●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
前ページへ 次ページへ
1999年7月13日
 今日はいよいよ入院の日です。雨は土砂降り状態だし、夫は仕事なので一人で行かなくちゃならないし、荷物は重いし、最悪です。朝8時半ごろ家を出、バス停まで雨の中5分ほど歩き、バスに乗って山手線の駅まで行きます。そこから山手線と中央線快速を乗りついで御茶ノ水駅へ。雨は少し小降りになっていました。
 まず、地下1階の入院掛で受け付け。9階へ行くよう指示されます。9階のスタッフステーションへ行くと、病室へ案内されました。私の病室は907号室で、4人部屋です。病棟は新しくてとってもきれいです。すぐ、大学院生(ドクターコースの二年生)のYさんというかたが来て、手術前後の痛みのアンケートに協力してほしいと言う話ありました。特に断る理由もないので承諾します。デイルームでYさんとしばらく話をして病室へ戻り、荷物を片付け終わったころ、男性の若いお医者さんが来て採血。そのあと、病棟の看護婦さんが9階A棟を一通り案内しながら、蓄尿のこと、お風呂のこと、食事のことなどなど、説明をしてくれました。そして、検査の予定が入っているから行くようにと診察券を渡されました。
 まず、1階でレントゲン撮影、そして3階で心電図と呼吸器の検査。なんと3人とも女性の医師(検査技師?)でした。病棟へ戻るとちょうど昼食の時間。食事をもらってデイルームで食べます。メニューはカツオの煮魚、大根と人参の煮物、なめことたまねぎの味噌汁、煮豆、ごはん。薄味のせいか、あんまりおいしくありません。
 午後、夫が来てくれました。夫が帰るときに一緒に1階に降りて、テレビ用のプリペイドカードを買いました1000分で1000円、1分1円の換算になります。その後、若い医師(多分研修医)が来て、家族関係や病歴、入院までの経緯について問診と触診をしました。夕方に主治医のドクターがやってきて、今後の検査の予定と、週末外泊可の話をしてくれました。
 午後6時、夕食。鶏のクリーム煮、レモン付のおひたし、マカロニとキュウリのサラダ、ごまつきの沢庵の千切り。味はまあまあ。食事から戻ってお風呂に入ろうと準備をしていると、再び主治医のドクターが来てくれて、空きになっているB棟のスタッフステーション内で1時間ほどこれまでの検査の結果や病気の詳しい話を改めてしてくれました。
 これが入院一日目です。
 私の主治医は外来の担当医なので、病棟では別の受持医がいます。病棟では常に医師が3人1組になっていて、私の場合はチーフがH医師、ナンバー2がSA医師、そして研修医のSU医師です。同じ病室でも、必ずしも同じ受持医とは限らないようです。その3人の医師はてんでんばらばらに顔合わせに来ると、まず「ちょっと胸を見せてもらっていいですか」と言い、私のおっぱいを触診します。入院当初は、何人かの看護婦さんにも「触らせてください」と言われました。ワタシのしこりは乳首の裏側あたりなので、自分でさわってもあまりよく分かりません。看護婦さんも「う〜ん、これですかぁ?」というカンジで触っていました。
(注)当時は入院掛は地下1階でしたが、現在は1階ロビーの一角にカウンターがあります。また、乳腺外科の病棟は、2004年4月から12階に変更なりました。テレビも、プリペイドカード式から1日300円に変更されたようです。

7月14日
 入院2日目です。
 いつでもどこでも熟睡できる私は、入院第一夜もぐっすり眠ることができました。6時すこし前に起床、6時過ぎに検温です。朝食前に主治医のドクターが様子を見に現れましたが、このドクターはいったいいつ休んでいるのでしょうか。
 今日は形成外科の受診予定で、呼ばれるまで本を読んで待っていましたが、結局午前中は検査なし。やっと午後2時になって、皮膚科の外来へ行くようにとの連絡がありました。形成外科は特定の日時だけ皮膚科の外来で診察しているようです。簡単な診察と再建の方法の説明があり、30分くらいで終了。ワタシのお腹の脂肪の状態と、今後子供を産むつもりがないことから、腹直筋を使った再建にしようということになりました。夕方、巡回にきた看護婦さんが外泊のことを調べてくれて、土日は1泊2日で外泊できるとのこと。このころは手術前なので、やることもほとんどなく、のんきな入院生活です。
 ちなみに、この病院のスケジュールは次のようになっています。
 午前6時起床。「おはようございます。0月0日朝6時です」と、看護婦サンの声で放送が入ります。このあと、7時くらいまでの間に看護婦サンの巡回があり、前日の排便と排尿の回数を聞かれたり、検温したりします。
 午前8時、朝食です。放送が入って、歩ける人はデイルームの前に取りにいきます。食事が終わると午前中はそれぞれの予定にしたがって検査に呼ばれたり傷の処置があったりします。希望すれば、清拭もこの時間にやってくれます。
 12時、昼食。午後2時、検温。午後はあまり予定がなく、のんびりです。平日は午後3時から7時まで、土・日・祝日は午後1時から7時までが面会時間です。夕方になると、夜の担当の看護婦サンがまわってきて、翌日の検査等の予定を連絡してくれたりします。
 午後6時、夕食です。7時には看護婦サンが検温に回ってきます。その後、当直医の巡回があり、午後9時に消燈です。
(注)当時は入院期間が今より長かったのですが、現在は手術日や術式が先に決まり、その2日前に入院するというのが普通になっています。そのため、心肺機能の検査なども、外来で済ませるそうです。また、面会時間は、現在は平日・土日とも午後1時から夜8時までとなっています。

