●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
前ページへ 次ページへ
2000年1月4日
 新年早々、乳腺外科へ外来受診です。さすがに待合コーナーはがらんとして3人くらいしか待っている人がいません。
 今日は5回目のゾラデックスの注射です。

2月3日
 今日は乳腺外科、形成外科、婦人科へ外来受診。
 まずは乳腺外科で6回目のゾラデックスの注射。突然来る肩こりと右手中指の関節痛の原因は不明。先月、注射のあとに貼った粘着剤つきのガーゼのあとがかぶれてしまったので、今日は普通のガーゼとテープにしてもらいました。カルテを持たされて、その後、形成外科受診。6ヶ月経ったので写真をとると言われたのですが、皮下注射をしたばかりで、お腹にはガーゼを貼ったばかりです。婦人科にも行くことになっているので、最後に再び寄ることにしました。その後婦人科へ。
 婦人科は外科と受付方法が違うようで勝手がわかりません。初診の手続きがまた必要だとのことで、1階で手続きをし、また3階へ。問診票を書き、尿検査、血圧測定、体重測定をしてから診察室の前で待ちます。診察室に呼ばれるとまずはいろいろ問診を受け、そのあと上半身を脱いで聴診器で診察。それが終わると例の診察台のある部屋へ入り、子宮体がんの検診です。これは結構痛かったです。骨密度の検査は予約が必要で、しかも、日時が限られています。結局、3月9日9時からの予約をし、結果は今日の検査結果と併せて3月16日にまた聞きにくることになりました。
 その後は血液検査、そして再び形成外科。全部終わったときは11時半になってしまい、最後に会計の所でもらった予約票は4枚になってしまいました。

3月9日
 二日ほど前から風邪(恐らくインフルエンザ)をひいてしまい、体調は最悪。8日は休暇をとって丸一日寝ていました。熱は平熱になったものの、身体中が痛くて咳も出ます。今日は骨密度検査の予定なのですが「検査に影響あったらどうしよう」と思いながら、病院についたのは9時10分前。いつものように機械に受診カードを通した後、3階の産婦人科で受け付けをし、1階の放射線部の一番奥の18番ドアの前で待ちます。私と同時に受付をした人が先に検査を受け、6〜7分ほどで出てきて次が私です。
 骨密度の検査室は8畳くらい。脇に半畳ほどの個室があり、そこに荷物を置くよう指示されます。1メートルくらいの高さの検査用寝台があり、そこに横になるようなのですが、腰の部分を撮影するとのことで、ボタンや金属が写らないようにボタンやベルトを外し、検査台に仰向けになります。脚はひざから下の部分に箱のようなものを入れ、丁度腰が曲がるような具合になります。しばらくじっとしているように言われ、「ウィーン」というカンジの音がして、撮影(?)が始まり、3分くらいで終わりました。終わってから検査台に座ってボタンをとめていると、私がもたもたしていたせいか「降りてやってくだい」と言われてしまいました。次の検査の人が待っているようで、せかされるように検査室から出されてしまいました。
 次は乳腺外科です。いつもの待合で待っているとすぐ名前を呼ばれ診察室へ入ります。私がマスクをしているので、いきなり主治医のドクターから「花粉症ですか?風邪ですか?」と聞かれてしまいました。「風邪です」と答え、これまでの風邪の症状を話すと、「熱があるときは(ホルモンの)注射もあまりよくないが、その程度なら大丈夫でしょう」と言い、予定通り注射をすることになりました。それから、前回行った血液検査の結果の話しがあり、「数値はすべて正常。腫瘍マーカーも問題無しです」と、ドクターもうれしそうです。注射(7回目)をした後、のどの状態をみてくれて、風邪の薬も処方してくれました。
 次回の予約をする際に、「4月13日が形成外科の受診予定なのですが」というと、その日は学会でドクターの診察はお休みとのこと。「でも、朝のうちならいますから、この日にしましょう。」と休診にもかかわらず予約を入れてくれました。放射線部でやや邪険にされてしまった後だったので、こんなチョットしたことが、幸せな気分にさせてくれます。
 会計を済ませ、薬ももらった後、医療費の事を窓口に聞いてみました。実は、7月の入院費用が高額療養費に該当し戻ってくるはずなのですが、まだ戻ってきていなかったのです。入院掛で聞くようにといわれ、地下の入院掛へ行って話しをすると、いろいろ調べてくれました。しばらく待たされたあと、支払い基金で止まっているらしいこと、病院からの手続きはきちんとしているので、もう少し待ってほしいとの回答がありました。

