●HOME

●乳がん体験のあらまし

●リスミン流こんなときどうする?

●知って安心ミニ知識

●乳がんになって思うこと

●乳がん日誌詳細版
1999年6月23日〜1999年7月8日
 乳がん発見〜入院まで
1999年7月13日〜1999年7月21日
 入院から手術まで
1999年7月22日〜1999年8月3日
 手術後から退院まで
1999年8月4日〜1999年12月3日
 退院翌日から年末まで
2000年1月4日〜12月31日
 月1回の注射に通院
2001年1月18日〜11月22日
 月1回の通院、8月で治療終了
2002年1月17日〜10月3日
 約2か月に1回の通院で経過観察
2003年1月30日〜11月20日
 約3か月に1回程度の通院
2004年〜2009年
 約3か月に1回程度の通院続く

●リスミンのひとりごと
乳がん日誌Part2
ひとりごとのページ
リスミンのプロフィール
次ページへ
1999年6月23日
 今日は婦人検診の日です。
 私の職場では、健康診断の一環として婦人検診(乳がん子宮がん検診)があります。面倒なのと、ちょっと恥ずかしいのとで、これまでずっとパスしてきたのですが、今年で40歳になることだし、そろそろ受けておいたほうがいいかなと、初めて受診することにしました。
 検診は市ヶ谷にある東京顕微鏡院というところへ受けに行きます。受付をしてしばらくすると名前を呼ばれて3階に行きます。そこで、ショーツ以外は全部脱いで、検査衣を着ます。初めに問診、次に乳がん検診です。
 4畳半くらいの個室に入ると男性の医師らしき人と、女性の看護婦さんらしき人がいます。看護婦さんらしき人から「上半身を脱いでベッドに寝てください」と指示されます。指示通りにしてベッドに仰向けになると、ドクターが「失礼します」と声をかけて診察が始まります。
 診察の方法は触診と言って、要は手で触ってしこりなどがないかどうか見る方法です。一応、予備知識があったので特にいやなカンジはしませんでした。
 まず右のオッパイから。ドクターが触ってすぐ「あっ」と声にこそ出しませんでしたが、「ここにしこりがありますね」と言いました。私は「へっ?」というカンジです。自覚症状とか聞かれましたが、当然「気がつきませんでした」と答える他はありません。
 一通り両方の触診が終わってから、「ここにしこりがあります。まだ小さいようですが、このあと超音波検査を受けてください。その後でまたご説明します」と言われました。この段階では、まだどの程度重大なことなのか、さっぱり分かりません。乳がんの可能性があるというのは分かるのですが、この後の検査で乳がんと確定するのが果たして9割なのか5割なのか1割なのか、それによって心構えが違ってきます。
 個室から出て待ち合いにいると、名前を呼ばれて今度は子宮がん検診です。こちらの検診は予備知識がおぼろげなので、終わってから「ふ〜ん、こういうものか」と思いました。未婚で、産婦人科の受診経験がない人には、積極的に勧められるようなカンジではありません。こちらはその場で「異常ありません」と言われました。
 また待ち合いで待っていると名前を呼ばれて上の階へ行き、超音波の部屋に入ります。ここも4畳半くらいの広さで、女性の検査技師らしき人が一人、パソコンがついた検査機、ベッドがあります。上半身を脱いでベッドに横になり検査を受けます。
 超音波検査はまったく初めてです。ジェルをしこたま塗って、ハンドスキャナのようなもので、舐めるようにオッパイの上を滑らせます。特に気持ち悪くはないのですが、やたらと時間がかかります。検査技師のかたはほとんど画面を見ている状態で時々キーボードを操作し、一番いい画像がとれたところでストップして画面コピーを取っているようです。
 時計を見ていないので良く分からないのですが、20分ぐらいだったでしょうか。終わってから濡れタオルを渡され、大量のジェルを拭き取り、検査終了です。今度は一人で3階の待ち合いに戻り、また少し待たされます。
 名前を呼ばれて最初に検診を受けた部屋に入ると、乳がん検診をしてくれたドクターがいます。そこでいろいろ話をしてくれたのですが、もの憶えの悪い私は一つ一つはよく覚えていません。要は「右のオッパイにしこりがあって、乳がんの可能性があること」「まだ初期の段階なので、切る場合もオッパイを全部取ることはないこと」を話されたのです。「びっくりされたでしょう」と言われても、冷静なのか、まだ実感がわかないのか、「はぁ、まぁ、そうですね」としか言えません。ドクターは「自分は普段は大学病院にいる。明日の木曜日か来週の火曜日なら病院にいるので、受診に来るなら紹介状を書く」と言います。ちょっと早いかなと思ったのですが、「明日行きます」と言いました。いやなことはサッサと済ませた方がよさそうです。
 「じゃあ、紹介状を書きますから、外で待っていてください」と言われ、またまた待ち合いで待っていると、しばらくして、やや年上の保健婦さんらしき人が来て「あら、まだお着替え済んでなかったんですね」としきりに恐縮しながら、あまり人がいない場所に私をつれていき、紹介状の封筒と病院の案内の紙をくれました。どうやら、この段階でかなりのショックを受ける人がいるようです。とりあえず私は「はい、はい」と話を聞き、着替えを済ませて職場に向かいました。
 職場へ向かう道々、自分の気持ちを確認してみたのですが、どうやらあまりショックは受けていないようです。オッパイを切ってしまう手術をするということにも、それほど抵抗感はないようです。たぶん、まだすぐに命にかかわるような状態でないらしいことや、オッパイが無くなっても見てくれが悪くなるだけで、それほど困った状態にならないということがあると思います。まあ、乳がんになる人は世の中に必ずいるのだから、それがたまたま自分に当たってしまったというカンジです。たしかに不運だとは思いますが、じたばたしてもどうなるものではありません。
 職場に戻って同僚に検査の結果と明日大学病院に行くことを告げると、当然のことながらみんな非常に驚きました。とにかく、明日は1日お休みを取ることにし、午後は普通に仕事をして帰りました。
 夫が帰ってきてから、同じように検査の結果を告げたのですが、なんとげらげら笑われました。どうやら本気にしていないようで、きっと検査で「疑いあり」になっても、そのうち9割は「がんではありませんでした」というくらいに思っているようです。翌日大学病院に行くので、早く帰ってくるのかと聞いても「用事がある」といいます。そう言えば昔の同僚の女性と会う約束をしているようです。「妻がこんなときに、よく平気でいられるね」と、かなり腹が立ちました。夕飯を食べに近所に出かけたのですが、その道々でも「もう行けなくなっちゃうかもしれないから(夏に予定していた)中国旅行はぜひ行くべきだ」とか、「明日会う彼女も、3年前にガンで死ぬと言われたけど全然なんともない」とか、私を心配しているのかいないのか分からない発言ばかりです。
(注)東京顕微鏡院は当時は市谷でしたが、現在は飯田橋に移転しています。

