●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
前ページへ 次ページへ
2002年1月17日
 2か月ぶりの受診日。今日は外科、形成外科、婦人科と3科受診です。
 まずは外科。11月に受けた健側(左)のマンモグラフィの結果は異常なし。問診と触診を受けて診察は終わり。来月はCTを受けることになりました。
 形成外科の待ち合いに行き、同じく3科受診予定の友人Y.K.さんと合流すると、久々にE.M.さんとばったり。待ち時間もお喋りであっという間です。形成外科は7月の受診以来6か月ぶりで、形成部位の状態を見ただけで終わり。また6か月後に受診です。
 最後は婦人科。11月に受けた子宮がん検査の結果を聞きます。これも異常なし。
 全部終わって外科の待ち合いに行くと、先ほどのY.K.さん、今日会う予定だったM.S.さんのほかに、やはりHPを通じて知り合ったM.N.さんがいます。ほかの人は既に知り合いなのですが、ワタシは初対面。しばらく4人で話していると、やはり同じ受診日のK.M.さんも登場。今日はまるで同窓会です。みんなの受診が終わってから、M.S.さん、Y.K.さんと3人で遅い昼食。食後のコーヒーを飲みながらのんびりお喋りをしていたら、またまた5時過ぎになってしまいました。

2月21日
 今日の予定は、まずCT。9時15分くらいに病院に着き、自動受付機で受け付けをしてから放射線部の受付へ。CTの部屋の前で待っていると、10分くらいで名前を呼ばれました。
 CT検査は1年半ぶりです。金属を身につけているとだめなので、家を出るときからノーブラで準備はOK。検査台に仰向けになって造影剤の針を入れてもらいます。万歳の状態になって撮影開始。予め録音されているアナウンスに従って、息を吸ったり吐いたりし、次に造影剤を入れてまた撮影。撮影時間は10分くらいです。
 放射線部を出てからちょっとトイレに寄って持参のブラジャーを着け、売店に寄ってお茶を購入。造影剤の影響でカラダがぼわんとしています。水分を沢山取ったほうが造影剤が早く排出されるとのこと。
 次は外科外来へ。CTの現像ができてからの受診なので、長く待つだろうと思い本を広げると、同じ受診日のE.M.さんがやって来ました。2人でお喋りをしていると、今度はメールで知り合ったI.M.さん登場。更にY.K.さんもやってきて、診察室に呼ばれたり形成外科に回ったりと、それぞれ予定をこなします。ワタシが呼ばれたのは11時ごろで、CTの結果は異常なし。次の診察は約2か月後なので後で決めることにし、次回の予約は入れませんでした。
 会計を済ませ、これから入院予定のI.M.さんを案内して病棟見学をしてからレストランへ。診断されたばかりで、まだ手術等について詳しく分からないI.M.さんに体験談を話しながら昼食をとりました。
 食事の後は別の友人と落ち合って、入院中の知人の病室で少しおしゃべりをし、更に駅前のスターバックスに場所を移して4時までのんびりお喋り。今日は暖かくて気持ちのよい一日でした。

4月25日
 またまた2か月ぶりの受診日です。
 9時30分ごろ病院到着。今日の予約は2週間ほど前にメールでお願いしたのですが、自動再診受付機に受診券を通すと、ちゃんと予約が入っていました。
 外科の待ち合いで待っていると、予約時間よりかなり早いにもかかわらず5分ほどで名前を呼ばれました。今日は混んでいるかもという話しだったのですが、朝のうちなので空いているようです。先生もこの時間帯はまだ余裕がある様子で、ワタシがレンタカーで事故った話しやメーリングリストの話しなど、けっこうのんびりおしゃべり。最近はゾラデックス終了後にノルバデックスを服用するケースが増えているという話しもしてくれましたが、ワタシのホルモンレセプターは基準値を若干下回っていて陰性なので、しなくてもよいのではないかとのこと。ワタシも積極的に受けたいという気持ちはありません。
 ワタシの体験談が掲載された本(聖路加の中村先生監修)をプレゼントすると「今日は聖路加に行く予定なんですよ」とのこと。聖路加のドクターとも親しく交流があるそうです。更に、ゾラ注の前にコールド・スプレーを試しているという話しもしてくれました。ワタシはゾラは終わっちゃったので関係ないのですが、注射の苦痛緩和を工夫しているそうです。
 診察後、血液検査を受けて会計を済ませてから、入院しているI.M.さんを訪ねて13階へ。しばらくデイルームで喋ってから、再び外科のロビーに行くと今日受診日のM.S.さん、Y.K.さん、さらにはM.N.さんにも会いました。昼ごろには全員の診察も会計も終わり、M.S.さん、Y.K.さんと3人で駅前のスカイラークへ。昼食後に外出許可をとって来たI.M.さんも合流し、結局、4時半まで心ゆくまでおしゃべりができました。