3月16日
 今日は子宮がん検診と骨密度検査の結果がでる日です。産婦人科の受診予約は11時なので、朝はゆっくりできると思っていたら、なんと微熱と頭痛。8時ごろまでベッドでごろごろしていると熱は平熱になったようなので、食欲が無いながら無理やりトーストを食べ、頭痛薬を飲みました。
 出かけるころにはなんとか頭痛も軽くなり、10時過ぎには病院に到着。予約してあっても早く受け付けしたほうが受診も早くなるはずなのですが、今日の産婦人科はめちゃくちゃ混んでいます。やっと名前を呼ばれたのは12時過ぎ。1番の診察室に入ると2月の受診のときに検査をしてくれた先生です。子宮がん検診の検査結果は異常無し。骨密度は正常値の93%とのこと。70%を切ると骨折の恐れが出てくるということですが、今のところまだ大丈夫のようです。カルシウムを多く摂ったほうがいいですか?と質問してみたのですが、あんまり効果はありませんとのこと。まぁ、これ以上の減少を防ぐ効果はあるでしょうが、骨密度を増やすのは難しいらしいです。
 診察が終わると12時半くらいで、職場に電話し、結局丸一日休むことにしました。

4月13日
 今日は厄日です。
 外科の通院の日なのですが、学会でドクターは休診。でも、朝のうちなら診察できるということで、呼んでもらうことになっていたのですが、なぜか、一般外来の医師にも受付の看護婦さんに話しが通ってなく、「先生は学会でいません」の一点張り。結局、一般外来の医師がみてくれることになったのですが、カルテがしばらく見つからなかったようで、名前を呼ばれるまでに散々待たされてしまいました。さらに、診察室に入って少し話をし、診察もしてもらったのですが、注射の準備ができてないので今日はゾラデックスの注射はできないということになり、結局、18日にもう一度来ることになってしまいました。
 この日は元々形成外科の受診日だったので、次に形成の待合で待っていたのですが、こちらもなかなかお呼びがかかりません。そのうち、形成外科の受付の看護婦さんから名前を呼ばれ、「1階の機械で受け付けしましたか?」と確認されてしまいました。どうも、コンピュータの具合か何かで、ワタシの受け付けデータが無くなってしまったようです。
 やっとの思いで診察室に入ると、いつものM医師です。今日は知覚検査をするとのことで、診察台に横になるように言われました。検査は、再建した胸の乳首の周辺に重りの付いた針のようなものを当てて、どのくらいで感じるかを何度も試すものです。いつもの診察より時間がかかったので、今日聞こうと思っていたことを、すっかり忘れてしまいました。
 やっと診察が終わったのですが、今度は支払窓口が混んでいて、またまた待たされてしまいました。仕事は午前中しか休みをとってなかったので、時間が気になりイライラです。病院を出たのは12時を大きく回ったころで、職場に付いたのは滑り込みセーフの時間。結局、お昼ご飯は食べそこねてしまいました。
 先月の受診のときには、主治医のドクターのちょっとした心遣いに幸せな気分になったのに、今月はサイテーです。あやうく涙が出そうになってしまいます。4月に人事異動があり、新しい職場でてんやわんやの状態なのでストレスが溜まり、精神的にも不安定になっているときだったので、主治医に会って話しをできなかったことが、落ち込みに追い討ちをかけてしまったようです。

4月18日
 13日に予定していた注射ができなかったので、今月2回目の受診です。気分が落ち込みぎみなので、「今日も何かの手違いで、ドクターに会えなかったらどうしよう」と悪い方へ悪い方へと考えが行ってしまいます。
 病院に着いたのは8時45分ごろ。10分もしないうちに名前を呼ばれ、診察室に入るとすぐ「このまえは申し訳ありませんでした」とドクターが言ってくれました。とりあえずは「ホッ」という感じです。婦人科検診の結果の確認のあと、いつものように1ヵ月間の様子を報告。この際とばかりに、気になっていたことを色々話してしまいました。先月の風邪の後なかなか咳がぬけなかったこと、右の肋骨が痛んだ事、手術したほうの乳首が時々ピクピクすること、人事異動のストレスのせいか最近気分が落ち込んでいること、などなど。気のせいか、ドクターもいつもよりよく話しをきいてくれているようです。診察台に乗り胸の診察をしたあとゾラデックスの注射をし、今日の目的は達成です。早いもので、もう予定の三分の1の8回終了です。
 ひととおり診察が終わったあとも少し雑談をしたせいか、気分も少し軽くなりました。次回は5月16日。