6月24日
 今日は大学病院へ行く日です。これまで一度も大きな病気をしたことのない私は、病院システムの勝手が分からず、その点だけは憂鬱です。
 まず、玄関を入ると広いロビーがあって初診の人は申込書の記入を求められます。乳腺外来に行くようにと言われているので、案内の人に「何科ですか」と聞いたのですが、「産婦人科かなぁ」となかなか分かりません。結局、顕微鏡院でもらった紙に第二外科と書いてあることを発見し、外科だということが分かりました。
 初診の窓口に申込書と紹介状と健康保険証を出し、しばらく待ちます。待っている間に、紹介状がない場合は余分な費用がかかるという案内文を発見しました。紹介状をもらったときは「検診に当たったドクターは、明日は自分がいると言ってたのに、なんで自分宛ての紹介状が必要なのかなぁ」と思ったのですが、病院の世界には病院の世界のきまりがあるようです。顕微鏡院の検査結果を別の病院へ持ち出すのも、たとえ同じドクターでも手続きが必要なのでしょう。
 5分ほどで名前を呼ばれ、カード式の診察券とクリアホルダーに入った書類を渡され、2階へどうぞと言われます。2階は外科の受付があり、そこへ書類を出し、また5分ほど待たされてから中の待合室へ行きます。そこで30〜40分ほど待った頃ドクターがやってきて名前を呼ばれ、2番の診察室に入りました。
 診察室はやはり4畳半くらいで、診察台(ベッド)とデスクと椅子があります。通路からはドアが閉められるようになっていますが、反対側は関係者(医師や看護婦)の通路に仕切り無しでつながっています。密室にならないようになっているのでしょう。ドクターからは「まず、レントゲンを受けてください。その後写真を見ながら詳しいお話をします」といわれました。机の上には液晶画面とキーボードとマウスがあり、どうやらWindowsNTで院内LANをしているようです。「今は検査の予約とかもコンピュータ入力なんです」とドクターは言いながら、入力と書類の作成をしていました。
 書類を受け取ってから1階奥の放射線部の受付へ行くと「16番の前で待っててください」とのこと。1番から番号が付いたドアがずらりと並び、一番奥の方に16番がありました。隣の17番は更衣室という表示があります。廊下のソファで15分ほど待っている間に、外科でもらってきた注意書きを読むと、「乳房を器具ではさみながら、ごく弱いX線を利用して撮影する検査です」と書いてあります。しばらくするとドア上の「使用中」のランプが点き、ドアが開いて男性のかた(医師か検査技師でしょうか)から中に入るように言われました。入ると8畳くらいの広さの中ほどに機械があり、突き当たりと入ってすぐ右にドアがあります。右のドアは更衣室につながるようで、「そこで上半身を全部脱いでください」と指示されます。中は1m四方ほどで、かごになったワゴンがあります。言われた通りにして行くと、機械の前で「ここに挟んで撮影します。ちょっと強く圧迫しますよ」と言われます。片方ずつ指示された場所にオッパイを載せると、プラスチックの板が電動で動くようになっていて、上下からギュッと挟まれます。これが結構痛いです。小さいオッパイなので、前に引っ張られるだけでも痛いのに、さらにギュッと挟まれると思わず「つっ」と声が出てしまいます。左右1枚ずつ撮影すると、今度は機械の撮影部分が90度回転し、横から挟むようになります。また左右1枚ずつ撮り、今度はアップで右を2枚撮りました。
 合計6枚撮って終了らしく、「すぐ現像しますので、服を着て外で待っててください。よく撮れてないようなら、撮り直しをします」とのこと。指示通り服を着て、廊下で15分ほど待っていると検査技師のかたが中から出てきて、書類一式とレントゲン写真が入った袋を渡されました。
 2階の外科に戻り、待ち合いでしばらく待ちます。時々ドクターの姿を見掛けるのですが、呼ばれる様子がありません。他のかたの診察をしていることもあるようなのでそのまま待っていたのですが、30〜40分ほどしてドクターがやって来て「まだ写真が来てないようなんですが・・・」と言います。どうやら行き違いがあったようで、私が写真を持っているというと「気が付かなくてスミマセン」ということで、すぐ4番の診察室に入りました。
 さっそくレントゲン写真を見てしばらく考えているふうでしたが、「病気としては、初期の乳がんです」と話を始め、治療としては手術で腫瘍を取って、その後1ヵ月半くらい放射線をかけるとのこと。私の場合は腫瘍が乳首のすぐ下ではあるが、乳首は取らなくても大丈夫であること。切るのはなるべく目立たない場所からで、いわゆる温存療法であること。今日明日というわけではないが、手術はなるべく早い方がよいこと。手術の前に検査入院が1週間くらい必要で、手術後も1週間くらい入院することなどの話がありました。そして「いつがいいですか」と、いきなり聞かれたのですが、当然、即答はできません。「職場に行かないと仕事の予定が分からないし、夏に旅行の予定が入っている」というと、旅行は手術後2週間くらい経てば、行っても大丈夫とのこと。そんなものなのかぁと、驚きました。それと、触診と超音波とX線写真だけでがんと確定できるものなのかなと、ちょっと気になります。