●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
前ページへ 次ページへ
1999年8月4日
 退院がちょっと遅れて病院で十分に静養したので、今日から出勤することにしました。7月中の仕事は大丈夫なようにしておいたのですが、8月にずれ込んでしまったのは予想外です。月初めにやらなければいけない仕事がいくつかあるのですが、8月は特に忙しい月ではないので、3日仕事したら1日休みをとることにしました。
 出勤すると案の定、皆が「大丈夫?」と聞きます。「自宅療養の必要はありません。力仕事はできません。当分は7割くらいのカンジで仕事します。」と宣言し、たまっていた仕事を片付け、定時まで仕事をして帰りました。

8月13日
 退院して初めての外来の日です。たまっていた仕事が片付き一段落したところなので、丸1日休暇をとりました。今日の受診は形成外科。まず、受付の機械に診察券を入れたのですが、予約が入っている形跡がありません。退院の日にI医師が「13日に予約入れておくよ」と言っていたのに、コンピュータにインプットし忘れたのでしょう。案の定ってカンジです。
 退院のときにもらった外来の予約カードを案内の人に見せると、皮膚科の再診の手続きをしてくれました。その後、皮膚科の外来窓口に予約カードと再診の券を渡すと、ロビーで待つようにといわれます。しばらく待っていると名前を呼ばれ、診察室に入ると担当は形成外科の若いT医師でした。傷口を見せると、胸の傷についていたカサブタを全部とってくれました。もうしばらくガーゼをしていたほうがよいということで、傷口には市販の消毒薬を塗るようにといわれました。テープを貼ったところがかぶれて痒いと言うと、カユミ止めの塗り薬を処方してくれました。次回は2週間後とのことで、27日の予約をいれて受診は終わりです。
 退院して10日ほどなので、病棟を訪ねることにしました。9階に行くとスタッフステーションの前にSA医師がいます。あいさつをすると、「元気そうだね。具合どう?」と言ってくれました。他にも顔見知りになった看護婦サンに何人か会い、懐かしい気持ちになりました。907号室にはみんな在室していて、特にMさんとKさんは大歓迎してくれました。ワタシがいた窓際のベッドにKさんが移って、後から新しい人が入ってきたそうです。Hさんは10日前とあまり変わらないようで、ベッドに寝たままでした。Mさんはもうすぐ退院できそうだと、うれしそうでした。
 今だから言うわけではありませんが、実は、入院生活はそれほどイヤではありませんでした。やることがなくてヒマをもてあましたのが最大の難点でしたが、看護婦さんも同室の人も皆いい人で、病棟も快適でした。体の状態が不快だったのも3、4日だったので、「早く退院したい」という気持ちは、あまり切実にはありませんでした。このまま退院できずに死んでしまうという恐怖感がなかったせいかもしれません。

8月17日
 今日は乳腺外科へ外来受診です。ワタシの主治医のドクターの外来はいつも混んでいるということなので、予定より早めに着くように出かけましたが、今日はけっこうすいています。お盆のせいでしょうか。
 受付をして30分ほど待っていると名前を呼ばれ、いつもの四番の診察室に入ります。そういえば退院のときはドクターに会わずじまいでした。傷口を見せて、退院後の状態について少し話をしてから、たいした検査もないのに手術前の入院期間が長かった件について聞いてみると、手術の日取りが決まるのが直前なので、入院のときには手術まで何日になるか分からず、結果として長くなってしまうということでした。入院中に頼んでおいた診断書については、後日、郵送してくれるとのこと。手術で摘出した乳腺の組織検査はもう少し時間がかかるが、ホルモン療法をやる予定なのでホルモンの量を確認するため血液検査をするようにとの指示がありました。3階で採血してから帰るようにということで、次の受診の予約をして診察室を出ました。
 3階に行こうとしてエスカレーターの方へ向かうと、知った顔にばったり。なんと同じ職場のTさんです。彼女もワタシと同じように乳がん検診で精密検査を勧められ、この病院に来たそうです。今日が3回目で、検査の結果を聞きにきたとのこと。ワタシがすでに手術も済んで、退院したときいてとても驚いていました。Tさんが呼ばれて四番の診察室に入りました。終わって出てくると、結局はがんではなく、乳腺症のようだとのこと。念のために6ヶ月後にもう一度来ることにして、今日は終わりです。
(注)当時は入院期間が今より長く、手術に備えての心肺機能検査などは、入院してから行っていました。現在は手術日や術式が先に決まり、その2日前に入院するというのが普通になっています。そのため、心肺機能の検査なども、外来で済ませるそうです。

8月27日
 午前中に休みを取って、今日は2回目の形成外科受診です。機械で受付をしたあと皮膚科へ行くと形成外科の担当は今日もT医師。乳首のところだけに貼っていたガーゼは、もうとってもよいと言われました。一昨日、美容院ではげを発見されたので言ってみると、皮膚科の先生に回してくれました。「イワユル円形脱毛症なら放っておいてもそのうち治るでしょう?」と思ったのですが、別の病気のこともあるので見てもらったほうがよいと言われました。
 皮膚科はN医師。はげ部分の大きさを計ってから、薬を処方してくれました。次回は9月24日。それまで様子を見るということです。

