●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
前ページへ 次ページへ
2001年1月18日
 今年になって最初の受診日です。今日は1日休みをとったので、寒いけど気分はのんびり。9時半ごろ病院に着き、機械で受付をして外科の待ち合いへ。待っている人は沢山いるのですが、ワタシは2人目に呼ばれて待ち時間は10分足らずです。
 「おはようございまーす」「お待たせしました。いつも(メールの)レスが遅くてスミマセン」「とんでもないですぅ。この前の相談の彼女はすっごく喜んでましたヨ。いつもありがとうゴザイマス」「年末は大変でしたねー」「そーだったんですよー。丸2日寝ててもすごくだるくって、これは肝炎かーと思っちゃいました」「(救急部での)血液検査は問題なかったようですね」「結局、たいしたことなかったみたいです」「先月の首のリンパの腫れはどうですか」「あ、治りました。単なる風邪のせいですね」・・・で、17回目のゾラデックス注射をしたのですが、珍しくちょっと痛くて出血も多く、ガーゼを何枚も重ねて貼ってくれました。
 次は3ヶ月ぶりの形成外科で、ここでもすぐに名前を呼ばれました。今日は知覚検査をするとのことで、診察台に横になります。M医師が女性の学生らしき人に検査方法を説明しながら、温度を感じるかどうか、針が触れるとチクっとするかどうかなど、何ヶ所も検査しました。最後に今日も写真を撮っておしまい。「ワタシの(再建の)出来具合ってどの程度なんですか?」と訊いてみたら、間髪を入れず「かなりイイです」との答え。ふむふむ。ワタシの脂肪は“活きが良かった(!?)”とか。そのせいか、術後すぐと1年半後の今と比べても、大きさはほとんど同じ。柔らかさも本物に近くなっています。
 「また、3ヶ月後に見せてください」ということで、次回の予約をして終了です。

2月15日
 このところ仕事が忙しくてイライラモード。受診日も延期して仕事を片付けてしまいたいところですが、カラダの調子もあまりよくなく、早く先生に話しを聞いてもらったほうが安心できそうなので、午前中だけ休みをとって病院へ。前回の注射の跡がしばらくしこりになってしまったこと、このごろ疲れがたまっていること、再建乳房は柔らかくなってきたのに乳輪の奥だけ固さが残っていること、患側の乳首が時々痛むこと、10日ほど前に脳貧血のような症状になってしまったこと、などなどを話すと8ヶ月ぶりくらいで胸の診察をしてくれましたが異常はなさそう。帰りに血液検査をすることになりました。
 受診後は同じ主治医の患者仲間2人と入院病棟で少しおしゃべり。実はメールだけで今日が初対面なのですが、2人ともこのHPがきっかけでここに入院。ひとりは良性腫瘍で内視鏡による手術、もうひとりはワタシと同じ同時再建です。同時再建のかたは今日の午後に退院とのことで、がんばって今日病院に来て、ほーんと良かったです。(^_^)

3月22日
 今日は丸一日休みをとったので、のんびりと9時半過ぎに病院へ。この1ヶ月、精神状態はいたって良好なのですが、ほてりや術側の乳頭痛もあり、あまり体調はよくありません。11月から飲んでいる漢方薬があまり効いていないようなので、ワタシのほうからお願いして、試しに薬を変えてもらいました。今度は十全大補湯です。効くといいんだけど。
 先月の血液検査の結果は異常なし。でも、肋骨の痛みがときどきあると言ったら触診をしてくれて、これも異常なし。来月の受診のときに、骨シンチをすることになりました。
 19回目のゾラデックス注射は、麻酔もゾラ注もちょっと痛かったです。これは、切開したお腹の感覚が戻ってきているせいもあるのかな?
 診察が終わって会計をすませてから、待ち合わせの友人(患者仲間)を待ちます。友人は11時からの診察予約で、彼女の診察が終わるのを待って16階のレストランへ。食事のあとは、あまりにもいい陽気なので、ぶらぶらと散歩にでかけました。