こんなところにできる腫瘍は、ほかにはないのかもしれません。隣の検査室が空いたのでそちらへ移り、再び超音波検査です。今度は患部の所を集中的に見て、画面を私にも見せてくれました。大きさは1cm5mmくらい。「できてどのくらいのものなのですか」と聞くと、しこりになってから1cmくらいになるのに約半年、それからは早く大きくなるので、3ヵ月くらいでこのくらいの大きさになりますとのこと(この辺は、うろ覚えモード)。とすると約9ヵ月くらい。「じゃあ、1年前に検査を受けていても分からなかったのですね」というと、そうですとのことでした。その後、組織を取って調べるとのことで麻酔を打ち、麻酔が効いて来てから針のようなものを患部に差し込む様子。自分では見えないので、何をやっているかはよく分かりません。「少し衝撃がありますよ」と注意を受けた後に、バチンというショックがあり、それを2回やりました。終わってから大きなガーゼをぺたんとはってくれて、もう服を着てもよいとのこと。
 再び4番の診察室に戻り、ドクターは「明日、MRI検査を受けてください」と書類を書き始めます。内心「連チャンだなぁ」と思いつつも、まあ、病気なんだからしかたがないとあきらめます。書類を渡され、明日午後零時半に放射線部の受付へ行くこと、予定を翌日までに確認してくること、帰りに入院のしおりを受け取って行くことを指示され、とりあえず今日は終了です。が、今のうちにいろいろ聞いておかなくちゃと、気が付いたことをいろいろ質問してみました。その結果、分かったことは以下のとおりです。
  • 私の場合くらいの大きさなら、温存療法で患部を切除し、その後、放射線治療をするのが一般的。一般的というのは、現在のところは一番いい方法だということ。
  • 放射線治療は、1ヶ月半くらいの間、週3回ぐらい半日ずつ通院が必要なので、それができない人は沢山切除し、あとから乳房を復活させる手術(再建)をすることもある。
  • 検査入院は1週間ずっと入院しっぱなしではなく、外出や外泊も可能。
  • 病院によっては手術後の入院をほとんどしない所もあるが、予後観察のため、当病院は約1週間の入院を行なっている。
  • 手術後、もし旅行に行くなら、旅行のあとに放射線治療を始めても差し支えない。
  • 生命保険などで必要なら、診断書を書く。(まあ、当然ですね)
  • 治療に関しては、すべて健康保険の範囲で、保険外の治療は一切ない。乳房を再建する手術をする場合も保険でできる。
  • 放射線照射の副作用は、普通はない。たまに食欲がなくなる場合がある。
 う〜ん、話に聞くがんの手術とは随分違うという印象です。とにかく、がんであることはほぼ間違いないようですし、手術をするのもやむ得ないようです。しっかり覚悟を決めなければなりません。最後に、「乳ガンとインフォームド・コンセント 適切な治療を受けるために」という、B5判32ページの冊子をくれました。乳がんの検査や治療の基礎知識が一通り書いてある分かりやすい冊子とのことです。
 診察室を出て、1階へ行き会計を済ませてトイレへ行きました。このころから、麻酔が切れはじめたようで、針を刺した部分がだんだん痛くなってきます。トイレから出たところで、うっかり入院のしおりをもらってくるのを忘れたことを思い出し、再び外科の受け付けへ。ちょうどドクターがいて、直接しおりを渡してくれました。
 病院を出たのは、すでに正午過ぎ。お腹が空いていたのですが、痛みが結構あって、お店に入る気にもなれません。今日は一日休みをとったので、帰りに新宿のヨドバシにでも行こうかと思っていたのですが、とてもそんな気にはなれません。とにかく、まっすぐ家に帰りました。
 お昼を食べて一息ついてから、まず、保険会社に電話をいれました。実は、数日前に満期になった保険があり、そのお金を一時払いの養老保険にする予定だったのですが、さすがにがんでは契約できません。その連絡です。それから、職場と親しい友人に電話をいれました。その後は、ベッドでごろごろです。胸の痛みはたいしたことはないのですが、ずっとジンジンという感じで続いています。「手術したら、もっと痛いんだろうなぁ」と、だんだん憂うつになります。病気になることや、死ぬことは、ある意味では運命ですので、その時がきたらしょうがないと思いますが、痛いのと煩わしいのはイヤです。
 そうこうしているうちに、やっと夫が帰宅しました。「やっぱり、がんだって」と告げると、さすがに少し深刻そうな顔をしました。どうやら職場でいろんな人に聞きまくったらしく、同僚の誰それさんのお姉さんも乳がんだったとか、誰それさんのおかあさんは沢山切って、いまでも温泉に行くのをいやがるとか、やっぱり中国旅行は中止だろうかとか、寝るまでずっとしゃべりまくっていました。私は、お風呂に入ってはいけないといわれていたので、下半身だけシャワーを浴びて、ぬれタオルで体を拭き、寝ました。
(注)当時は入院期間が今より長く、手術に備えての心肺機能検査などは、入院してから行っていました。現在は手術日や術式が先に決まり、その2日前に入院するというのが普通になっています。そのため、心肺機能の検査なども、外来で済ませるそうです。

