●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
前ページへ 次ページへ
1999年7月22日
 目が醒めると朝の様子。昨日は朦朧としていて自分がどこにいるかも分かりませんでしたが、どうやらスタッフステーションの近くの病室のようです。手術後はここに来るかもしれないと予め聞いていたので、だいたい予想がつきました。看護婦サンがしょっちゅう様子を見にやってきて、体温を測ったり、血圧を測ったりします。ようやく、自分がどういう状態になっているか分かって来ました。点滴は手術直後だけだったようで、もう外されていますが、左腕には2箇所ほど管だけがついています。背中からも管がついているようです。上の傷口から2本、下の傷口から2本、廃液の管が出ていて、液を溜めるパックにつながっています。ほかには尿の管がついていて、かってにオシッコが排出されるようになっています。それと酸素マスクがされていますが、外しても苦しくはありません。
 うつらうつらしていると、看護婦サンが来て「朝食が出てますよ」と言いますが、とても食べる気分になりません。また、うつらうつらしていると、今度は「着替えしましょう」といいます。ホントは清拭するはずだったのでしょうが、腹帯と胸帯と両方していてぐるぐる巻き状態なので、拭くところがありません。顔と手だけ拭きました。この着替えのときに、初めて自分の体がどのくらい動くのか分かりました。胸からおなかまではあまり自由はききませんが、ほかは結構ちゃんと動きます。着替えさせてもらっていると形成外科の一団がやってきてガーゼ交換をするとのこと。3人くらいいたようですが、だれがだれだか分かりません。されるままに傷口の消毒とガーゼ交換をし、ベッドごとなら体を90度近くまで起こしてもよいと言われました。
 そうこうしているうちに夫がやってきました。夫は昨日の手術のときに、摘出したワタシの乳腺の写真をデジカメで撮っていてくれて、そのデータをもってきたのです。その場で再生して見せてくれたのですが、パソコンの画面が見にくくて、このときははっきりとは見えませんでした。
 そのうち昼食になりました。5分粥と野菜の煮たようなおかずがついていて、やっと5分の1くらい食べました。動かないせいもあって、ぜんぜん空腹感がありません。夜も同じようなメニューで4分の1くらい食べました。この日は、一日中38度前後の熱があり、氷枕やらアイスノンやらを持ってきてもらいました。SU医師もちょくちょく様子を見に来てくれました。点滴の管と動脈に入っていた管を抜いてくれたのですが、動脈の管は抜くときに止血しながら抜かなくてはいけなので、腕をいやというほど押さえつけられました。
 麻酔が徐々にさめるのに合わせて、だんだんからだの輪郭が分かるようになってきました。痛みは動かなければほとんどなく、動くとちょっと痛い程度です。傷の部分のガーゼ交換の際に、お腹の部分がかなり神経過敏になっていることを発見。痛いわけではないのですが、表面にガーゼがちょっと触れただけでも、びくっとして力が入ってしまいます。この状態は2〜3日ひどい状態で続きました。夜中にも、何度も目が醒めてしまいました。いくら寝つきのよいワタシでも、さすがに連続しては熟睡できません。真夜中頃に目覚めたとき傷がずきずきするカンジがあり、痛み止めの注射をしてもらいました。

7月23日
 今日の朝食から常食になりました。なんとか3分の1くらい食べます。
 昼頃、主治医のドクターが様子を見に来てくれて、「今日は歩いてもいいんじゃないかな」と言います。形成外科の医師が来たら確認しようと思っていたのですが、ガーゼ交換は結局夕方でした。I医師が来てくれたので歩いていいか聞いてみると「ちょっとならいいよ」というので、歩いてみることしました。看護婦サンに手伝ってもらって起きあがり、20メートルくらい歩きました。
 今日はおならが出て、腸の調子はいいようです。そろそろ一人でトイレに行けるように、尿意の練習をはじめましたが、尿意があるのかないのか分からなく、困りました。
 手術当日も含めると丸3日間もベッドに背中をつけているので、背中や足などが硬直して、非常に痛くなってきました。時々背中の位置をずらしたり、浮かせたりするのですが、寝返りが打てないのでほとんど解消しません。夜も1時間おきくらいに目がさめてしまいましす。早く起きあがれるようになりたいと切実に思いました。胸の傷はじっとしていればほとんど痛くはありません。時々、右の乳房の周辺がぴりぴりするカンジや脇の下の違和感を強く感じます。お腹は、つっぱったカンジが非常に強く、怖くてまだまっすぐ伸ばせません。咳をするとお腹にとても響き痛いので、たんやのどのいがらっぽさが一番不快です。