5月16日
 今日は乳腺外科へ月1回の受診日です。
 先月の受診の際に、このホームページのことをドクターに告白(!)したので、それ以後、何度かメールのやりとりをし、1ヶ月ぶりという感じがしません。でも、メールで言いたいことをいっぱい書いちゃったりしたので、面と向かって話しをするのがちょっとテレてしまいます。ドクターも「ヘタなことするとホームページに書かれちゃうから緊張します」と冗談半分で言ってました。
 1ヶ月間の状態を報告した後、胸の診察とゾラデックスの注射をしました。それから、そろそろ1年になるのでCTの検査をするとのことで、来月の受診の際にやることにし、一緒に予約を入れました。
 先月の清算のときに気がついたのですが、診療報酬が変わったようです。これまで、注射を打ったときには自己負担分(2割)が13,430円だったのですが、4月から11,870円になりました。

6月15日
 午前9時過ぎ病院到着。今日は一日休みをとってあるので、なんとなくのんびりです。いつものように1階ロビーの機械で受付の処理をした後、2階の外科外来へ。朝一番ではないのに、なぜか待合はすいています。待たされるのをカクゴで本を持ってきたのに、表紙を開く間もなく名前を呼ばれました。
 診察室に入ると、「昨日、お誕生日だったんですね。おめでとうございます」と言ってくれました。めでたいかどうかはともかく、こういう一言はウレシイですねー。(^_^)たんじゅ〜ん
 前回の受診から1か月の間に、いつ、どこが痛んだかなど、ワタシはすぐ忘れちゃうので、最近はメモに書き留めてあります。まずはそれを報告。一番危なそうな症状は、手術した側の乳頭の周辺が反対がわに比べて温かく感じること。それも、「たぶん大丈夫でしょう」とのこと。今日は両脇のリンパ節のチェックも念入りにしてくれましたが、問題なさそうです。
 今日はドクターも少し余裕がありそうなので、10回目のゾラデックス注射をしてから、今日これから受けるCTのことやメーリングリストのことなどちょっとおしゃべり。来月は、同じ主治医の患者仲間(実はメールだけでまだ会った事がない)と会う予定にしているので、約束の日時で受診予約を入れます。
 次は形成外科。ちょっと待ってから診察室に入りましたが、今日はデジカメで写真を撮っただけで、3分診療です。
 予定の11時より少し早いですが、放射線部へ行って受付をし、CTの部屋の前で少し待ちます。名前を呼ばれて入ると、40平米くらいの広さの部屋に機械があり、これがCTのようです。服は金具がついているものだけ脱いで検査台に仰向けに寝ると、まずは腕に点滴の針を刺されます。MLでの話を聞いていると、手術前にCTをやる人が多いのですが、ワタシの手術前はMRIだったので、この検査は初めてです。若干の説明があった後、ばんざいをした格好で腕を上にあげたまま、検査開始です。じっとしていると検査台が動いて、リングのようになっている照射部(?)の中をゆっくりとスライドします。録音されたアナウンスで「息を吸って止めてください」「ラクにしてください」などと指示があります。ひととおり撮影した後、今度は造影剤を注入しながらの撮影です。造影剤が入ると、すぐに身体全体がボヤンと温かくなり、息を止めているとちょっと苦しい感じがします。検査を中止してもらうほどではないので少し我慢していると、割合早く検査終了となりました。
 検査台から降り、注意書きの紙を渡されて終了です。この検査は、造影剤の影響で具合が悪くなることがあるらしく、渡してくれた紙には、異常があれば主治医に連絡をするようにとの注意書きがあり、電話番号なども書いてあります。
 すこしクラクラしますが、会計を済ませてから一旦街へ出て買い物をし、再び病院へ。実は、メールで知り合った人が同じ主治医のもとで手術することになり、昨日から入院しているのです。懐かしい9階の外科病棟に行き、スタッフステーションで病室を聞いてから会いに行くと、丁度シーツ交換中で廊下にいました。二人でデイルームに行きいろいろ話をしましたが、メールで何度もやりとりをしているせいか、初対面という感じがしません。年は私より10歳くらい若いかたなのですが、考え方が似ているようです。彼女は、ワタシのホームページがきっかけで思いどおりの主治医に出会え、快適な病院に入院することができたと、とても喜んでくれていました。