6月25日
 今朝は3日ぶりに普通に出勤です。職場で同僚と顔を合わせると、皆、「体が辛くないか」とか「無理しない方がいいよ」とか気を遣ってくれます。別段内科的な病気ではないので安静にする必要はないのですが、きっと、がん患者にどう対処したらよいか分からないのでしょう。朝の打ち合わせの時間に、「入院、手術することになりました。退院後も通院とかでちょくちょく休みますので、みなさん、よろしく」と言っておきました。
 昨日一日休んでしまったので、溜まった仕事をばたばたと片づけ、今後の仕事のスケジュールを確認し、時間休をとって昼前に病院へ向かいます。病院へ着いたのが12時20分。診察券を受け付けの機械に入れたのですが「予約がない」とはねられてしまいました。とにかく放射線部の受け付けに12時半に行くようにとの指示だったので放射線部へ行ってみます。受け付けの男性はやはり端末で見て「診察予約がないなぁ」と言いながら、電話で確認したりしてくれました。そして、私がもっているMRI検査の案内の紙をみて、案内図をさしながら「MRIならここへ行って待ってるように」と教えてくれました。昨日はいろいろな所で何度も待たされたので、今日は推理小説持参です。MRIの部屋の前で待っていると、ドクターが現れ「検査は1時過ぎになると思います」と言います。まだお昼を食べていなかったので、食べてもよいか尋ねると、軽くならいいとのことなので、喫茶室へ行って大急ぎで野菜サンドをアイスコーヒーで流し込み、また検査室の前に戻ったのが1時ジャストでした。
 まもなく検査室から医師か検査技師らしき人が現れ、更衣室で検査衣に着替えるよう指示され、体重を量り、それから検査室に入ります。この検査は検査担当者が2人います。まず検査台に仰向けになり、腕に点滴の針のようなものを刺します。造影剤のようです。その後、検査台のえぐれた部分にオッパイが丁度入るようにうつ伏せになり、そのまま上半身がカプセルのようなトンネルに入ります。「大きな音がしますが、とにかく動かないように。気分が悪くなったらこれを握ってください」と、丸いブザーボタンの様なものを持たされました。じっとしていなければなりませんが、辛くはありません。音はかなりうるさいです。ガンガンガンとかギィーンとかガッコンガッコンとか、とても検査とは思えないような音が、断続的に鳴り続けます。説明書には「磁石を利用し体の断面を調べる検査です」と書いてあります。約40分間くらいだったでしょうか。トンネルから引き出されると「ふぅ〜っ」という感じです。点滴の針を抜いたあと、「もう、着替えていいですよ」といわれ、更衣室へ行きました。入れ替わりに検査室へ入っていった人がいて、私の後に検査するようです。更衣室を出ると誰もいなくて、検査室を覗くわけにもいかないので、外へ出ました。
 さて、この後どうするのか分かりません。昨日、「外科の待ち合いで待っているように」と言われたような気がしたので、とにかく2階へ行きました。しばらく本を読みながら待っていたのですが、ドクターが現れる様子がありません。自分の勘違いだったかなぁと思い始め、外科の受け付けに聞いてみました。すると「○○先生は、今日は来ない」とのこと。おまけに、私のカルテや会計のための書類がないことも「おかしい」ということになりました。私がMRIの前にドクターに会ったことを告げると、電話やら呼び出しやらでいろいろ探してくれました。しばらくして、外科の受け付けにドクターから電話がかかり、私が電話口に出ると、いきなり「電話で申し訳ないが、入院の日程はいつがいいですか」といきなり聞いてきます。しかたがないので、カウンターで日程表を広げ「12日以降なら7月はいつでもいい」と答えると、「12日か13日から入院できるかどうか病室を当たってみます」とのこと。そして、次の火曜日か木曜日の午前に来られますかと聞かれ、「じゃあ7月1日の木曜日」と答えると、「今、コンピュータ入力ができない場所にいるが、予約は必ず入れておく」と言います。今日はこれで終わりかと聞くと、そうだとのこと。昨日の話では、夕方くらいまでかかると聞いたような気がしていたので、空振りといった感じ。書類を何ももらっていないというと、そこの看護婦さんに作ってもらうようにといわれ、ドクターとの話は終了。受け付けの看護婦さんも私を気の毒に思ったらしく、「きっと先生は覚えてくれてると思うけど、7月1日の予約がちゃんと入ってなかったら、直接ここへ来てね」と言ってくれました。
 会計を済ませて病院を出たのは3時前だったでしょうか。ちなみに、会計は結構な金額でした。MRI検査って、高いんですね。外は雨が沢山降っていたのですが、急に時間が空いてしまったので、昨日行けなかった新宿に行くことにしました。