7月24日
 さすがに、まだ熟睡はできず、夜は1時間おきくらいに目がさめてしまいます。
 手術後3日目になり、尿意の練習はいまいちですがなんとか尿の管を抜いてもらい、昼前から一人でトイレに行けるようになりました。トイレに行くようになって、脚の付け根に水ぶくれができているのを発見しました。医師に聞いてみると、ある人は「電気メスの基盤が触れたんじゃないか」と言い、ある人は「廃液のチューブかぶれじゃないか」と言います。いずれにしてもほおって置いて治るようなので、特に処置はなしです。
 スタッフステーションが近いせいか、看護婦サンや病棟の受持医がしょっちゅう様子を見に来てくれます。SA医師は来るたびに手を握ってむくみがないかどうか確認して行きます。形成外科のガーゼ交換は、土曜日のせいか、M医師一人でした。おなかの部分がかなり知覚過敏になっているようで、何かが触れると脇腹を触られたときのようにびくっとしてしまいます。ガーゼの端が触れただけで反応するので、「痛いですか?」と怪訝な顔をされてしまいました。麻酔の効果が薄れてきた分、咳をする時のお腹の痛みは、2日目よりも強いようです。寝ると背中が痛いので、できるだけ起き上がっているようにしていました。
 夕方、生理になりそうな気配がありました。予定より1週間も早そうです。まだナプキンの準備をしていなかったので看護婦サンに相談すると、個人用のを3個ほど分けてくれました。夜、やはり生理になってしまいました。憂鬱です。

7月25日
 生理中だというのに、今日はかなりよく眠れました。だんだん良くなってくる感じです。傷の痛みより、生理の不快感の方が強いくらいです。痛みは3日目とほぼ同じで、寝起きするときにお腹に力が入るので、気軽に寝たり起きたりできません。
 朝、日曜日だというのに、主治医のドクターがやってきました。1日に1回くらいは来てくれますが、「順調ですね。がんばりましょう」しか言いません。続いてH医師登場。H医師も顔だけ見に来たってカンジです。形成外科のガーゼ交換は今日もM医師一人です。
 昼前に夫と夫の父親が来てくれたので、買い物を頼んだ後、一緒にアイスクリームを食べました。今日からは、昼間はなるべく起きているようにします。トイレ以外でも、かなり自由に動けるようになったので、実家の母親に手術が無事終わったとの報告の電話をしました。
 夕方、3日ぶりにお通じがありました。サッパリ!っていう感じです。

7月26日
 夕べは生理が気になって、目がさめるたびにトイレに行ってしまいました。朝食前に、主治医のドクターとSA医師が登場。いつも病院にいるみたいですが、いったい、いつ休んでいるのでしょうか。朝食のときにデイルームでH医師にも会いました。
 昨日、看護婦サンから「明日、部屋を替わりますよ」といわれていたのですが、なんと、トイレに行っている間に元の大部屋に荷物が戻っていました。とりあえず慣れた所で一安心です。同室のかたがたも「お帰り」と迎えてくれました。
 回復は順調のようで、体もだいぶ軽くなってきました。勤務先の健康管理係の保健婦さんに手術後の報告の電話をしたあと、看護婦サンに手伝ってもらってシャンプーをしました。途中で寝巻きにお湯を掛けてしまいビチョビチョになってしまいましたが、6日振りに髪を洗い、その後、体を拭いたり着替えをしたり、超サッパリです。
 形成のI医師が来て処置室でガーゼ交換をしようというので、そちらへ行きました。音で血流を診る機械で診察してくれて順調とのこと。上の廃液管が取れ、パックが一つになり、さらに身軽になりました。処置室から帰るときに「右腕は血管をつないであるから、ビュンビュン振り回さないように」と言われますが、まさかそんなことはしません。でも、血管をつなぐなんて話は手術前には聞いてませんでしたし、予定より手術に時間がかかった理由もまだ聞いていません。今度主治医のドクターが来たら、説明をお願いすることにしました。
 午後は洗濯をしたり売店にいったりしましたが、夕方、友人がお見舞いにきてくれました。デイルームで彼女と話していると夫も現われ、3人で夕食の時間までおしゃべりしました。久々に長い時間しゃべった!っていう感じです。
 お腹の神経過敏状態は、少し薄れてきたようです。傷周辺の感覚が戻ってくるにつれ、部分的にちくちくしたり、ずきんとする痛みを感じます。寝起きの際に力が入るときの痛みは徐々に薄れているのですが、自由に寝起きできない状態は変わりません。腹筋の力が弱っているので、起き上がる時の違和感はかなり後まで残りました。咳をしたときの痛みはかなり解消してきました。