8月31日
 乳腺外科へ2回目の外来受診です。9時ごろに到着し、割合すぐに名前を呼ばれて四番の診察室に入ります。前回の血液検査の結果、ホルモンの量が比較的多いので、やはりホルモン療法をやったほうがよいとの話がありました。ホルモン受容体はマイナスだが、これは数値で多い少ないを判断するため、プラスとマイナスの2種類に割り切れるわけではないとの説明があり、副作用は少ないとのことなので、受けることにしました。料金は結構高いそうで、2割の自己負担でも13000円くらいかかるようです。
 注射は直径1〜2ミリ、長さ7ミリくらいのカプセルのような薬剤を、4週間に1回ずつおなかへの皮下注射により埋め込むもの。太い注射を使うので、先に局所麻酔をします。これから仕事だというと、大きなガーゼを2枚重ねて貼ってくれました。
 組織検査の結果はまだ出ていません。ワタシの少し前に手術した人の結果が、やっと昨日出たそうです。病理医も夏休みかなぁと思います。まぁ、検査の結果が出ても治療方針はさほど変わらなさそうなのでどうということはありません。次回は9月28日。

9月10日
 この夏は海外旅行に行きそびれてしまったので、北海道へ旅行することにしました。
 5年前に一緒に旅行した友人と、また、ほとんど同じコースをたどる三泊四日ののんびり旅行です。手術後初めての旅行ですが、同時再建して新しいオッパイのあるワタシには温泉の大風呂も気にせず入れて、うれしい限りです。
 運転は手術後初めてですが、まったく問題なしでした。友人に運転してもらおうと思っていたのですが、ナント彼女は5年前からまったく運転していないとのことで、結局、四日間すべてワタシが運転してしまいました。

9月24日
 形成外科へ3回目の受診です。9月から形成外科の診療室が変更になり、どうやら組織もメデタク皮膚科から独立したようです。といっても診療室は麻酔科外来の入り口の所で、2部屋のみ。丁度、外科外来の向かいです。この日の外来担当はM医師とI医師。I医師はまだ診察が始まらないようで、呼ばれて診察室に入るとM医師でした。傷の様子を見ただけで、治療は特になし。次回は2ヶ月後です。診察室を出てエレベーターへ向かう途中の廊下で、I医師に会いました。「お久しぶりでーす。覚えていてくれてますか?」と聞くと、「もちろん」と言っていましたが怪しいものです。相変わらず軽い感じで、イイ味出してる先生です。「なんか、スポーツやってる?」と聞かれたので、「スポーツカイトやってます」というと「なんじゃそりゃ?」と言われてしまいました。
 この後、皮膚科へ行きました。結構混んでいて、かなり待ってから診察室に入るとはげていた部分を見て「生えてきてますね」といわれました。結局、「治ってきているようなので、薬がなくなったころに、また来てください」と言われ、終了です。

9月28日
 乳腺外科へ3回目の受診です。
 この病院は8時半に受け付け開始で、原則として9時から診療です。ところが、ワタシが受付を済ませて8時45分ごろに待合ロビーに行くと、ワタシの主治医はすでに診察を始めている様子。他の診察室はまだだれもいないのに、四番の診察室だけ次々と人が呼ばれて入っていきます。まるで、待合にいる女性はすべてドクターの患者のようです。結局ワタシが呼ばれたのは9時半近くなってからでした。
 診察室に入ると、傷の具合を聞かれたあと、組織検査の結果を教えてくれました。それによると、腫瘍は限局型で2×1.6×2.5の大きさ。がんのタイプは比較的おとなしいもので、浸潤型の粘液がんが主で、ほかにせんがん?も検出されている。波及度は5段階あるうちの2段階で、脂肪にちょっとかかっていたとのこと。リンパ節は全部で23個切除し、転移はなかった。う〜ん、手術前に硬がんだと言っていたのは何だったのか?と気になるが、良いほうに転んだので、まっイイカって感じです。
 その後、2回目のホルモン注射をして今日の診察は終わりです。リンパ節転移がなかったので、今後の治療はホルモン注射のみということになりました。ホルモン療法は、女性ホルモンの分泌を抑えているので、更年期と同じような状態になります。そのため、骨粗しょう症になる恐れがあり、5〜6ヶ月くらいしたら、骨密度の検査をしてくれるそうです。