7月15日
 入院3日目です。
 今日は特に変わったことはなし。ほとんど一日本を読んで過ごしました。研究のためのデータ集めに協力するため、午後、2階の外科外来に行きました。この辺はさすがに大学病院らしい感じがします。
 夕食後、病棟の受持医が来て、月曜日の夕方に主治医のドクターから手術の説明があるので、家族も来るようにとの話がありました。

7月16日
 入院4日目です。
 今日も特に変わったことはなし。なんのために入院しているのか分からなくなります。朝食に行く途中にSA医師、H医師とすれ違ったので、手術の日程について聞いてみると、やはり21日水曜日で決定とのこと。朝食後、空いているとなりのベッドに人が来る様子です。どうやら手術のために4日くらい別の部屋に行っていた人が戻ってくるようです。私も手術の直後は別の部屋にいくのでしょうか。
 今日はエコー検査の予定ですが、呼ばれたのは結局夕方。4時5分前にエコー検査室の前に行き待っていると、4時10分ごろ検査担当の医師が現れ、名前を呼ばれて中に入ります。上を脱いで検査台に寝るようにとの指示。すぐ主治医のドクターも来ました。その後、もう一人の医師も現れ、2人で超音波の画面を見ながら難しい顔をして何かぶつぶつ言っています。非常に気になります。途中で「スキルス」というコトバも耳に入ってきます。胃がんのスキルスは最近有名になってきましたが、乳がんのスキルスも確か最近読んだ本に書いてあったような気がします。硬がんだったか、ウロ覚えなので、後で調べてみようと思います。
 一人は途中でいなくなりましたが、全部で約40分間くらい検査を受けました。終わって服を着て外へ出るとき、ドクターから「検査の結果は月曜日に説明します」と言われました。

7月17日
 入院5日目です。
 朝食後、スタッフステーションによって外出許可のことを聞いてみると、どうやらH医師は書類を作ってくれていない様子です。SU医師がサインをしてくれて、結局月曜日の朝9時にもどることにしました。
 10時ごろ、自宅に到着。洗濯をした後、職場に行って、片付け物や報告をしました。エコー検査の時に小耳にはさんだ「スキルス」についても資料室で調べてみました。やはり乳がんにもスキルスがあり、硬がんのことです。
 一旦家に戻り、その後買い物をしたり、食事に出かけたり、自由な生活を堪能しました。

7月18日
 入院6日目、といっても外泊中です。
 今日は葛西臨海公園へカイトに出かけました。手術をしたら、しばらくはできないかもしれません。東京駅でモーニングセットを食べ、現地には9時45分ごろ到着。暑い!
 ちょっと早めに引き上げ、新宿のヨドバシへ行き、病院へ持参しているノートパソコンのインナーケースを買いました。帰りにコーヒー美学に寄っておいしいアイスカフェオレを飲んで家に帰り、実家に手術の電話をし、洗濯物の片付けなどをやり、夕食は中華料理屋に出かけました。
 実はこのとき、実家の両親には病気のことを初めて話したのです。もちろん非常に驚いていましたが、「そっちへ行っても年寄りには何にもできないから、行かないよ。良くなるように祈ってるからね」とだけ言われ、結構あっさりしたものでした。

7月19日
 入院7日目です。
 今日は外泊が終了し、病院へ戻る日です。9時半ごろ病院に到着すると、すぐ、主治医のドクター登場。夕方、手術の話をするという確認です。その後、手術後に必要となる和式の寝巻きや胸帯などを売店へ買いに行き、昼まで名札つけ。全部の名札がつけ終わったのは結局午後2時ごろでした。
 午後は麻酔科の医師が来て麻酔の説明を受け、承諾書にサインをしました。このとき、「血が止まりにくいとかアザできやすいということはありませんか」と聞かれたので、「そう言えば、アザが出来やすいほうで、以前健康診断の時の問診で紫斑病かもしれないと言われた」と言ったら、麻酔科のA医師が帰った後SA医師が慌ててやってきて「紫斑病なんて言ってなかったじゃない」とぶつぶつ言いながら、もう一度採血されてしまいました。血の固まり具合をもう一度確認するようです。
 夕方、夫が来て、2人でカンファレンスルームへ行き、ドクターからこれまでの診察の結果や手術の方針など、いろいろ説明を受けました。私の病期は2期(どっちでもいいことですが、後で1期に変更になりました)で、がんの種類は硬がん。肋骨、リンパ節、肺への転移は今のところ認められない。腫瘍が1箇所ではないので、右乳腺を全部切除しておなかの筋肉と脂肪を移植する同時再建がドクターの方針。全部切除といっても皮膚や乳首はそのまま残し、中の乳腺のみ摘出する方法で、腋窩リンパ節は今後の治療方針を決めるため切除する。話している最中に形成外科の医師も来て、引き続き形成手術の説明も聞きました。この病院で同時再建の手術をするようになったのは2年ほど前からで、これまでに20例くらいの手術をしているそうです。腹直筋を使った再建の場合、最悪の後遺症としてはヘルニアになることがあるそうです。それから、胸に移植した脂肪の血流が悪くなった場合は、オッパイが固くなるそうです。承諾書へのサインはすぐでなくてもいいとのことで、承諾書の紙をもらって病室へ戻ります。腕の運動障害やむくみの原因はほとんどリンパ節切除の後遺症なので、腋窩リンパ節の切除に最も抵抗があるのですが、切除せずに転移が分からない状態でいるのもいやです。夕食を食べた後病室で夫といろいろ話をし、結局、ドクターの方針通りの手術を受けることにしました。