7月27日
 今日はかなり熟睡できました。朝食後、I医師が来て、処置室でガーゼ交換をしました。下の管も抜けて、後は抜糸だけです。抜糸できたら退院できるとのことなのですが、病棟の受持医からは、まだ退院の話は出てきません。
 今日はほぼ丸一日、本を読んで過ごしました。夕食後、職場の上司や同僚がお見舞いに来てくれました。皆、ワタシが普通に歩き回っているので驚いた様子です。
 夜、主治医のドクターが来て、手術のときの話をしてくれました。血流を良くするために、移植した筋肉についている血管を脇の下の血管につないだとのことで、そのために時間がよけいにかかったようです。この入院中に予定しているほかの治療はないので、抜糸したら退院できるとのこと。2〜3日後には抜糸できそうなので、うまくいけば今週中に退院できそうです。

7月28日
 手術から1週間経ちました。体の自由がきかないせいか、やたらと肩が凝ります。丁度、肩甲骨の下くらいが痛くなります。巡回のときに看護婦サンにその話をすると、湿布薬をもってきてくれました。
 10時半頃、ガーゼ交換と消毒に、形成外科の医師2人がきました。今日は女性の医師がやってくれました。M医師が指示を出しながらで、きっと研修医なのでしょう。ガーゼ交換が終わったあとは、洗濯しながらベッドの上でリハビリ体操をしました。

7月29日
 木曜日は体重測定とシーツ交換と教授回診の日です。教授は病棟の受持医の説明を聞きながら、病室を回るだけです。診察しているのは見たことがありません。
 10時半、形成外科のU助教授、M医師、S医師(女性)が来て、部屋のベッドで抜糸をしました。お腹は金属で、胸は糸で縫ってあるようで、お腹のほうの抜糸のほうがちょっと痛いです。あとはおヘソの周りだけです。実は、おなかの脂肪を移植するために、おヘソはなくなってしまったので、新しいのを作ってくれたのです。前のより小さくて縦長です。全部抜糸が済んだわけではないので、シャワーの許可はお預けです。それで、看護婦サンに頼んでシャンプーをしました
 そろそろ退院が近いので、夕方現れた夫に、荷物の一部を持って帰ってもらうことにしました。夫が帰ったあと、夫の妹がきてくれました。今、実家に帰っていて、子供はおじいちゃんがみてくれているとのこと。1時間くらいデイルームでおしゃべりし、妹が帰った後、夕食を食べていると、同僚のYさんとIさんが来てくれたので、結局、7時くらいまでデイルームでおしゃべりしました。

7月30日
 朝食後、SA医師が来て、昨日の抜糸の確認がありました。何人かの医師が診察に当たっていると、カルテに書くのが遅くなったりするので、分からないことがあるそうです。
 昼前にI医師が来て、処置室でガーゼ交換をしました。腹直筋を切っているので、3ヶ月くらいは腹帯をしたほうがよいとのこと。運が悪いとヘルニアになることもあるそうです。胸の形を確認して、「あれぇ、少し脂肪を入れすぎたかな」とぶつぶつ言っていました。どうやら、左右の形が少し違うようです。鏡がないので自分では分かりませんが、脇の下の違和感はそのせいもあるようです。内心「おいおい、ワタシはぬいぐるみじゃないゾ」と思いましたが、なぜかI医師の言動は許せてしまいます。処置室を出てから廊下で「腕はどのくらい上がる?」と聞かれたので、「前はこのくらい、横はこのくらい」と挙げてみせると、「これじゃ盆踊りはできないね」といわれてしまいました。ワタシは盆踊りは趣味ではアリマセン!。
 このころは、毎日ヒマを持て余していたので、せっせとリハビリ体操に励みました。夕方、丁度夫が来ているところへ主治医が現れたので、退院のことを聞いてみたのですが、金曜日の時点で決まっていないと、月曜日の退院は無理とのこと。そうすると、早くて火曜日になってしまいます。まだ抜糸が完了していないので仕方ありませんが、がっかりです。

7月31日
 昼前に形成のS医師とM医師が来て、最後の抜糸をしてくれました。もう、シャワーを浴びてもよいとのことです。傷口にはガーゼやバンソウコウが貼ってあるのですが、看護婦サンに貼り直してもらえばよいそうです。こわごわでしたが、夕方、10日ぶりくらいでシャワーをあびました。だんだん普通の生活に戻ってきた感じです。
 シャワーのときに、脱衣室の鏡で初めて正面から自分の体をまじまじと見ました。乳首のあたりはまだカサブタがありますが、全般的に傷口もきれいなカンジで、新しいオッパイの形もまあまあです。これなら気軽に温泉に行けると、少しほっとしました。ただし、I医師が言っていたように、脇の下に近い辺りにちょっと膨らんでいる個所があり、どうやらここに肉を入れすぎたようです。

8月1日
 朝食後、形成外科のT医師が現れ、ガーゼ交換をしてくれました。日曜日のせいか一人です。
 午後はシャワーを浴び、そのままシャンプーもしました。体がもとに戻るにつれ、なにもやることがないと苦痛になってきます。