6月27日
 このところメチャメチャ仕事が忙しく、今日は受診後は出勤の予定。
 いつもと同じく9時30分ごろ病院到着。昨夜は、この病院を受診したいというメールをくれたかたがいたので、ドクターにメールでお願いしておきました。そのご本人がワタシの2人前くらいに呼ばれて診察室に入り、検査のために出てきたところでちょっとご挨拶。帰宅後にもらったメールによれば、スムーズに診察を受けられたようです。
 ワタシの診察は問診、触診と淡々と終わり、来月は術後3年になるので骨シンチを受けることになりました。1週間前に転んで大きな青アザになったところもちょっと見てもらいましたが、「大丈夫、消えますよ」とのことで、特に処置はなしです。
 受診後は、同じ主治医の友人二人と待ち合いで少しおしゃべりをし、その後は入院中の人を訪ねて9階病棟へ。初対面ですが、個室なので部屋に入れてもらって20分ほどお話しをしました。術後の傷の治りが思わしくなく、やや入院が長引きそうだとのことでした。

7月18日
 先月からずっと残業続きの毎日なのですが、休養も兼ねて「エイヤッ」と一日休暇をとって病院へ。
 骨シンチグラム(RI)の受付は10時なので、いつもよりやや遅めに病院到着。機械で受付後、地下2階へ行くと、ほとんど間髪を入れずに名前を呼ばれて診察室へ。アイソトープ同位体の注射をします。「次は形成外科に行くので、カルテを回してください」とお願いをすると、ドクターが「自分で持って行きますか?」聞きます。「以前、外科から形成に行くときに自分で持っていったら、看護婦さんに叱られちゃったんですよ」というと「患者さんに持たせてもよいということが、最近、正式に決まったんですよ」と言います。そうか、前は運用でやっていたから、怒られちゃったのねと納得。自分で持っていくことにして、運搬用のビニール袋に入ったカルテを受け取り、3階へ。婦人科の待ち合いを覗くと、友人のY.K.さんがいたので、お互いの診察が終わったら落ち合うことにしました。
 今日の形成外科はめちゃ混みです。このところの睡眠不足で眠いので、半分うつらうつらしながら待つこと1時間半。その間にY.K.さんは婦人科受診、外科受診、血液検査を終えて形成の待ち合いにやってきました。ほかの病院では3時間待ちがザラのようなので、まだましかも。やっと呼ばれて診察室に入ると、「いやー、お待たせしちゃって申し訳ない!」と、ドクターがやたらと恐縮していました。問診と写真撮影をして、次はまた6ヶ月後です。
 昼食を食べてから、再び地下2階の核医療の検査室へ行き、自分で運んできたカルテを渡して、骨シンチ検査です。30分ほどで終わって会計へ行くと、めずらしく30分ほど待たされました。いつもは10分くらいなのに、コンピュータのトラブルでしょうか。全部終了したのが2時過ぎで、それから二人で入院中のM.S.さんを訪ねました。

7月25日
 今日は、先週の骨シンチグラムの結果を聞きに行きます。毎月受診しているときは、翌月に聞けばよかったのですが、不定期の今は次回がいつになるか分からないので、結果をきくためだけの受診です。
 9:45ごろに外科の待ち合いに行くと、既に同じ受診日のE.M.さんがいます。少し話しをしていると、まず彼女が呼ばれ、しばらくしてワタシの番。診察室に入ると、先生が「熱発しちゃって、具合が悪いんです」とのこと。「ワタシもこのところ忙しくて、くたびれてるんですよー」などと言いつつ、骨シンチの結果は異常なしということと、先月の青アザはすっかり治ったことや、カイトのラインで右手甲に内出血しちゃった話しなど、問診だか雑談だか分からないような話しをしてから、胸の診察をしてもらいました。
 会計を済ませてから再び2階に行き、やはり今日受診のI.M.さん、M.S.さんと合流。全員の予定が済んでから4人でランチタイムです。ワタシは先週に引き続き、今日も一日休暇にしてしまいました。

10月3日
 超久々の受診です。こんなに受診間隔が開いた(2か月ちょっと)のは、はじめてかも。
 朝のうちに受診するというA.M.さんに会おうと思ったら、駅までのバスがなかなか来なくて遅刻。すれ違いになってしまいました。外科では10分も待たずに名前を呼ばれ、速攻で終了。診察室を出てくると、メールで連絡を取り合っていたS.F.さんが声を掛けてくれてはじめましてのご挨拶をしました。彼女が診察に呼ばれたので、ワタシは血液検査へ。途中でY.K.さんとばったり会ってビックリ。彼女の形成受診待ちの間はずっとおしゃべりし、計算窓口で処理を済ませてから外科へ行くと、今度はM.S.さんやN.T.さんもやってきました。更に、これから入院予定のM.N.さんとも会って会計が終わるまでいろいろお話しし、その後はM.S.さんと二人でランチ。相変わらず、何をしに病院へ行っているのかわからない一日となりました。


前ページへ HOMEへ 次ページへ