6月27日
 今日は日曜出勤の日です。
 実は、私は女性のための資料を沢山そろえている所に勤務しているので、乳がんに関する本も、身近に何冊もあります。何も知らないので「ちょっとは勉強しなくちゃ」と、休み時間にぺらぺらとめくってみたのですが、抗がん剤の副作用のこととか、リハビリが必要なこととか、結構恐ろしいことが書いてあります。「う〜ん、読まない方が安心かなぁ」とも思ったのですが、「いやいや、自分の体のことだからチャンと理解しておかなくちゃ」と、3冊借りて読んでみました。29日に、また別の本を3冊借りて読みました。それで分かったことは、以下のようなことです。

  • 沢山の女性がインフォームド・コンセントなしに手術を受け、後悔している。
  • 温存療法といっても、4分の1切除するものから、非常に小さくくり貫くものまで、医師の方針によってさまざまある。
  • リンパ節を取ると、後遺症がひどい場合がある。
  • 手術中に検査をして病気が広がっていることが判明したという理由で、本人確認がないまま、予定より沢山切られた例が結構沢山ある。
  • 放射線治療についてはあまり心配がないが、詳しい知識のない病院だとアブナイ。
  • 抗がん剤やホルモン療法についての副作用など、えとせとら。
  • 日本の乳がん治療がいかに病院によってまちまちであるか。
 今のところ、私の主治医は信頼できそうな人なので、今度の診察のときにいろいろ聞いてみようと思います。念のため、勤務先の健康相談担当の保健婦さんに聞いてみると、「あそこの大学病院はレベルは結構高いし、外科の外来は特に信頼できる医師をそろえているらしい。顕微鏡院に派遣されているほどの医師なら、きっと安心」とのこと。「主治医には疑問があったら何でも聞いた方がよい。治療方法については、信頼できる医師なら、医師のいうとおりにするのがよい」とアドバイスしてくれました。