7月18日
 今日は、同じ主治医の患者仲間と会う約束をした日です。先月会った彼女も退院後の初外来が同じ日になったので、3人で会うことにしました。
 新宿で用事を済ませてから10時ごろに病院に着くと、外科外来の待合ロビーはメチャ混み。本を読みながら待っていると、彼女のほうからワタシを見つけてくれました。2ヶ月間もメールであれこれやり取りしていたので、“はじめまして”というのもヘンな感じです。
 長いすでお喋りしながら待っていると、私の診察の番になりました。いつもの4番の診察室に入ると、ライトボックス(ていうのかな?)に、ずらりとレントゲン写真が貼ってあります。先月受けたCTの写真です。「これが肺、これが胃、これが肝臓・・・」と、一つ一つ説明してくれて、いずれも異常はなく、とりあえず一安心です。内臓周りの脂肪について聞いてみると、意外や「少ないほうです」とのこと。(ちょっとウレシイ)。傷跡が時々ちくちく痛むことや、再建側のオッパイの下がすれて痛くなることなど、一ヵ月間の状態を報告。いずれも特段心配することではないようです。このところよく足が攣ることについては、たぶん電解質の量の問題とのことで、気になるようなら漢方薬を処方しますと言ってくれたのですが、さほど気にならないのでやめました。その後、ゾラデックスの注射(11回目)です。今日はやや出血が多く、ガーゼを3枚重ねて貼ってくれました。
 3人とも診察が終わってから、お昼ご飯を食べに出掛けました。外科外来の待合でも、会計を待つ間のロビーでも、ずーっと喋っていたのですが、お昼を食べながら更にしゃべりまくり、気がついたらナント4時! 三人三様の入院生活や手術跡のこと、主治医のこと、形成の担当医のこと・・・etc. 同じ病院に通う同じ病気の者同士ならではの話題で、すっかり打ち解けてしまいました。

8月17日
 猛暑続きの東京ですが、今朝はやや気温が低くしのぎやすい感じです。予約の9時半ちょうどくらいに病院に到着。今日は病院全体がすいています。10分ほど待っていると名前を呼ばれました。
 診察室に入って、まずは一ヶ月の状態の報告。この一ヶ月は特になにもありません。脹脛が時々痙攣することについても、普段は月に1回程度なので心配することはないようです。(痙攣は月1くらいですが、足が攣るのは週に1〜2回あります。言うの忘れちゃいましたけど・・・>先生!)
 それから、これまでの検査結果のデータの写しなどをもらえるかどうか聞いたところ、血液検査の結果はすぐプリントアウトしてくれました。病理の結果は手元にないので、来月、写しをくれるということです。メーリングリストに参加してから、ほかの人達があまりにも勉強熱心なのに触発され、自分もちゃんと知っておかなくちゃという気持ちになったのです。リンパ節郭清の範囲も知らなかったので聞いてみたところ、レベル3だったそうです。
 ひととおり話しをしてから、ゾラデックスの注射(12回目)をし、次回の予約をして終了です。今日は、一年目の血液検査をすることになったので、最後に採血所に寄ることになりました。
 診察室を出ると、先月会ったH.K.さんが待ち合いにいました。彼女は外科の診察のあと骨量測定があるということで、お互い終わったら1階ロビーで会いましょうということにし、ワタシは形成外科へ行きました。
 形成では、今日は再建部分の知覚検査がありました。痛覚や触覚、温度の感じ方などいくつか検査したのですが、どうもワタシはかなり鈍いようです。まぁ、生活に支障はないので、気になりませんが・・・。最後に今月も写真を撮って形成は終了。その後採血に行き、清算を済ませると、ちょうど会計の窓口に来たH.K.さんと会いました。入院中にH.K.さんと同室だったというかたも偶然会ったので、3人で駅近くのお店にお昼ご飯を食べに出かけました。

9月21日
 この1ヶ月は、すごーく長く感じました。やっと受診日がきた〜!って感じです。
 実は、8月末ごろに精神的な落ち込みがあり、ドクターにメールでぐちぐち言ったりしちゃったのです。自分が受けているホルモン療法についても、しつこく理由を聞いたり・・・。別段、ホルモン療法の副作用である更年期鬱的な症状でもなく、単なる気分の落ち込みなので、1週間くらいで上向きに転じました。今はすっかり回復したのですが、今日は、ドクターがホルモン療法について書いてある専門誌の記事のコピーを用意しておいてくれました。(ドクターに感謝!です)
 先月の血液検査の結果は、全て正常値。腫瘍マーカーも5種類検査したそうですが、どれも異常無しだそうです。
 13回目のゾラデックス注射のあと、研究のデータ集めに協力してほしいという話があり、隣の診察室でアンケートに答えました。