8月2日
 朝食前にSA医師が来て、外科的にはもう退院してもよいので、形成外科の先生に退院のことを聞いてみるようにと言われました。スタッフステーションでは形成外科の医師とすれ違いになることが多く、話をきけないと言っていました。続いて主治医のドクターが来たので、ドクターにも退院のことを頼んでおきました。
 朝食後、形成外科のT医師とS医師が来たので、退院の件を聞いてみると、形成外科としても退院してもよいとのこと。退院後の傷口の扱い方をレクチャーしてくれました。傷の所には、傷口をなるべく小さくするために、3ヶ月くらい判創膏を貼っておくのだそうです。腹帯もI医師が言ったとおり、3ヶ月くらいするようにとのことでした。胸帯は退院したら外しても良く、すぐブラジャーをしてもよいそうです
 この日は、骨シンチという検査の予定が入っていました。骨に転移がないかどうかを見るためです。呼ばれてB2Fに行くと、午前中は造影剤の注射のみで、検査自体は午後だそうです。2時ごろ呼ばれて、またB2Fへ行くと、検査の前にトイレに行くように指示されます。検査台の上に仰向けに寝て20分くらいじっとしていると、体の周りをアップル社のマークがついた機械が、ゆっくりと頭から足のほうへと動いていきます。
 検査が終わって病室へ戻り、しばらくすると夫が来たので、一緒に1階の喫茶室へ行き、カツサンドとケーキセットを半分ずつ食べました。
 看護婦サンが来るたびに、「退院、決まりました?」と聞かれるのですが、かかわっている医師が多すぎて、いったい誰がワタシの退院を決めてくれるのが分かりません。結局、消燈間際になって看護婦サンがSA医師を呼んでくれたので、形成外科が退院してもよいと言っていたことを告げると、いつ退院してもよいということになりました。「いつでもいいですよ」と言われると、かえって困ってしまいます。「明日でもいいですよ」というので、明日の午後に退院することにしました。

8月3日
 急に退院が決まったので、起床時間後すぐに夫に電話をしました。昼間は用事があるというので、朝のうちに荷物を取りに来てもらうことにしました。
 夫が現れ、荷物をまとめていると、I医師がやってきました。丁度、自分で傷口にテープを貼る練習をしようと思っていたので、I医師に見てもらいながらやってみました。その後、ワンタッチ式の腹帯とブラジャーをしてみて、「退院後はこんなカンジ」というのが出来上がりです。傷口のかさぶたがガーゼについてしまうのを見て、I医師が処置室からゲンタシンという軟膏を持ってきてくれました。これをガーゼに塗っておくと、かさぶたがくっついてしまわなくて具合がいいそうです。
 夫が荷物を持って帰った後、しばらく待っていると婦長サンがあらわれ、「あなたは再建しているから関係ないかもしれないけど」と、補正用ブラジャーのカタログをくれました。それには退院後の注意や、リハビリの方法も書いてあります。昼前には入院費の清算も済ませ、退院後の初回の外来予約の券をもらいました。なぜか研修医のSU医師が「もう退院しちゃうんですかー」と残念がっていました。あとは昼食を食べて帰るだけです。同室の3人が一緒にデイルームで昼食につきあってくれて、退院のお祝いをしてくれました。そして午後1時、22日間の入院生活を終え、猛暑の中を一人で電車に乗り、自宅に帰ったのです。
 外泊のときから数えても2週間ぶりの我が家です。家は賃貸マンションで入り口がオートロックなのですが、なんと5回ぐらい暗証番号のエラーをしてしまいました。やっとの思いで家にたどり着いたのは午後2時ごろ。とにかくメチャクチャ暑いです。荷物から洗濯物を取りだし、ベッドにひっくり返ってしばらくは放心状態です。3週間も家事をしていないので、まったく何も手につきません。とにかく買い物に出かけることにし、近所のダイエーに行きました。
 帰ってくると夫の妹から電話。実家(うちのすぐ近く)に来ているということなので、小川軒のレーズンウィッチを持って出かけました。2時間ほど妹とおしゃべりをしているうちに、夫の帰宅時間になったので電話をしてみると丁度帰ったところ。みんなで夕ご飯を食べに出かけることにしました。
 夫と父と妹、それに妹の子供2人と合計6人で行ったのは近所の行き付けのてんぷらやサン。お店に行って注文をしたりしていると、なんと退院祝いの花束が出てきました。ワタシの入院中に夫がひとりで何度か食べにきて、ワタシの入院の話をしていた模様です。退院の日にいきなり来たので、お店の人も喜んでくれました。この日は夫の父のおごりで、病院食でないものをおなかいっぱいいただきました。


前ページへ HOMEへ 次ページへ