7月1日
 今日は、いよいよ検査の結果を聞く日です。夫が仕事を休んで一緒に病院へ行くと言います。一緒に行ってもどうということはないと思うのですが、行くというので、二人で8時過ぎくらいに家を出ました。家から病院までは1時間弱くらいです。
 病院についたら、まず、機械で受け付け。そして2階の外科の受け付けへ行くと、「今日は○○先生は来ませんよ」とまたまた言われてしまいました。「今日、この位の時間に来るようにとのことなのですが」と言うと、連絡をとってくれました。すぐドクターがやってきて名前を呼ばれ、4番の診察室に入ります。まず、MRI検査の結果を写真を見ながら説明してくれました。それによると、中心の腫瘍のほかにも、腫瘍らしきものが2箇所あること。組織検査をしてみないと詳しいことは分からないが、造影剤の浸透具合から中心の腫瘍とほぼ同じものらしいこと、複数の腫瘍がある場合は全部切除になること、全部切除する場合には切除と同時に形成手術をやってくれることなどの話がありました。ちなみに、中心の腫瘍の組織検査の結果はまだ出ていないそうです。内心「話が違うじゃないか」と思ったのですが、ドクターが悪いわけではないので仕方ありません。
 結局、7月6日にまた来ることになり、今日は説明を聞いただけで終了です。30分ほどでしたが、どうやら、外来の日ではないのに私のために時間をとってくれたようです。入院日は、入院できる日の1週間前くらいにならないと分からないとのこと。大きな病院は、こういうところが面倒です。
 支払いを済ませて病院を出ると、まだ昼までには時間があります。そこで、新宿へ行って新しいノートパソコンを買うことにしました。今のは3年前のものなので、そろそろ替え時です。病院へ持ち込むなら、CD−ROMドライブ付の方がゲームもできるし、音楽も聴けて便利です。ところが、どのお店でもお目当ての機種は在庫がなく、渋谷で探してもだめでした。あきらめて昼を食べ、午後1時15分、すべりこみセーフで職場に滑り込みました。
※ちなみに、ノートパソコンは次の土曜日に夫が秋葉原で見つけて買ってきてくれました。