7月20日
 入院8日目です。明日の手術に備えて、看護婦さんから注意事項をいろいろ聞きます。必ずお風呂に入ること。夜、下剤を飲むこと、明日の朝に浣腸をすることなどなど。
 9時半ごろ、SA医師が来てエコーをやると言うので検査室へ行きました。あまり精度のよくない機械ですが、肝臓転移は今のところみられないとのこと。「おもしろいでしょ」といいながら、ドクンドクンと脈打っている動脈なども見せてくれました。
 昼前に形成外科のI医師登場。デザインをするとのこと。I医師は皮膚科の病棟にいるらしく、皮膚科の名札をつけています。一緒に10階に行き、写真を撮ったり体にマジックで印をつけたりしました。形成外科の若いT医師も一緒で、音を増幅して聞く機械で血流を確認したりしました。この機械では、血流が「ヒュン、ヒュン」てカンジで聞こえます。終わって病室へ戻ると正午。夕方には看護婦さんが、手術後のタオルなどの準備を取りに来たので渡します。手術の前の晩は眠れない人が多いらしく、「眠剤を出しましょうか?」と聞かれましたが、「たぶん眠れるので大丈夫」と断りました。
 午後8時から万物創世記を見て寝ました。結局、フツーに眠れました。

7月21日
 いよいよ手術当日です。
 朝、看護婦サンが来て、まずネブライザーとかの練習をします。歯を磨いたあと、障害者用トイレで浣腸。薬を入れて5分ほど待ってくださいと言われましたが、3分くらいで猛烈にお腹が痛くなり、排出してしまいました。ベッドへ戻り、再びトイレ小を済ませ、裸になって寝巻きだけ着ていると、ストレッチャーが来て、そちらへ移りました。その後、お尻に緊張をほぐす注射を打ち、8時過ぎに別の看護婦サンが来てバトンタッチ。病室を出て手術室へ向かう途中で夫がやってきました。ストレッチャーでデイルームの前を通ると丁度朝食の配膳中で、顔見知りになった看護助手のかたが「がんばってね」と手を握ってくれました。夫には「いってくるよ」とだけ言ってエレベーターに乗ります。
 6階の手術部に行くと、看護婦サンがワタシの名前を言って引渡しです。配膳台のような窓口があり、ストレッチャーを横付けにして乗り移り、ベルトコンベアに乗ったようにして手術室の内側に入ります。途中で寝巻きを脱ぎ、手術衣のようなものを上からかぶせられます。そうこうしているうちに麻酔部のA医師などが来て、どこに針を刺すかとか相談しながら点滴の針を刺されたりしました。主治医のドクターらしき人が近くで手術の準備をしていましたが、大きなマスクをしているので誰かははっきり分かりません。背中から麻酔を入れる針を刺し、しばらくすると意識がなくなりました。
 気がつくと「終わりましたよ。今7時です」といわれました。「6時間くらいの予定だったのに、随分長くかかったんだなぁ」というのが、最初に考えたことです。もう病棟に戻ってきたようで、周りで看護婦サンやら医師やらが何人も動いている様子です。私は非常に寒くて、ガチガチと歯の根が合わない状態です。ひたすら「寒い」と言っていました。その後、ベッドに寝たままX線写真をとりました。熱があるようで、氷まくらを当ててくれたのですが、頭の一部分が非常に痛いのに気がつきました。あとで調べたら、おできのようなものができていたようです。(さらに1カ月くらい経って美容院に言ったときに、丁度その部分がハゲているのが発見されました)
 意識はまだ朦朧としています。胸からお腹にかけては、コンクリートで固められているような感じで、ほとんど身動きできません。痛みもないかわりに感覚もありません。そのまま、また眠ってしまいました。夜、目がさめると、なんだか胸がむかむかして吐きそうです。これは麻酔の影響のようです。緊急用のブザーを握らせてくれていたので、ほとんど動かずにブザーを鳴らし、看護婦サンを呼ぶことができました。
(注)現在は、手術室へは看護師さんに付き添われて自分で歩いて入り、手術台へも自分で乗るようになったそうです。


前ページへ HOMEへ 次ページへ