮影する仕組みです。撮影時間は20分ぐらい。終了後、もう一度安静室で30分ほど休憩して終了です。最後の休憩は、放射性薬剤の放射線が抜けるのを待つようです。
 この病院は他院からの画像診断を数多く請け負っているようで、ここで検査を受けたという友人もいます。他院の患者は、自分の病院で検査結果を聞くようですが、my主治医はここで外来をやっているので、私は検査のすぐ後に結果が聞けます。検査のフロアから、乳腺外科のフロアに移動し、待合で少し待っていると、すぐに診察室に呼ばれました。撮影したものは、診察室のディスプレイに既に映されていて、「異常ありません」とのこと。「じゃぁ、また1年後ですね」と言って、診察室を出ました。
 この日は、「ときどきオッパイが痛いんだけど、マンモ受けたほうがいいかなー」と言いつつ、長いこと乳がん検診を受けていないという友人を、強引に受診させたので、終了後に待ち合わせてご飯を食べました。彼女も特に異常なしだったとのことで、よかったです。

2008年11月1日
 昨年の受診から1年以上過ぎてしまいましたが、やっと予約をとって受診です。
 1999年に職場の乳がん・子宮がん検診で乳がんが見つかってからは、乳腺は治療中ということで、職場の検診ではずっと子宮がん検診しか受けていなかったのですが、今年の夏は久々に乳がん検診を受けました。初めて主治医以外のドクターの触診を受けたのですが、特に異常なしとのことでした。そんなこともあり、少し間が開いてしまいましたが、主治医の所も年に1回の受診です。
 特筆すべきことは何もないので、淡々とマンモグラフィとエコー、触診、問診を受け、「異常なし」。また1年後に受診ということとなりました。来年は術後10年になりますが、その後はどうなるんでしょうね?

2009年9月19日
 この夏は、なんだか体調不良。5月ごろから頻繁に口内炎に悩まされ、一般健康診断では、肺に所見ありで経過観察を要すとの結果。6月の消化器検診(胃がん・大腸がん)では、胃のバリウムで要精密検査。7月末に初めて胃の内視鏡検査を受けました。バリウムよりも内視鏡のほうがマシという人もいますが、私の場合は「やっぱり内視鏡は辛かった」です。結果は逆流性食道炎と、ビラン性胃炎と、胃ポリープ。ただし、いずれも治療を要しないとのこと。7月の婦人検診(乳がん・子宮がん)では、なぜか乳腺が要精密検査。マンモグラフィは左(健側)しか撮らなかったのですが、「局所的非対称性陰影」という所見。また、8月の初めからずっと咳がとまらず、駅のホームで見かけるたけしの公告(結核)が気になります。今年は術後10年が経過し、「今後の受診はどうなるのかなぁ」と思っていたのですが、主治医にメールで尋ねてみると「年に1回ぐらいは受診してください」との返事。そうこうしているうちに、過敏性腸症候群(自己診断)の大発作。今回ばかりはちゃんと診断してもらおうと、近所の専門医を受診したら、やっぱり過敏性腸症候群との診断。あーあ。過去5年ぐらいの間に、注腸検査2回、大腸内視鏡1回、胃の内視鏡1回を受けたと言ったら、「それだけ検査していれば十分」と言われてしまいました。そんなもんなのでしょうかねぇ。
 あれやこれやもあることなので少し早めに予約をとり、検診の結果通知も持参して主治医を受診しました。久々の受診は、まずは問診。マンモグラフィ、胸部レントゲンを撮ってから、再度診察室に入り、今度は主治医が超音波。結局、結核でも肺転移でもなく、異常なしでした。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
この続きは「リスミンの乳がん日誌 Part2」になります。

前ページへ HOMEへ