4月19日
 先月一緒だった友人は急用ができて予約変更となり、久々に一人の受診日でちょっと寂しい。今日は骨シンチ造影剤注射→形成外科受診→乳腺外科受診→骨シンチ検査という予定です。
 10時に放射線部へ行くとすぐに注射をしてくれて、検査は午後1時から。2、3日まえから扁桃腺炎であまり体調はよくないのですが、検査には支障ないとのこと。次に形成なのですが、かなり待たされてしまいました。どうやら放射線部から回ってきたことを、自分で受付に申告しなければいけなかったようです。いつもと勝手がちがうので、大失敗! 診察は再建乳房の様子をみただけで、次回の7月に2年目の写真を撮りましょうということになりました。
 次は乳腺外科です。主治医のドクターは珍しく私服に白衣姿で、超忙しそう。「VIPに会ったり教授会に出たりするんでこういう格好なんです」と言っていました。いつもは上下とも白いユニフォーム姿が多いので、ワイシャツにネクタイ姿は初めて見るかも。超特急でゾラ注を終わらせると、ワタシが外科の窓口で話している間に、ワタシを追い越してどこかへすっ飛んで行ってしまいました。
 ワタシは再び放射線部へ。核のマークがついた黄色いスリッパに履き替えて待っていると、名前を呼ばれて検査です。トイレを済ませてから、ベルトなどの金具をできるだけ外して、ちょっと高い検査台に仰向けになります。四角い箱のようなものを顔すれすれにセットしスタート。頭から足の先まで20分くらい撮影して終了です。

5月17日
 先月会いそびれてしまった友人と、9時半にロビーで待ち合わせ。今日は比較的すいています。
 ワタシのほうが先に呼ばれて診察室へ。診察室には先月撮った骨シンチのフィルム(ワタシのガイコツ)が貼ってあります。結果は異常なしとのこと。まずはひと安心です。先月の扁桃腺炎が治ったあとは体調はあまり悪くないので、いつもの注射をして診察は終了です。診察室を出ると友人が心配顔で待っています。「大丈夫だったよ」と報告すると、「長かったから心配したぁ〜」と言っていました。自分ではいつもと同じくらいの時間のつもりだったのですが、待ってると長く感じるのかも。次は友人の診察で、彼女は最後のゾラ注です。
 1階で会計を済ませ、二人でお喋りしながら薬の出るのを待ったのですが、これが遅い! 1時間近く待ってやっと薬を受け取りました。

6月19日
 今月は学会等のためドクターの診察日が半減してしまったので、混雑カクゴです。9時半に外科の待ち合いに行くと同じ主治医のY.K.さんがいました。彼女が先に呼ばれて診察室へ、しばらくしてワタシの番です。ここ1カ月は発汗がひどく、十全大補湯が全く効いてないようなので、また漢方薬を変えてみることにしました。今度は加味逍遥散を試してみます。
 診察終了後、1階ロビーに降りて行くと、K.A.さん(別の主治医の同病仲間)にばったり。3人で早めのランチをすることにしました。K.A.さんは12時から婦人科の受診予定なのでY.K.さんと二人で入院中のM.S.さんを訪ねました。途中からM.S.さんの同室のかたとK.A.さんも加わり、お互いの担当医を肴に超盛り上がりのお喋り大会になりました。
 帰りに本屋に寄って、「がん治療最前線」という雑誌を立ち読み。実は、このホームページのことが7月号に取り上げられているのです。同じネット仲間のうぃんままさんの記事の中なのですが、トップページの写真もあって、ちょっとうれしい。でも、買いませんでした。ゴメンナサイ!

7月19日
 暑くて溶けちゃいそうな毎日ですが、今日は曇り空。日差しがないだけ、少しましかも。
 9時30分、病院到着。今日は、偶然にも同じ受診日になった人が多く、何人に会えるか楽しみです。外科の待ち合いに行くと、今年1月に手術したE.M.さんが既に来ていました。まだあまり混んでいないようで、すぐに呼ばれて診察室へ。その後ワタシが呼ばれて受診です。10日ほど前に丸一日再建乳房が痛かったことがあり、それを話すと診察してくれましたが、異常はなさそう。加味逍遥散も前のよりは効き目がありそうなので、続けることにしました。最後に23回目のゾラデックスをしておしまいです。
 形成外科は今日はM先生が一人のようで、なかなか順番がまわってきません。待っている間に、Y.K.さん、M.S.さん、K.M.さんが現れ、さらにmy主治医が執刀のM.A.さんも加わって同窓会状態に。全員が知り合いというわけではないのですが、同じ病棟、同じ主治医、そしてこのホームページゆかりのかたということで、すぐに打ち解け、ランチ&お茶をしながら、たーっぷり情報交換しました。