7月6日
 今日の診察は午後3時過ぎです。職場を午後2時15分に出て、病院へ着いたのが3時10分くらい。外科の待合で座っていると、ドクターがあっちへ行ったりこっちへ行ったり忙しそうです。考えてみれば、ドクターの通常の外来担当日に来るのは初めてです。
 意外に早く名前を呼ばれ4番の診察室(ここがドクターの定位置のようです)に入ると、まず、組織検査の結果の話がありました。あまりタチが悪いものではないが、やはりがんだとのこと。「はぁ」とか言って聞いてましたが、「あまりタチが悪くない」ってどういうこと?う〜ん、曖昧な表現・・・。そして、あと3人くらい診察したらエコー検査をやるので、もう少し待っていることになりました。さらに30〜40分ほど待っていると、ドクター自身が待合へ来て、エコー室へ入るようにとの指示がありました。上半身を脱いで診察台に横になると、例のスキャナのようなものでなぞります。しばらくアチコチなぞったあと、「これですね」と画面を見せてくれました。しかし、小さいので針が入れられず、組織検査は入院後にしましょうということになりました。
 ここで、前回の受診以来聞きたかったことを聞いてみようと思ったのですが、このあとも診察があるので、あまり時間がとれないとのこと。それでも、リンパ節切除のこととか、再建手術のこととか、後遺症のこととか、いくつか質問してみました。その結果は以下のとおり。
  • 複数腫瘍がある場合でも、強く希望すれば温存療法をしてもよいが、オッパイの形はかなり崩れる。
  • リンパ節の切除についても、患者が希望すれば切らなくてもよい。
  • 再建手術については、本に書いてあるとおり、血管をつないだまま持って来る方法。
  • この病院ではかなりの人が温存療法で行っているため、乳腺全部切除プラス同時再建の例は比較的少ない。でも、これまでのアンケートの結果では大抵の人は術後の状態に満足している。
  • リンパ節切除の後遺症はほんのわずかだ。
 ドクターがとても忙しい様子だったので、とりあえず今日の質問はこれだけにし、帰りました。

7月8日
 まだ、入院の日が決定しません。係長も心配してくれていますが、はっきりしないと落ち着きません。明日から北海道旅行の予定なので、いくらなんでも今日中には連絡をくれると思うのですが・・・。
 私の職場には、健康管理係というのがあって、保健婦が職員の健康相談に応じています。個人的にも面識のある人なので、相談に行くことにしました。特に悩んでいることとか心配なこととかはないのですが、なんといっても病気が病気だけに、気軽に周りの人に話せません。話されても周りが困ってしまうでしょう。その点、相手が医療関係者で相談が仕事という立場なら、落ち着かない気持ちをぐちゃぐちゃ話すのに都合がいいです。ちょっと部屋を抜け出して保健室へ行き、1時間ほど愚にもつかないことを話してきました。彼女は私の入院予定の病院の医療が「進んでるー」といって驚いていました。
 職場に戻り定時までは仕事をしました。明日から北海道旅行で、ひょっとするとそのまま出勤せず入院になってしまうので、とりあえず自分の仕事を片付け、係長に後の仕事を引き継ぎました。7月末までは丁度仕事が暇な時期なのでラッキーです。しかし、病欠が8月にずれ込んでしまうとちょっと大変なので、なんとか7月中の退院を目指そうと思っています。
 家へ帰り、夕食を済ませ、明日からの旅行の準備をしていると、8時半くらいにドクターから電話が入りました。入院は13日になったとのこと。やはり、旅行後直接入院に突入です。仕事にカタをつけておいてよかったです。職場には、明朝、千歳から電話をすることにしました。


HOMEへ 次ページへ