9月30日
 数日前から患側の腕の付け根にブツブツができています。初めは虫刺されかと思っていたのですが、1週間経っても治らないので、鈍感なワタシでも「これは虫刺されではない」と思い始めました。「ひょっとしたら皮膚に再発かも? でも、こんなに痒いはずはない」と急に心配になりドクターにメールで相談。ルール違反かもしれないけど、患部をデジカメで写してメールに添付しました。
 メールを発信した直後に「症状がヘルペスに似てるゾ。ピリピリ痛いし・・・」と思い当たり、案の定、ドクターからの返信にも「ヘルペスかもしれない」と書いてありました。原因が判明し、これで一安心です。

10月19日
 9時少し前に病院到着。機械で受け付けをして外科外来の待ち合へ行くと、今日は空いているカンジ。10分くらいで名前を呼ばれ、診察室に入ります。毎度のことですが、部屋に入ると、まず「調子はどうですか?」と訊かれます。前日に職場であった体力チェックテストのおかげで筋肉痛はありますが、8月末の落ち込み以来、精神的には問題なく、ヘルペスも治ったし、ときどき脹脛が痙攣するくらい。あ、最近またホットフラッシュがひどくなったかな。ドクターは「漢方薬、処方しますか?」と言ってくれたのですが、「う〜ん、まだいいです」と、様子を見ることにしました。
 ひととおり話しが終わってから最後にゾラ注をするのですが、今日は静脈にあたってしまったようで、しばらく注射あとを押さえていてくれました。
 外科が終わって、自分でカルテを持ったまま、次は形成外科です。こちらもあまり待たずに名前を呼ばれ、診察室に入ります。今日は研修医か学生のような人が同席していました。
 形成のM医師も、主治医のドクターと同様に「どうですか?」と訊きますので、再建側が健側より1センチくらい下がっていること、再建側の上部がへこんでいること、脇が膨らんでいることを言いました。前から分かっていることなのですが、気になるようなら、やはり再手術ということになり、かなり大掛かりになるとのこと。結局はワタシ次第のようです。

11月21日
 今日も9時少し前に病院到着。待ち時間も約15分。今回は特に変わったことはないのですが、秋になってからホットフラッシュがぶりかえしてきたので、漢方薬を処方してもらうことにしました。桂枝茯苓丸というものです。とりあえず2週間分ですが、毎日3回きちんと飲まなくてもいいそうです。注射も今日はすんなり終わってしまいました。
 今日は、受診後に会う約束をした人が二人もいて、まずは9時半にAさん(同じ病院ながら主治医は別)と待ち合わせ。初めて会うのですがすぐ分かり、お互いの主治医を肴に、以前からの知り合いのように話しが弾んでしまいました。
 Aさんは11時半から放射線とのことで、次はKさん(同じ主治医)と待ち合わせ。16階に新しくできたレストランでランチしながら約1時間半。彼女は1時半からの診察なので、ワタシはそれから職場へ向かい、夕方まで仕事でした。

12月21日
 病院の前に銀行で用事を済ませたので、外科の待ち合いに着いたのは9時15分ごろ。ワタシの前に2人くらい呼ばれて診察室に入りましたが、いずれも5分くらいで終了し、次はワタシです。
 この1か月、特に変わったことはないのですが、掌の脇に湿疹ができた所の跡を見てもらったり、10月のヘルペスの跡をみてもらったりし、いずれも問題なし。注射をして1月の予約をして終了です。計算窓口へ行くと「お薬はないですね」と言われて処方がないことに気がつき、もう一度外科の受付に行き聞いてみると、どうやらうっかり忘れていたようです。
 今日も、先月会ったAさんと待ち合わせをし、16階のレストランでおしゃべりをしながら早めのランチをしました。

12月31日
 今年最後の受診が終わって、やれやれと思っていたのに、なんともう一度病院に行ってしまいました。
 実は12月23日からベトナムへ旅行に出かけたのですが、旅行の最後の日ぐらいからお腹の具合がおかしくなり、日本に着くと同時にダウン。お腹はおさまったものの若干の発熱と頭痛もあり、丸2日寝ていたのですが倦怠感がなかなか抜けないので「ひょっとしたらA型肝炎か?」と不安になり始めました。で、乳がん治療で通院している大学病院に電話してみると、診察してしてくれるということになり受診。
 初めは整形外科の研修医と思われる医師が問診をしてくれて、あまり心配することはないと言われたのですが、呼吸器科の医師にバトンタッチしてから「心配なら血液検査をしましょう」と言ってくれて検査した結果、肝機能はまったく問題なしでひと安心。でも旅行先がベトナムと判明したとたん、あわてて「念のため」といろんな菌に効くお腹の薬を処方してくれました。
 安心したせいか家に帰りつくと倦怠感も薄れていて、なんとか平和なお正月が迎えられそうです。

前ページへ HOMEへ 次ページへ