8月23日
 ここ1週間ほど涼しい日が続いていましたが、台風一過の東京は久々に夏日です。
 9時30分、病院到着。最近は、いつもこの時間です。2階の外科待ち合いに行くと、今日受診するという友人が丁度診察室から出てきました。彼女は次の検査までにちょっと待つ必要があるとのことで、長いすでお喋りタイムです。今日の外来はめちゃ混みで、めずらしく1時間ほど待ちました。
 やっとワタシの名前が呼ばれて4番の診察室へ。漢方薬はさほど効き目が感じられないので、今回は処方してもらいませんでした。しばらく婦人科検診を受けていないので、「次回あたりに依頼しましょう」とのこと。また、ホルモンレセプターについては、現在、過去の検査データを見なおしているとのことで、分かったら詳しく教えてくれるそうです。免疫染色での検査も可能だとのこと。最後に24回目(最終回)のゾラ注をして終了です。ホームページに来た相談メールの話しなどしていたら、ちょっと長くなってしまい、反省! お待ちの患者さんがた、ゴメンナサイ!

9月27日
 NHK朝ドラ「ちゅらさん」を見てから家を出、丁度9時30分に病院到着。今日の待ち時間は30分余り。もうゾラ注はやらないので、問診と触診のみです。ホルモンレセプターについて、免疫染色の方法で調べなおしてくれたそうですが、やはり若干の反応があったとのことで、ワタシの場合は最初の数値通り、ボーダーラインのようです。今日はこのあと血液検査をすることになりました。
 廊下に出ると同病仲間のM.A.さんにばったり会って少しお喋り。血液検査はかなり混んでおり、戻ってきてから今日待ち合わせのM.S.さん、Y.K.さんと合流しましたが、診察がかなり遅れているようで、全部終了したのは午後2時になってしまいました。その後、入院中のN.T.さんを交えて4人で病院内のレストランへ行き、結局5時半くらいまで長居をしていましました。病気や治療や病院スタッフについての情報交換は、話しが尽きません。病院を出てからも駅前の店に3人で入り、更に2時間ほどお喋り。長い長い通院日になってしまいました。

11月22日
 ずっと月1のペースで受診していた外科ですが、初めて2か月ぶりの受診です。
 待ち時間は10分足らずで、今日は待ち合いロビーもすいているカンジ。問診、触診を受けて、今日はこの後、婦人科検診を受けることになりました。更に「左側(健側)は一度もマンモを撮ってないんですよね」と話しをしたら、「そうですねぇ。じゃあ、今日やりましょう」ということになって、検査のオーダーを入れてくれました。
 婦人科は前回の受診から1年半以上経っているので、初診受け付けをやりなおしです。3階の婦人科ロビーはさほど混んでいない様子ですが、なかなか順番が回ってきません。友人と待ち合わせがあるので時々外科のロビーを覗きに行き、結局呼ばれたのは12時近く。今日はエコーなどもやって時間がかかり、結構痛かったよ〜。(T_T) 「ちょうど排卵してますね」なーんて指摘もされ、「2週間くらいで生理になるかも」とのこと。せっかくだから、もう少し止まっていてくれたほうがいいのに、これもユウウツ・・・。
 最後に放射線科に行ってマンモグラフィですが、準備をして機械の前に行くと「じゃあ、右側から」とのこと。「あのー、こっちは乳腺がなくて、再建してるんですが・・・」と言っても、なかなか話しが通じません。再建側は撮影しなくていいのか、ワタシにも自信がありませんが、あれで挟まれたらすっごく痛そうです。外科に電話してくれたのですが、ドクターがつかまらず「じゃあ、左(健側)だけやって、右も必要ならまた来てください」なーんて言うのですが、そうそう簡単に来られません。とにかく、まず左の撮影をして、もう一度ドクターに問い合わせてもらいました。外来→医局→教授室?→会議?とえんえんと追いかけて、やっと連絡がとれたようで、やはり撮影は左のみと判明。一件落着です。
 会計を済ませて外科の待ち合いに戻ると友人2人の点滴も終わり、合計4人で遅い昼食をとりに出かけ、おしゃべりタイムに突入です。


前ページへ HOMEへ 次ページへ