10月9日
 ワタシは1年半ほど前からスポーツカイトを始めたのですが、大阪で大会があるというので、夫と一緒に出かけることにしました。まだまだヘタなのですが、これまで3回大会に出ました。今回は4回目で、手術後初めてです。
 カイトは、退院後の最初の日曜日から少しやりました。あまり強く引っ張られないように調整したので、腕が上がらなくても問題なしでした。腹筋にも変な力は入らないので、お腹の傷にも安心です。
 新大阪まで新幹線で行き、そこからレンタカーを借りました。運転はもちろんワタシ。夫は運転免許がありません。まずは関空の近くの二色浜へ行きました。ここは、大阪地区の有名なカイトフィールドです。チームで練習しているフライヤーが3人いて、他にも2〜3人のフライヤーが後から来ていました。夫の知人のフライヤーも、私達が来ることを連絡してあったので、わざわざ和歌山から来てくれました。
 宿泊は堺。夜は街へ出かけ、偶然にとってもおいしいお店に遭遇しました。十仁角というカウンターのみの割烹です。
 10日と11日は大会。新日鉄堺の敷地内で催され、私はノービス規定に、夫はクワッドの規定とバレエに出場しました。私は最下位!で、夫はなんとバレエで1位をいただきました。

10月26日
 乳腺外科受診の日です。病院に着いたのは9時半近くになってしまいましたが、今日は比較的空いています。割合早く名前を呼ばれ、いつもの4番診察室に入りました。
 まず、この1ヶ月間の状況の問診です。薬の副作用について聞かれましたが、ときどき体がふわぁ〜っと熱くなることくらいです。こののぼせのような症状は、後で「ホット・フラッシュ」と呼ばれていることを知りました。頭痛もたまにありますが、前から頭痛持ちだったので、薬のせいかどうかは分かりません。特に症状がひどくないので、引き続きホルモン療法を行うことになりました。
 注射の後、前回分からなかった「せんがん」について聞いてみました。分かったような分からないような説明だったのですが、結局、ほとんどのがんは分類的には「腺がん」なのだそうです。

10月29日
 先日の外来受診のときまでは、薬の影響はほとんどなかったのに、急に肩こりがひどくなってしまいました。「こる」というより「痛い」くらいです。なぜか左の肩だけで、首から肩の先にかけて筋がひどく痛みます。あわてて、更年期障害関係の本をいくつかめくってみると、コーヒーがあまり良くないようです。う〜ん、コーヒーを全然のまないというのは辛いなぁ。他に、カロリーの取り過ぎに注意し、カルシウムや野菜を多くとるように書いてあります。
 この後、せっせと湿布薬を貼り続けたところ、4日ほどで症状が緩和しました。でも、またいつひどくなるか分からないので、憂鬱です。

11月30日
 乳腺外科へ外来受診。この日は10時までに横浜へ行く予定があったので、8時半の受け付け開始直後に病院へ行きました。外科の待合室には、さすがに3人くらいしかいません。それでもワタシの主治医はすでに診察を始めている様子です。
 10分ほど待っていると名前を呼ばれました。今日は4回目のゾラデックス注射です。「右腕はどのくらい動きますか」と聞かれたので、「ラジオ体操できるくらいには動きます」というと、「順調、順調!」と言って、やけにうれしそうです。年末に海外旅行に行く予定にしているので、問題ないかどうか聞いてみたのですが、全然問題なしとのこと。ゾラデックスの副作用(更年期症状)も、ピークは注射を始めてから2〜3ヶ月なので、これから軽くなるだろうという話しがありました。
 最後に次回の受診を1月4日と決めて帰ろうとすると、「良いお年を」と言われてしまいました。確かに今年はこれでもう最後ですが、「ちょっと早いんじゃないですかー」と思わず笑ってしまいました。

12月3日
 形成外科へ4回目の外来受診です。前回の受診のときは非常に混んでいたのですが、今日は割合遅い時間に受け付けしたのに、待合の長いすに誰も座っていません。ほどなく名前を呼ばれて診察室へ入りました。前回に引き続き、M医師です。まず、キズの様子をみるということで、上半身を脱いで診察台に横になります。「まだ、ちょっと固いですねぇ」とのコメント。その後、写真撮影をしました。今日は空いているし、ワタシの方も時間があったので、日ごろから疑問に思っていることを聞いてみました。
 まず、オヘソのこと。手術でオヘソがなくなってしまい、新しく作ってくれたのですが、オヘソの奥はどうなっているのかということです。中を掃除したりするときに、奥がどうなっているか知らないと、ちょっと不安です。聞いてみると、奥のほうは以前のオヘソのままだそうです。だから、洗ったりするときも、以前のとおりで問題ないということでした。それから、形成手術の執刀医について。麻酔で意識がない状態だったし、術後に改めて訊ねそびれてしまったので、このチャンスに聞いてみました。これは想像どおりI医師でした。あと、胸の上のしびれが軽減するようなマッサージなどないかと聞いてみましたが、これは特にないとのこと。やはり、術後最初の冬は傷が痛いという人が多いそうです。
 次回は2ヶ月後ということになり、終了です。で、病院を出てから気づいたのですが、皮膚科の受診が中途半端のままです。前回は「薬がなくなったころに来るように」と言われたのですが、円形脱毛症は治ってしまったので、また受診するのはおっくうです。


前ページへ HOMEへ 次ページへ